ついっちゃが

ニュース、政治、ゲーム、ペットなど、多岐にわたる専門分野を取り扱ってまとめております。

    ブログ訪問の皆様に少しでも満足していただけますように日々精進しますので、今後ともよろしくお願いします!

    カテゴリ: 災害支援・防災グッズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    支援の枠から外れた「在宅被災者」 - TBS News
    東日本大震災で壊れた自宅に今も住み続けている「在宅被災者」と呼ばれる人たちがいます。仮設住宅にも災害公営住宅にも入れず、支援の狭間に置き去りにされた被災者 ...
    (出典:TBS News)

    hinanjo_seikatsu_family_sad
    (23649)、東日本 (29157)、大震災 (31152) この震災は被害・被災の規模がきわめて大きく、社会全体に広範な影響をもたらしたことから、東日本大震災に関連して数多くの作品・表現が発表された。その内容は災害ドキュメンタリーや体験記・ノンフィクションの類を始め、鎮魂の思いを込めたもの、東日本大震災
    340キロバイト (44,121 語) - 2019年3月14日 (木) 01:54


    ブログ管理人より

    見えないところでこういった闇がありますね。
    今の安倍政権では難しいかもしれないですよね。
    国から支援をしてもらいたいですが、こういうありさまを見せられると気の毒としか思えないし、今後起こるであろう南海トラフ地震のときにも被害者たちの隅々まで支援が行き届くのか不安でなりません。


    1 名無しステーション :2018/03/11(日) 04:21:16.68 ID:OeZ+FVAV0.net

    3月11日(日) 4時30分~5時00分 東日本放送
    復興から置き去りにされた在宅被災者の実態と支援制度の在り方を見つめる

    東日本大震災から7年が経った今、復興格差が浮かび上がってきた。地面がむき出しになっている部屋や傾いた自宅に住み続けている人たちがいる。


    彼らは「在宅被災者」と呼ばれ、そのほとんどが高齢者だ。自宅で避難生活を送っていたため、実態の把握が難しく、行政の支援は届きにくかった。


    在宅被災者を救うため、宮城県石巻市の支援団体「チーム王冠」と仙台弁護士会が動き出した。支援制度を見直し、この教訓を生かさなければ、将来起こりうる首都直下地震でも同じことが繰り返されるだろう。


    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【目標は帰還率100%】災害時に「伝書バト」を活用する動き


    伝書バトを災害時に活用 「異能」高校生が研究進める 自宅で100匹飼育 伝書バトを災害時に活用 「異能」高校生が研究進める 自宅で100匹飼育
    …中嶌君は最終選考通過者11人のうちの一人。伝書バトを災害時に活用する方法を追求している。(中田宗孝)伝書バトは昭和40年代まで、新聞社などで遠隔地から…
    (出典:社会(高校生新聞オンライン))


    た。特に僻地医療で血清や薬品等の運び手として重要な役を担った。伝書鳩が迷って戻れなくなったり、猛禽類などに襲われて命を落とすこともあったため、通信目的を確実に果たせるよう、同じ通信文を複数の伝書鳩に持たせて放されることも多かった。伝書鳩(レース鳩)は上述の通り1000km以上離れた地点から戻ること
    12キロバイト (1,681 語) - 2018年10月22日 (月) 14:02



    (出典 3.bp.blogspot.com)


    伝書鳩の訓練

    (出典 Youtube)


    ブログ管理人より

    スマホなどインターネットが普及してもなお
    災害時のようなときには
    ITに頼らない手段が有効なのは確かなようで
    伝書バトについても納得できますよね。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    災害関連死を防ぐ合言葉TKB 過ごしやすい避難所とは - 朝日新聞
    自然災害が起きたときに助かった命を、その後に失ってしまう「災害関連死」。大きな要因の一つとされる避難所生活の問題点を洗い出し、より過ごしやすいものに改善しようと ...
    (出典:朝日新聞)


