ついっちゃが

政治、国内に蔓延る社会問題について個人的な見解を交えてまとめております。

    毎日、記事更新をしております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    カテゴリ:海外の話題 > 中国・台湾

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    会食やマージャンの密告に賞金導入、中国ネット上では「人と人の信頼失わせる」と批判
    …ージャンに1000元などと、通報内容により賞金額を引き上げる制度を導入した。  中国のネット上では、密告が横行した毛沢東時代の大衆政治運動「文化大革…
    (出典:読売新聞オンライン)



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    忙しい人のために要約すると

     【北京=比嘉清太】中国各地で新型コロナウイルス対策として、他人が会食している場面などを見つけて通報した住民に、当局が賞金を出す制度が相次いで導入され、物議を醸している。
    (出典元:読売新聞オンライン



    ブログ管理人より


     さすがに中国政府は通報で賞金はやり過ぎな気がします。会食だけでなく、違法駐車で通報しても賞金がもらえる制度があるようです。日本なら国会議員の会食監視のためにこの制度を導入してほしいくらいです。

     ただ、気持ちいいくらい財政出動しているので、少しは日本もこの部分については見習うべきだろう。名目GDPの伸び率を見ても中国はグラフ欄外となってしまうほどの成長の高さだから当然だろう。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.jaif.or.jp)


    忙しい人のために要約すると

    【11月28日 AFP】中国初の国産原子炉「華竜1号(Hualong One)」が27日、稼働を開始した。エネルギー安全保障と基幹技術の分野で欧米への依存を弱めたい中国政府にとって、重要な一歩となった。
    (出典元:AFPBB News)



    ブログ管理人より

     コロナではなく放射能をばらまくようなことはあってほしくないですが、中国製ってことで不安しかないです。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    忙しい人のために要約すると

     新型コロナウイルスの感染が最初に拡大した中国の武漢で、当局が外国メディアを対象に現地の状況を紹介する取材ツアーが行われました。感染の拡大を抑え込んだとアピールするとともに、対応の遅れが世界的な感染を招いたなどとする国際社会の批判をかわすねらいがあるものとみられます。
    (出典元:NHK NEWS WEB)



    ブログ管理人より


     感染を抑え込んだってことを海外メディアを利用して世界中にアピールしようとしているんでしょうかね。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    中国、南シナ海へ弾道ミサイル2発発射 中国、南シナ海へ弾道ミサイル2発発射
    …の浙江省からそれぞれ中距離弾道ミサイルを1発ずつ、南シナ海に向けて発射した。中国軍に近い消息筋が明らかにしたという。 中国国防省は25日、人民解放軍の…
    (出典:中国・台湾(産経新聞))



    (出典 tokyoexpress.info)


    忙しい人のために要約すると

     香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)によると、中国軍は26日朝、内陸部の青海省と沿岸部の浙江省からそれぞれ中距離弾道ミサイルを1発ずつ、南シナ海に向けて発射した。中国軍に近い消息筋が明らかにしたという。
    (出典元:産経新聞)



    ブログ管理人より

     日本は米国ばかりに頼らずに他国とも協力して中国の脅威を抑制すべきだろうと思います。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    中国、ワクチン緊急投与を“先月開始” 中国、ワクチン緊急投与を“先月開始”
    新型コロナウイルスのワクチン開発をめぐる国際的な競争が激しくなる中、中国政府は先月22日から医療従事者らを対象にワクチンの緊急投与を正式に開始しました。 国…
    (出典:国際総合(TBS系(JNN)))



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    忙しい人のために要約すると

    ▲新型コロナウイルスのワクチン開発をめぐる国際的な競争が激しくなる中、中国政府は先月22日から医療従事者らを対象にワクチンの緊急投与を正式に開始しました。
    ▲国営の中央テレビによりますと、中国の国家衛生当局の鄭忠偉主任が「ワクチンの緊急投与を先月22日から正式に開始した」と明らかにしました。対象は医療従事者や新型コロナ対策の担当者らで、「まず免疫の壁を作り、都市全体を安定させるのが目的だ」としています。
    (出典元:TBS系(JNN))



    ブログ管理人より

     数週間後にワクチンが原因で人体に影響が出るような副作用が出ないことを祈りたい。

    続きはこちら

    このページのトップヘ