(出典 i.ytimg.com)




れいわ政権をどう実現する?野党共闘でれいわ新選組がゆずれない条件とは?たがや亮衆院議員が語る!
…、消費税増税をきっかけに第三極を目指すようになったたがや氏にとって、れいわ新選組は、経済政策が一致していることに加え、「弱きを助け、強きをくじく」マイ…
(出典:選挙ドットコム)


ブログ管理人より

 しんぶん赤旗の記事。街宣などでも積極財政と戦う野党の2つの条件がそろわないと共闘しないと言っている。今の野党は国会を見ていても戦う気配すらない。むしろ、登壇してプラカードを掲げて懲罰動議を出す始末。

 一番残念だったのは、締めの言葉で「このような姿勢では、自民党や公明党に打ち勝つことは到底できないのではないでしょうか」とあったが、完全にブーメランで笑ってしまったくらいだ。

 本当に野党共闘が実現するのはれいわ新選組が20議席以上を占め、他の野党が無視できない状態を作ることだ。しぶしぶれいわの出す条件に従うしかなくなる。それまでは支持者らも無党派層に呼び掛けて支持層を広げてゆく。日本共産党も今の体制ではなかなか支持層を広げるのは難しいのでは?

<皆さんのコメント>

沖縄とか見てると野党共闘ってどうなのかって思うところはあるし、元々横浜市長選の野党共倒仕掛けられた横浜市民としては野党共闘っていうもの自体がどうかと思ってるところはある 野党共闘と言うのなら党利党略ではなく、本当の意味で国民を見るべきと思う。

怒るも怒らないも代表がやりたいようにやればいい。 野党第一党の立憲民主党からしたらたかが少数政党なんで野党共闘しなくても痛くも痒くもないでしょう。 それなら党の信念を曲げない男の方が私は信用できます。

前回の衆院選でもその後の国会でも、立憲は盛大に裏切ってますからね。 れいわの立場としては共闘なんてできるわけないかと。 もし本当に共闘を望むなら立憲の大幅譲渡と幹部の刷新しかないでしょう。

仰る通り… 選挙マッチング?やってみると、 私が一番マッチするのは れいわなの。 でも、れいわだけで大きくなるのを待っていたら、日本は政治も経済も終わってしまうわ。これは、野党各党の問題。

支持者が怒るからじゃないんだよ。セキュリティクリアランス法案に嬉しそうに賛成してるような「闘わない野党」と手を組むために政治やってないっていうことだよ。それに立憲民主党が言う「野党共闘」って「俺たちのために貴方んとこの候補者降ろせ」そんなもん賛成すると思うか?常識で考えてみろ。

なんだか、まるで日本共産党が野党共闘したがっているような記事ですね。 こういう、明らかに偏った記事を書けば、民主主義を謳うメディアからは拒否される口実を作られ、プロパガンダで洗脳されると揶揄されるとは思わないんだろうか? これは、ちょっと擁護し切れないな。

骨のある野党なら手を組んでいたでしょう。 骨がない。 何がやりたいのかわからぬ野党と戦っても勝てない。 過去協力しても裏切る連中を信用出来ません。 本当なら野党共闘で戦いたいはずです。

山本太郎代表の経験では野党共闘は少数政党が候補者を下ろすことになるだけの利のない行為と考えていると思われる。 各地の候補者の予備選のようなオープンな議論と調整を積極的に主導しない規模の大きな政党にも、それを求めないで逃げる政党の両方に課題がある。