    災害関連死(さいがいかんれんし、英語: disaster-related death)とは、災害による直接の被害ではなく、避難途中や避難後に死亡した者の死因について、災害との因果関係が認められるものである。 現在の日本においては、自然災害の被害に遭い、災害弔慰金の支給対象となる場合を指すことが多い
    25キロバイト (3,264 語) - 2017年6月5日 (月) 15:02



    (出典 4.bp.blogspot.com)


    ブログ管理人より

    地元は宮崎ですが、これと言って大災害級の被害に遭った経験はないですが、
    近く起こるであろう南海トラフ地震が起きれば、間違いなく津波被害で多くの人、
    おそらく自分も巻き添えを食らうだろうと思っています。
    万一助かったとしても、生きる気力があるかどうか
    実際に起きてみないと何とも言えませんが、
    今のこの普通の生活を嚙み締めながら
    大事に生きてゆけたらと思っています。


    1 名無しさん@涙目です。 :2019/01/28(月) 00:04:30.57 ID:ryAd23Z/0●.net BE:201615239-2BP(2000)

     自然災害が起きたときに助かった命を、その後に失ってしまう「災害関連死」。大きな要因の一つとされる避難所生活の問題点を洗い出し、より過ごしやすいものに改善しようとする動きが出ている。合言葉は「TKB(トイレ、キッチン、ベッド)」だ。

     東日本大震災では昨年9月までに災害関連死で3701人が亡くなっている。2012年3月までに死亡した1263人について、復興庁がその経緯を詳しく調べたところ、638人が「避難所などにおける生活の肉体・精神的疲労」が原因だったことが判明している。

     「安全であるべき避難所が原因で亡くなるなんてことはあってはならない。日本は多くの災害に見舞われながらも、関連死への対策は不十分なままだ」。新潟大学の榛沢(はんざわ)和彦・特任教授はそう指摘する。
    (以下略)

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASLDZ53DCLDZTIPE00S.html


    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【備えあれば憂いなし】「ジャンプスターター」についてTwitter民の反応


    備えあれば憂いなし 車内に装備しておきたい6つのカー用品 備えあれば憂いなし 車内に装備しておきたい6つのカー用品
    …ーを動画にまとめてみた。6つのアクセサリーポータブル・バッテリー・ジャンプスターター 29.99ドル~(約3,300円~)ブースターケーブルも役に立つ…
    (出典:産業(Autoblog 日本版))



    (出典 autoparts-sunrise.com)


    ブログ管理人より

    ヤフートレンドで
    ジャンプスターター】が2位だったので
    関連ツイートを拾ってまとめてみました。

    ザックリとした内容ですが
    車両のバッテリーが上がってしまった時に
    これだけでエンジンをかけることができます。
    この装置は、LEDライトUSB端子が付いているものが多く、
    災害時懐中電灯の代わりスマホ等の充電にも使えます!

    こういう装置はあって損はないので
    災害のことも想定して1台は準備しておいた方が
    よさそうですね。

    バッテリー上がりの車に、
    似たような装置でエンジン始動
    成功された動画を見つけておきましたので、
    ご参考にされてください!

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【朗報】災害時に便利な液体ミルク解禁


    乳児用液体ミルクとは、誕生から12か月までの乳児が母乳の代わりとして飲むことができるように、栄養成分を調整されたミルクのことである。乳児用に調整されたミルクは、粉状のものと液体状のもの2つが存在するため、前者を「粉ミルク」、後者を「液体ミルク」と呼ぶのが一般的である。乳児用液体ミルクを単に乳児用ミルクと呼ぶこともある。
    8キロバイト (1,129 語) - 2018年7月28日 (土) 12:06



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    忙しい人のために、簡単に要約すると・・・

    厚生労働省は7日、災害時に便利な乳児用液体ミルクの流通を解禁するための省令を改正し、8日から施行することを明らかにした。安全性確認などの期間が必要なため、商品が店頭に並ぶのは半年後以降になる見込み
    (出典元:ヘルス(産経新聞))


    ブログ管理人の感想は・・・

    安全面で多少危惧される部分もありますが
    育児などに忙しい女性に喜ばれそうですね

    続きはこちら

    このページのトップヘ