【いじめ問題】パワハラ、もう限界と思ったときの対処法


パワハラスメント(和製英語: power harassment)とは、社会的な地位の強い者(政治家、会社社長、上司、役員、大学教授など)による、「自らの権力や立場を利用した嫌がらせ」のことである。略称はパワハラ。地位や権力に対応したものではなくいじめに近い概念としての理解に変わってきた。加害者は名
52キロバイト (8,634 語) - 2019年12月22日 (日) 06:36



(出典 4.bp.blogspot.com)


忙しい人のために要約すると

▲今日が「仕事納め」という方もいるのではないでしょうか。毎日仕事に追われている人も、ようやく一息つけるとホッとしているのではないでしょうか。
▲とくに最近では、「パワハラ」によって精神的に追い詰められているケースも珍しくありません。新年までのカウントダウンも近いけれど、上司の言動に我慢が爆発するカウントダウンも近づいている…という方もいるようです。
▲まとめ: 言葉の暴力、残業や休日出勤の強制、仕事を教えない、仲間外れなど、パワハラにはさまざまなパターンが存在します。そのような状況に耐え続けていると、やがて精神的に限界が来てしまうかもしれません。そうなる前に、上司から逃げ出す手段を考えましょう。
(出典元:LIMO)


ブログ管理人より

自分も過去に今のバイト先でパワハラのような扱いをされた経緯があります。ほとんど鬱憤晴らしの感じでしたが。ボイスレコーダーまで購入しましたが、上司に相談して持ち場を変更してもらって無事解決できました。ボイスレコーダーの出番はありませんでしたが、終わり良ければ全て良しってことで、仕事を辞めずに良かったです。