ついっちゃが

政治、国内に蔓延る社会問題について個人的な見解を交えてまとめております。

    毎日、記事更新をしております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    カテゴリ:政治 > 政治全般

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    “まん防”は使わない、西村大臣「ふざけた雰囲気がある」
     “まん防はふざけた雰囲気がある”。西村経済再生担当大臣は「まん延防止等重点措置」について、略語は使用しないと述べました。  西村大臣は国会で、野党…
    (出典:TBS系(JNN))


    忙しい人のために要約すると

     “まん防はふざけた雰囲気がある”。西村経済再生担当大臣は「まん延防止等重点措置」について、略語は使用しないと述べました。
     西村大臣は国会で、野党議員から「まん延防止等重点措置」をめぐり、一部で「まん防」という略語が使われていることについて、違和感があるなどと指摘を受けました。
    (出典元:TBS NEWS



    ブログ管理人より


     蔓延の「蔓」の字が新聞記事で使えないってコメントされている人がいましたが、ひらがら表記にしているから余計に魚介類のマンボウと勘違いされるんだなと感じました。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    忙しい人のために要約すると

     無所属で活動する民間の労働組合出身の参議院議員3人が、近く国民民主党に入党することになりました。
     国民民主党に入党するのは、いずれも参議院比例代表選出で、連合傘下の産業別労働組合、「自動車総連」出身の礒崎哲史氏と浜口誠氏、「UAゼンセン」出身の田村麻美氏の3人です。
    (出典元:NHK NEWS WEB



    ブログ管理人より


     立民にも言える話ですが、連合と手を切らない限り、全ての国民向けの政治はできません。つまりしがらみを絶たない以上は連合忖度の政治しかできないので、ここを監視していれば本気度が分かります。つまり、現状では消費税減税や廃止はできないってことです。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    忙しい人のために要約すると

     自民党の高市元総務大臣は、大臣在任当時に行ったNTTの社長らとの会食について、NTT側が負担した飲食代などおよそ7万円を11日、返金したことを明らかにするとともに、接待にはあたらず大臣規範にも抵触しないという認識を重ねて示しました。
    (出典元:NHK NEWS WEB



    ブログ管理人より


     万引きしておいて返金するから許してねって言っているようなものです。これを許してしまったらもう何でもありです。見つからなければやりたい放題の自民党の体質、今度の選挙で全員落選させるしかなさそうだ。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    忙しい人のために要約すると

     菅義偉首相は11日の「東日本大震災10周年追悼式」での式辞で、昨年の献花式で当時の安倍晋三首相が触れた「復興五輪」に言及しなかった。加藤勝信官房長官は記者会見で理由を問われたが、「毎年の言葉を踏まえつつ作成されているものと承知をしており……」などと言葉を濁し、明確な説明をできなかった。
    (出典元:朝日新聞デジタル



    ブログ管理人より


     最初から「復興」目的はなかったのだ!全ては利権のため。分かっている人はみな分かっています。知らない人は政治に無関心な人。政府に好き勝手されても無関心だと何も分からない。日頃から政治を監視しようぜ!

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    忙しい人のために要約すると

     橋下氏は弁護士から大阪府知事に転身し、大阪市長を経て、15年12月に任期満了をもって政界を引退。吉村氏にタスキを渡した。東野から「橋下さんが今、国政で頑張ってくれたら、との思いは?」と聞かれた吉村氏は、「でも見てたら、今の国政とか国会議員も、ろくなんいないじゃないですか」とにこやかな笑顔で毒舌。これには東野も思わず笑い。「なんかその言い方、(橋下さんと)にてきましたね」とツッコミを入れ、吉村氏、橋下氏も爆笑した。
    (出典元:デイリースポーツ



    ブログ管理人より


     鼻で笑ってしまったくらいだ。これが維新クオリティなのだろう。コロナ禍で大変な中、大阪市の人、カネ、モノをカツアゲする大阪都構想をやろうとする根性こそがろくでもない。見事にブーメランだ。

    続きはこちら

    このページのトップヘ