(出典 cdn.projectdesign.jp)



ブログ管理人より

 2020年11月11日のデイリー新潮の記事。当時、小池百合子知事は、「身を切る改革」を表明し、自身の報酬を半額にしていた。にもかかわらず、その年の夏、満額となる約3500万円の退職金をコッソリ受け取っていた事実。この嘘つきめ!

<皆さんのコメント>

毎回退職金もらえるのか…退職金もらってまた出馬…こんな仕組みでいいのか?

まあ、電通とか三井不動産からの裏金に比べれば、取るに足りない金額なのでそう言ったのだろう。五輪ではもっと稼いだろうし。

はぁ?4年前に高額退職金をもらっていた⁉︎

どれだけ報酬下げようが裏でDとかMとか持ちつ持たれつのところから規定報酬以上の美味しい蜜は吸えてるのでしょう。

辞めてないのに退職金?なんで?

嘘つきは泥棒の始まり

引き際は綺麗にしなさいよ 。公約一つも守れないのに。

退職金は都民に返せよ!