ついっちゃが

政治、国内に蔓延る社会問題について個人的な見解を交えてまとめております。

    毎日、記事更新をしております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    カテゴリ:生活 > 住まい・宿泊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【住まいは権利】本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位


    本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実
    大手住宅ローン専門金融会社「アルヒ」(本社・東京都港区)が選定する「本当に住みやすい街大賞2020」のランキングが発表され、「川口」(埼玉県川口市)が昨年の4…
    (出典:社会(毎日新聞))



    (出典 static.tbsradio.jp)


    忙しい人のために要約すると

    ▲大手住宅ローン専門金融会社「アルヒ」(本社・東京都港区)が選定する「本当に住みやすい街大賞2020」のランキングが発表され、「川口」(埼玉県川口市)が昨年の4位から躍進し、1位に選ばれた。
    ▲同大賞は今年が3回目で、「赤羽」(東京都北区)が2位、「たまプラーザ」(横浜市)が3位にランクインした。
    ▲住まい選びの参考を目的に、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県の中から、実際にその地域で生活するという視点で住宅の専門家やファイナンシャルプランナーでつくる選定委員会が審査。
    ▲住環境、交通利便性、教育環境、コストパフォーマンス、発展性の5項目で評価した。
    (出典元:毎日新聞)


    ブログ管理人より


    本当に住みやすい街というよりも、政府が住みやすい社会にすることこそが急務だろうと思います。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【外国人観光客】京都の「民泊トラブル激増」に苦しむ市民の怒り


    京都の「民泊トラブル激増」に苦しむ市民の怒り 京都の「民泊トラブル激増」に苦しむ市民の怒り
    …とくに京都でも増えているという中国・上海の事業者名。しかし「営業の種別」の欄には「簡易宿所」にチェックが入っている。■「民泊トラブル」に悩む京都市民 …
    (出典:経済総合(東洋経済オンライン))


    カウチサーフィン 民泊物件・民泊不動産専門サイト【民泊賃貸】 - 家主から転貸許可を得た全国の民泊物件を掲載している民泊不動産情報サイト。 民泊制度ポータルサイト「minpaku」 - 観光庁による、民泊制度案内サイト。 民泊サービスと旅館業法に関するQ&A - 厚生労働省による、2016年時点での民泊実施要件のガイド。
    47キロバイト (6,891 語) - 2019年9月6日 (金) 17:38



    (出典 3.bp.blogspot.com)


    忙しい人のために要約すると

    ▲ここ数年で外国人観光客が激増し、それに伴いホテルや簡易宿泊所の建設ラッシュが続いた京都市。
    ▲建物の老朽化や空き家問題が解消され、一見「街に活気が戻ってよかった」と見えるかもしれないが、事態はそう単純ではなかった。
    ▲「空前の民泊バブル」が招いた、地元住民を悩ますトラブルとは?
    ▲社会学者の中井治郎氏による、京都を襲う「観光公害の今」を明らかにした新書『パンクする京都~オーバーツーリズムと戦う観光都市~』から一部抜粋して、お届けする。
    (出典元:東洋経済オンライン)


    ブログ管理人より

    「郷に入りては郷に従え」ということわざにあるとおり、外国人観光客は現地のマナーはしっかり厳守すべきですよね。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【大人たちに歪まされる現実】民泊修学旅行の裏側


    増える「修学旅行の民泊」でトラブルや不安の声
    増える「修学旅行の民泊」でトラブルや不安の声  Yahoo!ニュース 個人
    (出典:Yahoo!ニュース 個人)


    修学旅行(しゅうがくりょこう)は、日本において小学校、中学校、高等学校の教育や学校行事の一環として、教職員の引率により児童・生徒が団体行動で宿泊を伴う見学・研修のための旅行。特に「宿泊を伴うこと」「行き先がある程度遠隔地であること」で遠足や社会見学とは区別され、「宿泊施設が野営地ではないこと」で野外活動と区別される。
    27キロバイト (3,952 語) - 2018年10月19日 (金) 10:43



    ザックリとした内容ですが・・・


    まくら投げ、恋愛の打ち明け話、消灯後の寝たふり……。同級生と昼夜をともにする修学旅行は学生時代の思い出となる。ところが、最近の修学旅行はちょっと様子が違う。全員が同じホテルや旅館に泊まるのではなく、一般家庭に分散して滞在する「民泊修学旅行」が増えている。普段とは異なる体験を通じ、教育効果が期待できるとする声がある一方、トラブルを心配する保護者もいる。元教師で民泊修学旅行の事情に詳しい教育コンサルタントの近田直人氏に解説してもらった。
    (出典元:読売新聞)

    ブログ管理人より

    自分らの頃と違って、そこまで人数が
    多くないと思うので普通に旅館などに
    宿泊できると思いますが、
    一生に一度の経験になるわけなので
    トラブルだけは起きないように
    配慮してもらいたいですよね。

    続きはこちら

    このページのトップヘ