コンビニ「時短」2019年の日本揺るがすが... 起点のセブンは大みそかで「契約解除」 コンビニ「時短」2019年の日本揺るがすが... 起点のセブンは大みそかで「契約解除」
…コンビニ加盟店、「家族経営」が一般的 セブン-イレブンの加盟店オーナー、松本実敏さんは今年2月に自主的に時短営業を始めた。2018年5月に妻をガンで亡…
(出典:経済総合(J-CASTニュース))


営業の在り方について方向性を決める。ローソンは加盟店に対し24時間営業を求めない契約を認めており、2019年10月1日時点で98店舗が時短営業に移行していることも明らかにした。2019年10月21日セブン-イレブン・ジャパンはフランチャイズ加盟店の時短営業を本格的に実施すると発表。時短営業
147キロバイト (22,964 語) - 2019年12月22日 (日) 07:48



(出典 ssl-cache.stream.ne.jp)


忙しい人のために要約すると

▲セブンイレブン・ジャパンは31日午前0時に、大阪府東大阪市の加盟店オーナーと結んだフランチャイズ契約を解除した。
▲この店のオーナーは、今年2月に本部の同意を得ずに営業時間の短縮に踏み切り、コンビニ業界が24時間営業を見直す動きが広がるきっかけとなった。
▲契約を解除されると、セブンの商品の仕入れができなくなるという。オーナーは31日と元日は休業し、2日から独自に営業を始める意向を示している。
▲30日夜、取材に対し「(本部の対応は)不服なので、訴訟で争いたい」と話した。
(出典元:読売新聞)


ブログ管理人より

2019年はまさにコンビニの時短営業で揺れた年だった気がします。24時間営業の終焉を感じさせますね。政治でこういう問題を改善しないと日本はさらに悪化します。