「ネットで精子を」同性カップル増…病院で提供受けられず「個人間」頼みに
 インターネットを介して第三者から精子をもらい、子どもを授かる同性カップルが増えている。医療機関で第三者の精子を使う生殖補助医療を受けられるのは、法…
(出典:読売新聞オンライン)


忙しい人のために要約すると

 インターネットを介して第三者から精子をもらい、子どもを授かる同性カップルが増えている。医療機関で第三者の精子を使う生殖補助医療を受けられるのは、法律婚の夫婦に限られることが背景にある。国会では生殖補助医療のあり方が議論されており、当事者からは「性的少数者にも配慮してほしい」との声が上がっている。(川崎陽子)
(出典元:読売新聞



ブログ管理人より

 国会では生殖補助医療のあり方が議論されてはいるようですが、自民党政権である以上は進展は厳しいのかもしれない。カネにならないことは積極的ではないですから。だから、選挙で自民党を消滅させるしかない!