【時代遅れか】コンビニおでん「無断発注」問題が暴くビジネスの限界


コンビニおでん「無断発注」「販売中止」問題が暴く画一的ビジネスの限界 コンビニおでん「無断発注」「販売中止」問題が暴く画一的ビジネスの限界
…とでした」と明かす。おでん中止の背景に「手間」と「廃棄」 無断発注問題と並んでコンビニおでんを巡って物議を醸しているのが、「おでんを取りやめる店舗の増…
(出典:経済総合(ITmedia ビジネスオンライン))


セブン-イレブン (カテゴリ 日本のコンビニエンスストア)
コンビニ、加盟店支援アピール=高まる不満、沈静化狙う”. 時事通信(2019年4月12日作成). 2019年5月10日閲覧。 ^ “本部が「おでん無断発注」 セブンオーナー、公取委に違反申告”. サンスポ(2019年9月11日). 2019年9月11日閲覧。 ^ “店主いない間におでん発注 セブンが本部社員を懲戒処分”
140キロバイト (19,462 語) - 2019年12月2日 (月) 06:10



(出典 1.bp.blogspot.com)


忙しい人のために要約すると

▲長く小売業態で一人勝ちを続けてきたコンビニで、異変が起きている。
▲業界の“鉄則”だった24時間営業を辞める店が広がり、本部側も時短を容認するようになったのがその象徴だ。
▲従来の「コンビニの常識」を、“オーナーたちの反乱”が揺るがしている格好と言える。
▲コンビニ店のほとんどはフランチャイズ加盟店で、本部とは独立しており、仕入れの権限も店にある。
▲本部社員といえども、勝手に発注するのはご法度だ。
▲しかも、売れ残った商品を廃棄すると、その損失はほとんど店が被ることになる。
(出典元:ITmedia ビジネスオンライン)


ブログ管理人より

度々無断発注について取り上げていますが、少しは現状を知れ!と本部に言いたいです。デフレ状況で需要が低迷しているので、改善策を全体で考えるべきだろうと思います。