ついっちゃが

政治、国内に蔓延る社会問題について個人的な見解を交えてまとめております。

    毎日、記事更新をしております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    カテゴリ:生活 > ファッション

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 3.bp.blogspot.com)


    ブログ管理人より

    さすがに違和感がありますよね。まだ「シタギ」の方が合ってると思います。


    1 プティフランスパン ★ :2019/06/26(水) 17:45:52.39 ID:NE+wwWzB9.net

    2019年6月26日 12時40分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/16679698/

    (出典 image.news.livedoor.com)

     アメリカのリアリティ番組パーソナリティとして知られているキム・カーダシアンが発表した矯正下着ラインのブランド名が物議を醸している。

     カーダシアンは25日にツイッターを更新し、「I’ve been passionate about this for 15 years.(私は15年間このことに情熱を注いできました)」とコメントし、自身の矯正下着ライン「Kimono」を発表。その後のツイートで、「Kimono」が自身の肌の色に合わせられる9色で展開されていることや、サイズも豊富であることなどを紹介していた。

     しかし、これについてネットからは、「これがブランド名として認知されたら本来の着物という存在が薄れていく」「日本の伝統を侮辱してる。ひどすぎる」「日本人として不快感しかない。やめてほしい」という声が殺到。また、一部海外メディアが、カーダシアンが「Kimono」の商標登録を申請したことなども報じたため、さらに、「日本からアメリカに着物を使ったビジネスを持って行っても社名とか登録できなくなる可能性がある」「アメリカで『キモノ』と言って真っ先にこれが出てくるようになるとか最悪」という声が噴出する事態になっている。

    「カーダシアンのツイッターアカウントには、国外からも、『これは“着物”ではない!商標登録はやめるべき』『着物はひとつです。こんな名前を付けるべきではない』『あなたは日本の文化に敬意を払っていない』という声が殺到。海外メディアからも批判が上がっている状態となっています」(芸能ライター)

     批判が多く寄せられているものの、カーダシアンはこれらの批判に対していまだ反応していない。果たして、本人がこれらの批判に対応することはあるのだろうか――。

    記事内の引用について
    キム・カーダシアン公式ツイッターより https://twitter.com/KimKardashian
    関連 BBC
    Kim Kardashian West's Kimono underwear meets Japanese backlash
    26 June 2019

    https://www.bbc.co.uk/news/amp/world-asia-48767678

    (出典 ichef.bbci.co.uk)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【全米が鼻で笑った】Wikipediaを支援するTシャツがダサくて話題に!


    ウィキペディア(英: Wikipedia)は、ウィキメディア財団が運営しているインターネット百科事典である。コピーレフトなライセンスのもと、サイトにアクセス可能な誰もが無料で自由に編集に参加できる。世界の各言語で展開されている。 「ウィキペディア(Wikipedia)」という名前は、ウェブブラウザ
    78キロバイト (9,361 語) - 2018年8月19日 (日) 08:36


    忙しい人のために、簡単に要約すると・・・

    WikipediaのロゴやマークをあしらったTシャツが米国で発売された。売上はすべてWikipediaの支援に使われるとしているが、そのデザインの絶望的なダサさがかえって話題になっている。
    (出典元: INTERNET Watch)


    ブログ管理人の感想は・・・

    たしかにデザインは
    自分が言うのも変ですがダサいですね

    ただ、これを欲しがる人は多く見受けられます
    また転売屋さんが多く仕入れて高値で売りさばくんですかね

    続きはこちら

    このページのトップヘ