ついっちゃが

政治、国内に蔓延る社会問題について個人的な見解を交えてまとめております。

    毎日、記事更新をしております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    タグ:医療崩壊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    忙しい人のために要約すると

     東京都では、新型コロナウイルスの感染拡大により、検査で陽性となった高齢者が1日70人以上、入院できない事態になっていることがわかった。
     関係者によると、都内で陽性の患者に即日対応できる病床は、27日時点で、ICU(集中治療室)が5床、HCU(高度治療室)が8床、そのほかの病床でも89床となり、使用率は95%から97%にのぼっているという。
    (出典元:FNNプライムオンライン)



    ブログ管理人より

     選挙で無能な小池を選んだ時点でこうなることは十分予想できたはずです。都民が都知事選で誤った選択をした代償だと思ってほしい。間違いなく山本太郎一択だったんです。財源論も他の候補者とは比較にならないほど明瞭でとにかく愛に溢れていますから。

     少しは鳥取の平井知事を見習ってほしいものです。緊急事態や災害対応には、首長の優劣がはっきり分かりますね。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 i.ytimg.com)


    忙しい人のために要約すると

     新型コロナウイルスのクラスター=感染者の集団が国内最大規模で発生している、旭川市の旭川厚生病院に勤務する医師が、NHKの取材に応じ、「通常業務は全くできず、医療崩壊、機能不全に陥っているのではないか」と深刻な医療体制の現状を語りました。
    (出典元:NHK NEWS WEB)



    ブログ管理人より


     着実に政府による人口削減計画が進んでいるようです。特に、北海道、東京、大阪は壊滅の危機が迫っています。間違いなく日本は衰退の過程にあります。政権が変わらないとこのまま日本は終わります。国民よ目覚めてくれ、頼む!

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    忙しい人のために要約すると

     新型コロナウイルスの影響が長期化する中、医療機関などで働く人たちのこの冬のボーナスについて労働組合が回答の状況を調査した結果、40%余りで去年より引き下げられたことがわかりました。労働組合は「医療従事者が責任感や使命感だけでは働き続けることが難しい状況になっていて、国の支援が必要だ」と指摘しています。
    (出典元:NHK NEWS WEB)



    ブログ管理人より


     労働の対価を中抜きするパソナのような企業が儲かる構造は終わりにしませんか?いくら頑張っても報われないって自殺が増えるのも当然だわ。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 news-pctr.c.yimg.jp)


    忙しい人のために要約すると

     新型コロナウイルスの感染再拡大に歯止めがかからず、全国の重症者数が21日時点で323人に上り、過去最多だった第1波(4月30日、328人)に迫っていることが22日、分かった。1日当たりの死者数も第1波以来の20人台に到達。国内で死亡した人は22日、累計で2千人を超え2001人となった。37都道府県では直近1週間で病床使用率が悪化しており、医療現場からは「明らかにギリギリの状況だ」との声が漏れる。
    (出典元:産経ニュース)



    ブログ管理人より

     政府は経済を最優先で考えているようだが、明らかに間違っている。コロナ対策と両輪で国民を守ることこそが政府の仕事なのに、あまりにも無能過ぎて話にならない。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「医療崩壊」を招くのは「PCR検査拡充」じゃなく政府の無策。コロナ第2波で病院倒産が加速する 「医療崩壊」を招くのは「PCR検査拡充」じゃなく政府の無策。コロナ第2波で病院倒産が加速する
    …制や人員を確保できなければ何の意味もないのです」医療崩壊を招くのは「PCR検査増」ではなく政府の無策 事実、コロナ患者を受け入れていた東京女子医大では…
    (出典:社会(HARBOR BUSINESS Online))


    医療崩壊(いりょうほうかい)とは、医療安全に対する過度な社会的要求や医療への過度な期待、医療費抑制政策などを背景とした、医師の士気の低下、防衛医療の増加、病院経営の悪化などにより、安定的・継続的な医療提供体制が成り立たなくなる、という論法で展開される俗語である。
    39キロバイト (6,306 語) - 2020年7月25日 (土) 22:50



    (出典 prtimes.jp)


    忙しい人のために要約すると

    ▲「幻のオリンピック連休」となった4日間の大型連休。新型コロナウイルスの「第2波」襲来が懸念されるなか、ぐずついた天候も手伝ってか、東京・銀座は終始、人影もまばらだった……。
    ▲7月25日、東京都内では295人の新型コロナウイルス感染者が新たに確認され、5日連続で200人を上回った。100人超えはこれで17日間連続。
    ▲都内の入院者数は前日の24日に1040人となり、1000人の大台を突破したが、これを受けて東京都はコロナ患者向けの病床を1500床確保し、今後、4000床に増やす方針を明らかにした。
    (出典元:HARBOR BUSINESS Online)



    ブログ管理人より

    病院倒産が増えれば当然医療崩壊が加速するのは言うまでもないですが、思い切った支援をやろうとしない政府こそが一番の災難なのかもしれない。

    続きはこちら

    このページのトップヘ