【犯人不明で時効だと?!】夫を轢き逃げされ38年介護の妻


犯人不明で時効成立。夫のひき逃げ事件から40年。消えない家族の苦しみ  犯人不明で時効成立。夫のひき逃げ事件から40年。消えない家族の苦しみ 
…たからこそ、事件後の介護の日々を乗り越えられたのだと思っています」  何とか介護ヘルパーの資格を取得した光子さんは、幹雄さんの介護をこなしながら懸命に…
(出典:社会(柳原三佳))


ひき逃げ、轢き逃げ(ひきにげ)とは、車両等の運行中に人身事故(人の死傷を伴う交通事故)があった際に、道路交通法第72条に定められた必要な措置を講ずることなく、事故現場から逃走する犯罪行為を指す。 ここでは、「ひき逃げ」の表記で記述する(「轢」という字は常用漢字外)。
20キロバイト (3,410 語) - 2018年11月4日 (日) 13:13

jiko_car_hikinige



ザックリとした内容ですが・・・


「あの夜、警察からかかってきた一本の電話から、私たち家族の平穏な生活は壊され、一変してしまいました。事件から40年経とうとする今も、つい昨日のように思い出されます」
(出典元:柳原三佳)

ブログ管理人より

時効の制度を見直すべきですよね。
わいせつ行為なんかも時効があるようで
少し前のニュースでバナナマン日村さんが若いときに
その当時の女性がわいせつ行為で告発した件がありましたが
あれはその女性に問題があったのもありますが、
許せる範囲ですよね。

それに比べたら轢き逃げのケースは犯罪としては
重い部類になりますので、時効を設けずに済むように
法改正してほしいですよね。
とても他人事には思えませんし、
長年介護に当たっている奥さんが気の毒でなりません。