ついっちゃが

政治、国内に蔓延る社会問題について個人的な見解を交えてまとめております。

    毎日、記事更新をしております。ツイッターフォロー大歓迎です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.sato-hsp.jp)


    忙しい人のために要約すると

     都内では、コロナ患者用に4000病床確保されているものの、入院者が急増し、すでに使用率は8割を超える。小池知事は、都立・都保健医療公社の3病院について現在の1100床から1700床に増床させ、コロナの入院患者を重点的に受け入れる方針を示したが、もはや限界に近い状況だ。
     そんな中、あらためて国民から怒りの声が上がり始めたのが、厚労省が打ち出している「病床機能再編支援事業」。病院の統廃合のほか、病床の数を削減すると1床当たり最低114万円を支給するという内容で、病床稼働率が90%以上の病院は同228万円が支給される。
    (出典元:日刊ゲンダイDIGITAL)



    ブログ管理人より

     ただでさえ病床がひっ迫している中、厚労省は病床の数を削減すると1床当たり最低114万円を支給するという狂ったことを打ち出しています。呆れてものが言えません。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 image.news.livedoor.com)


    忙しい人のために要約すると

     政府の求めに応じて、午後8時までの時短要請に応じているサイゼリヤは、13日に決算会見を行い、堀埜一成社長は、政府がランチでも感染リスクが高いと注意を呼びかけたことについて、「きょうまた、ランチがどうのこうのと言われて、ふざけんなよと」と述べた。
    (出典元:livedoor NEWS)



    ブログ管理人より

     外食産業も生き残りをかけて必死です。ランチ自粛させるのなら、政府はそれ相当の補償をすべきではないか?カネを出せるのに何故出さない?消費税増税できなくなるから?

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.asahicom.jp)


    忙しい人のために要約すると

     菅義偉首相は12日、朝日新聞のインタビューに応じ、2月7日の緊急事態宣言の期限に向け、「1カ月のなかで感染拡大を絶対阻止し、ステージ3に戻るように全力で取り組む」と述べた。
    (出典元:朝日新聞デジタル)



    ブログ管理人より


     仮定の話には答えないと言っておきながらスガ自身が仮定の話を持ち出すのはOKなのか?感染拡大を阻止できなければ責任を取って辞任するくらい言わないとな。絶対と言っている以上、平気で騙したことになるぞ!

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    忙しい人のために要約すると

     菅義偉首相は12日、ホテルで朝食をともにしながらの有識者らとの意見交換はせず、首相官邸に入った。新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言発令を受け自粛したとみられ、宣言決定翌日の8日もホテルには寄らずに官邸入りしていた。
    (出典元:時事通信)



    ブログ管理人より

     わざわざ食事を挟まないと話が進まないのか?それとも会食が目当てで対策の話などはどうでもよいのか。こんな危機感のない人間が日本のトップにいて本当に大丈夫か?

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    忙しい人のために要約すると

     新型コロナウイルス感染症の対策強化に向け、政府が月内に通常国会に提出する感染症法改正案の原案が判明した。軽症・無症状者で自治体による宿泊・自宅療養の要請に応じない人に、都道府県知事が入院を勧告できるようにする。入院の勧告や、強制入院させる措置にも従わない場合は罰金を科す。罰金は「100万円以下」とする案を軸に検討している。陽性者が無断で出歩き感染を広げかねないケースが出ているため、強制力を担保して療養を徹底したい考えだ。
    (出典元:毎日新聞)



    ブログ管理人より


     既に医療崩壊なのに、コロナ入院を要請して受け入れてくれる病院がなかったら行政は最後まで面倒をみてくれるか、そこですよね。さらに、給付金もセットで出してくれなきゃひどい話です。

    続きはこちら

    このページのトップヘ