節分(せつぶん、せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。 太陰太陽暦(旧暦)では、立春に最も近い新月を元日とし、月(太陰)の満ち欠けを基準(月
80キロバイト (11,236 語) - 2022年1月17日 (月) 08:47


忙しい人のために要約すると

 2月3日は節分。豆をまいて鬼を払い、無病息災を祈ります。しかし、近年、そのやり方には変化が見られるようになりました。マンションでは玄関から「鬼は外」と豆をまいたままにすれば、隣人たちから「ゴミをまき散らすな」、「掃除をしろ」と注意される可能性もあります。その対策として袋に入ったまままいて後で回収する方法も行われていますが、これで鬼が払えるのかモヤモヤします。専門家に話を聞くと、「豆はもともと鬼を攻撃するアイテムではなかった」ことがわかり、「袋のままもOK」という答えがかえってきました。
(出典元:大手小町(OTEKOMACHI)



ブログ管理人より

 今年の節分の豆まきは首相官邸前でどうだろうか。国民のための政治をやろうとしない岸田首相。きっと憑りついている鬼のしわざなのかもしれない。鬼退治をしてまともな政治家になればラッキー♪