忙しい人のために要約すると

 北海道東部で赤潮の影響とみられる漁業の被害が深刻です。厚岸町ではウニの8割が死に、被害額は10億円に上ることが分かりました。道東や日高地方では、9月下旬からウニや秋サケが大量に死んでいて、赤潮の影響とみられています。厚岸漁協によりますと、9月24日までに水揚げを予定していたウニの8割が死に、被害額は10億円に上りました。2022年以降の水揚げも望めないことから、影響は今後4年間は続くということです。
(出典元:北海道ニュースUHB



ブログ管理人より

 ただでさえ、コロナ禍で需要が落ちている中で、ウニの大量死は北海道の漁業関係者にとってみればかなり痛いニュースでしょうね。当然政府は損失補償するよね?