シングルマザー支援に「シェアハウス」(下) 悪質業者を防ぐ体制づくりを
 また、要配慮者の住宅施策では、主に低所得者向けの無料低額宿泊所(無低)をめぐり、「貧困ビジネス」化してしまう問題が指摘されてきました。  無低は社会福祉法で一定の基…
(出典:THE PAGE)

衆院法制局が見解 ひきこもりの引き出しビジネス「犯罪に該当する可能性が高い」
…しい」と述べて、釘を差した。「引き出し屋は、相対的な貧困に目をつけた貧困ビジネス」と話すKHJの深谷さんさらに、同会のソーシャルワーカーの深谷守貞さん…
(出典:加藤順子)

奨学金というリスク 中嶋よしふみさんの批判にこたえて
…めそやすのだろう。『日本の奨学金はこれでいいのか!-奨学金という名の貧困ビジネス』(奨学金問題対策全国会議編。あけび書房)を読めば、奨学金の恐ろしさは…
(出典:千田有紀)

監獄のような「貧困ビジネス」が急増中 その手口と「脱獄」方法とは?
…を入居→転売」貧困ビジネスの正体貧困ビジネスからの脱出へ では、貧困ビジネスから脱出するためにはどうすればよいのだろうか? 貧困ビジネスから脱出するた…
(出典:今野晴貴)






ブログ管理人より

 貧困ビジネス業者といえば日本政府も似たところがあるよな。奨学金制度がそうだ。有利子にして学生を食い物にしている実態がある。れいわは教育無償化、奨学金チャラを訴えている。貧困ビジネスもなくなる日が来るだろう。

<皆さんのコメント>

貧困ビジネスを一掃することは、より公正で包括的な社会を構築し貧困の根本的な原因に対処するための重要なステップだと考えます。

大阪の有名な所も似たようなものだが、こちらは知恵が回っている。 カードや通帳を預かるのは同じだが一応残りは全額本人へ。使い果たせば1日1000円の貸し金が始まる。 そして手を組んでいる訪問介護や看護に繋げてB型就労をつける。これが受給者には保護費から控除されない1万5000円の収入となる。 こうやって生かさず殺さずやってる。出られたりしたら後の始末も大変だしね。

自治体としては、生活保護を支給しておけば 業者が厄介者を引き受けてくれるぐらいの 感覚なのでしょう。金を出して面倒事を押し付け られるのならそれでいいってことでしょう。

いまは労働力の売り手市場なので、人手が欲しい会社は探せばあるでしょう。 その情報に行きつくまでに時間はかかるかもしれませんが。 そのためにもまずは自治体主催の人権相談で、弁護士による無料相談を受けると良いと思います。弁護士からの電話一本で通帳すぐ返してもらえますよ。

>現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている
そう。 派遣の適用業種を縮小すべき。

ある日に市役所へ訪れたところ裏の広場で怪しい人達が何人か 厭な雰囲気を感じたまま庁舎の中に入ると生活保護の方々で溢れていた 見るからに辛そうな方々以外にスマホをいじりながら面倒臭そうに待機している面々 こちらの用向きが終わり外に出てみると金銭のやり取りを現場で行う場面をみてしまった 行政は放置状態なんですね

社会の常識を知らない弱者を狙ったビジネスはいくらでもある。 たちが悪いなと思う。 親身になって話を聞いてあげる。 寄り添ったふりをするなど安心させて大切なものを預かったり奪ったりする。

企業の経営層の言い分だけ聞いて政策を実施しているように見える自民党政権。 本来は、日本の主権者たる広く多くの国民のための政治をすべきなのに。