珠洲市に初めての木造長屋完成へ 世界的建築家・坂茂さん設計の仮設住宅
…被災地で建設が進む仮設住宅について珠洲市で初となる「木造長屋型」の仮設住宅が来週完成することがわかりました。 県議会定例会の一般質問。 馳知事: 「珠洲市では初となる木…
(出典:テレビ金沢)


ブログ管理人より

 有名な建築家を連れてきて復興アピールしたい馳浩知事の気持ちも分からなくもないが、従来の仮設住宅なら1ヶ月以上早く着工でき前倒しで完成できていたのでは?

<皆さんのコメント>

政府は国の関与を減らすために国家レベルの司令塔を作らず、国には頼らない自助、共助で災害を乗り切るように仕向けている。内閣府の避難所運営ガイドライン自体が「被災者自らが行動し、助け合いながら避難所を運営する」と明記するなど、日本は「自助」が最優先の後進国。

今日のNHKニュース 熱中症対策の為の仮設訪問  いやもちろん大事な事です。が、体育館の被災者がまだまだいる事を報道しろや!とこの時期の暑さを心配しながら怒っています! 何復興アピール?はあ? どこ向いてるんだ! もっともっと怒り拡散しましょう!

被災された方々が欲しいのは、デザイナーが手掛けた仮設住宅ではなく、 衣食住とライフラインが整うことが1番なんですよね。 プライバシーが守られた基本的な生活だけなんですよね。

世界的有名な建築家の作る仮設住宅? 誰が喜ぶんやそんなもん! 挙げ句の果てには頓挫? やる事なす事有権者に対するパフォーマンスにしか見えないのが悲しいわ。

誰のための復興なのか? 行政には、ただただ呆れてしまいます。

政府は全力でやってると申しておりますが 困ってる人達と思ってないんですかね? 見捨ててるんですかね? 初動が遅いどころじゃないです 。この連日の暑さの中 、能登のみなさんが心配です。

たった30戸の復興アピールの 仮設住宅すら完成させられなかったことが、政府と知事の現状を露呈している。

海外に何兆円もバラ撒くのではなく、国民の生命の為に動くのが総理大臣なのでは?