(出典 static.tokyo-np.co.jp)


忙しい人のために要約すると

 東京都は新型コロナウイルス対策を目的とした地方債を発行する。国内の自治体としては初で、12月上旬にも600億円程度の発行を目指す。調達した資金はコロナ禍で資金繰りが悪化している中小企業への融資にあてる。使途をコロナ対策に絞り、ESG(環境・社会・企業統治)に関心を持つ投資家から資金を集めやすくし、企業や住民への支援を厚くする。
(出典元:日本経済新聞)



ブログ管理人より


 今頃かよといった印象でしかないです。それも600億円で少なめ。太郎さんが都知事選のときには総額15兆円で事前に総務省ともやりとりして問題ないってことを確認していましたよね。