ついっちゃが

政治、国内に蔓延る社会問題について個人的な見解を交えてまとめております。

    毎日、記事更新をしております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    カテゴリ: スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    忙しい人のために要約すると

    (途中省略)しかし、富岡町を走行中の女性ランナーが持っていたトーチの火が消えてしまう緊急事態が発生。すぐにスタッフが駆け寄り、ランタンから再び火がともされ再開した。
    (出典元:東スポWeb



    ブログ管理人より

     聖火が消えるって嫌な予感しかしないですよね。「絶対消えない」トーチだからトーチだけ残って聖火だけ消えて笑い話で終わるような話題ではないですよね。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    橋本聖子新会長、自民党に離党届を提出へ
    …委員会の新会長に就任した橋本聖子参議院議員は、まもなく自民党に離党届を提出するということです。 橋本会長をめぐっては、自民党議員として会長に就任するこ…
    (出典:日本テレビ系(NNN))



    (出典 www.nippon.com)


    忙しい人のために要約すると

     橋本会長をめぐっては、自民党議員として会長に就任することには政治的公平性を懸念する声が出ていました。橋本会長は19日午前には自民党を離党しない考えを示していましたが、まもなく離党届を提出するということです。
    (出典元:日テレNEWS24



    ブログ管理人より


     「政治的中立性」を重んじるのであれば、離党だけでなく議員辞職もする必要があるだろう。五輪憲章を読んでいるかが疑わしい。森前会長がこれまで何事もなく続けてこられていたこと自体がおかしい。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 stat.ameba.jp)


    忙しい人のために要約すると

     そんななか、14年8月に「週刊文春」で報じられた“セクハラ疑惑”が再燃している。当時、日本スケート連盟会長だった橋本氏は、酒に酔った勢いでフィギュアスケート男子の高橋大輔選手(34)にキスを強要したという。橋本氏は否定したが、世間からの批判もあり引責辞任を申し出た。だが「今後も会長職にあるべき」と慰留され、辞任を免れたのだ。
    (出典元:女性自身



    ブログ管理人より


     昨日から例のセクハラ大臣の過去の問題写真が拡散されていましたが、海外にも浸透してしまったようです。後任会長に正式に決まる前に炎上してしまうのは言うまでもないだろう。五輪精神とはかけ離れてしまっているのは確かだ。酒グセが原因で無理やりキスをしてしまったとか、真実はいかに?

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    山下泰裕JOC会長にも更迭論…女性蔑視発言の“ドン”森喜朗氏辞任で後ろ盾失う
    …などあるのか。そんなことで森会長の薫陶が生きているとすれば、考えを改めるべき。この時、非公開案に反対した4人の理事(山口香氏、高橋尚子氏、小谷実可子氏…
    (出典:日刊ゲンダイDIGITAL)


    忙しい人のために要約すると

     森氏の辞任を受けて山下会長は「辞任は致し方ない」と語り、川淵三郎氏(84=日本サッカー協会相談役)を「後継指名」していたことについては「正規の手続きじゃないところで次の会長が決まっていくイメージを与えたことは、よろしくない」とも言ったが、自身も無念だったに違いない。
    (出典元:日刊ゲンダイDIGITAL



    ブログ管理人より

     風花未来CHでも触れられていましたが、忖度なしでズバズバ言える山口香氏が後継会長に適任ではとおっしゃっていました。五輪中止を東京がIOCに伝えたときの違約金ですがチャンネル桜では3兆円という数値がありましたが、実際のところ一部の幹部にしか分からないようです。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「無報酬」と胸張った森喜朗氏 五輪納入業者などから年6000万円献金
    …会長を辞任することとなった森喜朗氏。森氏は自著『遺書 東京五輪への覚悟』(2017年 幻冬舎刊)に、組織委の仕事は「無報酬」であることを誇らしげに記していた。
    (出典:NEWSポストセブン)



    (出典 menslog.net)


    忙しい人のために要約すると

     女性蔑視発言をきっかけに、五輪・パラリンピック組織委員会会長を辞任することとなった森喜朗氏。森氏は自著『遺書 東京五輪への覚悟』(2017年 幻冬舎刊)に、組織委の仕事は「無報酬」であることを誇らしげに記していた。
    (出典元:NEWSポストセブン



    ブログ管理人より

     平気で国民を騙すので国民もそろそろ自民党の詐欺体質に気付いてほしいものです。森自身で信頼を奈落の底に落としているようなものですよね。言い訳せずに安倍といっしょに仲良く逮捕されてください。マスコミも同罪だ。

    続きはこちら

    このページのトップヘ