ついっちゃが

政治、国内に蔓延る社会問題について個人的な見解を交えてまとめております。

    毎日、記事更新をしております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    カテゴリ:海外の話題 > 中東・アフリカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    唾液でコロナ検査、瞬時に結果判明 イスラエル 唾液でコロナ検査、瞬時に結果判明 イスラエル
    …イスラエル最大の病院であるシェバ医療センターが、新型コロナウイルス検査で瞬時に結果が出る装置を開発した。初期の臨床試験には数百人が参加、正確に判定した…
    (出典:経済総合(ロイター))



    (出典 4.bp.blogspot.com)


    忙しい人のために要約すると

    ▲イスラエル最大の病院であるシェバ医療センターが、新型コロナウイルス検査で瞬時に結果が出る装置を開発した。
    ▲初期の臨床試験には数百人が参加、正確に判定した確率は95%だったという。
    ▲生理食塩水で口をすすぎ、唾液を戻す。それに光を当てて反応を分析。その反応がコロナウイルスと一致しているかどうかを判定する。
    ▲テルアビブ近郊にあるシェバ医療センターの医学・熱帯病センター、エリ・シュワルツ氏は「これまでのところ、この新しい方法で非常に有望な結果が出ている。コロナと戦っているすべての政府にとって、はるかに便利で、はるかに安くなるだろう」と強調している。
    (出典元:ロイター)



    ブログ管理人より

    こういう有用な技術を日本も取り入れてまずはコロナ感染者数の把握を急いでほしいですね。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ジンバブエのインフレ率、840%近くに 政府は危機を否定 ジンバブエのインフレ率、840%近くに 政府は危機を否定
    …【AFP=時事】ジンバブエ国家統計庁(Zimbabwe National Statistics Agency)は15日、7月の物価上昇率(インフレ率)が年率…
    (出典:国際総合(AFP=時事))


    ハイパーインフレーション(英語: Hyperinflation)とは、急激に進行するインフレーションを指す。略称として「ハイパーインフレ」とも呼ばれる。戦争やその余波、社会政治の激動、総供給の崩壊や輸出価格の崩壊、政府が税収を徴収するのを困難にする他の危機などに関連していることがよくある。
    36キロバイト (5,294 語) - 2020年7月30日 (木) 13:14



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    忙しい人のために要約すると

    【AFP=時事】ジンバブエ国家統計庁(Zimbabwe National Statistics Agency)は15日、7月の物価上昇率(インフレ率)が年率840%近くまで上昇したと発表した。だが政府は、高まる危機感を認めようとせず、経済の苦境が一段と深まっている。
    (出典元:AFPBB News)



    ブログ管理人より

    ハイパーインフレになる条件は限られています。戦争などで供給能力が著しく低下したり、間違った経済政策で何十年もインフレ率が2桁以上だったり。

    経済音痴の議員なんかはこういう例を取り上げて、MMTはハイパーインフレになるとかわけの分からないことを言い出しそうですよね。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    南アフリカ警察、集まった買い物客にゴム弾発射 「社会的距離」確保で 南アフリカ警察、集まった買い物客にゴム弾発射 「社会的距離」確保で
    …ルディスタンス(社会的距離)」の勧告を順守しなかった。 すると警察車両10台で現場に到着した警官らが、買い物客らに向けてゴム弾の発射を開始。 驚いた買…
    (出典:国際総合(AFP=時事))



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    忙しい人のために要約すると

    ▲南アフリカ・ヨハネスブルク(Johannesburg)で28日、ロックダウン(都市封鎖)の措置が取られる中、警察当局がスーパーマーケット外に列をつくる買い物客数百人に向けてゴム弾を発射した。
    ▲だが、人々は先を争って場所を取り合い、新型コロナウイルスへの感染リスクを抑えるため他人と一定の距離を保つ「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」の勧告を順守しなかった。
    (出典元:AFPBB News)



    ブログ管理人より

    日本でも各地で封鎖する事態が増えてゆけば南アフリカのような状況になり得るのではと危惧しています。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    二次電池 (モバイルバッテリーからのリダイレクト)
    HYDROGEN | ZEBRA | EV | ELECTRIC ^ 「広がるスマホ用モバイルバッテリ市場…定番アクセサリに昇格」読売新聞、2013年4月30日付、2013年11月18日閲覧。 ^ “デジタル:モバイルバッテリーで備え”. 毎日新聞(2019年1月15日作成). 2019年4月22日閲覧。
    14キロバイト (1,455 語) - 2019年11月9日 (土) 07:11



    (出典 pbs.twimg.com)


    忙しい人のために要約すると

    ▲南アフリカのヨハネスブルグにあるO・R・タンボ国際空港で、あわや大惨事となる事故が起こった。男性のポケットに入れていたモバイルバッテリーが突然発火したのだ。
    ▲火はかなり勢いよく燃え、男性は慌ててズボンを脱ぎ捨てた。『News24』などが伝えている。
    (出典元:TechinsightJapan)



    ブログ管理人より

    精密なものなので落としたり、水没させたり、圧力を加えたりすると発火の原因になるんですね。日本国内でも起きているようです。今回はズボンが燃えただけで済んでよかったです。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    スーダン首相の暗殺狙った爆発発生 首相は無事、未遂に終わる スーダン首相の暗殺狙った爆発発生 首相は無事、未遂に終わる
    …【AFP=時事】(写真追加)スーダンの首都ハルツームで9日、アブダラ・ハムドク(Abdalla Hamdok)首相の暗殺を狙った爆発事件が発生したものの、未…
    (出典:国際総合(AFP=時事))



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)

    忙しい人のために要約すると

    ▲スーダンの首都ハルツームで9日、アブダラ・ハムドク(Abdalla Hamdok)首相の暗殺を狙った爆発事件が発生したものの、未遂に終わった。同首相は無事だという。側近が明らかにした。
    ▲首相府長官は「アブダラ・ハムドク首相を乗せた車が走行中、爆発に見舞われたが、負傷者はいなかった」と述べた。
    (出典元:AFPBB News)



    ブログ管理人より

    日本もいい加減な政治を続けている安倍に不満爆発して暗殺を試みる市民が出てきそうですね。緩やかに国民を殺そうしているわけなので、それに気付いた国民はそういう行動を起こすのは言うまでもないですね。

    ただ、暗殺は犯罪ですので、どうせやるのなら選挙という手段で合法的に安倍政治にピリオドを打ちたいですね。

    続きはこちら

    このページのトップヘ