ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会、経済を取り上げて、個人的な見解を交えて発信しています。

    できるだけ1日1記事アップできるように努力したいと思っております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    カテゴリ:災害・防災 > 台風・豪雨

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【図解】台風4号、沖縄本島接近=5日九州上陸の恐れ―気象庁
     台風4号は2日夕、沖縄本島に接近し、3日未明にかけて同島付近を通過する見通しになった。
    (出典:時事通信)


    ブログ管理人より

     久しく台風が来ていなかったが、今回は九州に完全上陸して地元宮崎も大きな被害を受けそうだ。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    長崎・佐賀周辺に線状降水帯 災害発生に厳重警戒
    …続いているとして「顕著な大雨に関する情報」を発表しました。 長崎県と佐賀県には大雨特別警報が発表されています。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾…
    (出典:ウェザーニュース)


    - 50 km程度の強い降水をともなう雨域」(気象庁が天気予報等で用いる予報用語)である。 日本でこの用語が頻繁に用いられるようになったのは、2014年の平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害以降とみられる。 つまり、「線状降水帯」とは、積乱雲(発達した雨雲)が、線状
    7キロバイト (959 語) - 2021年8月13日 (金) 14:55


    忙しい人のために要約すると

     長崎県や佐賀県では雨が降り続き、大雨災害発生の危険性が高まっています。
     気象台は、長崎県や佐賀県南部で線状降水帯による非常に激しい雨が同じ場所で降り続いているとして「顕著な大雨に関する情報」を発表しました。
     長崎県と佐賀県には大雨特別警報が発表されています。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫等に警戒してください。
    (出典元:ウェザーニュース



    ブログ管理人より


     日本では長崎と佐賀がニュースになっていますが、海外に目を移すと中国湖北省で豪雨、トルコでの豪雨による洪水など地球規模で激甚級の自然災害が起きているのがよく分かります。コロナ禍に豪雨に大地震まで重なれば甚大な被害が及びます。今の政府は迅速に対応してくれるか甚だ疑問です。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 i.ytimg.com)


    忙しい人のために要約すると

    10月5日(月)9時、日本の南で発達中の熱帯低気圧が台風14号(チャンホン)になりました。
    今週後半に西日本や沖縄などに接近する可能性があるため、今後の情報に注意してください。
    ▼台風14号 10月5日(月)9時
     擾乱種類   台風(TS)
     存在地域   日本の南
     移動     西 ゆっくり
     中心気圧   998 hPa
     最大風速   18 m/s (中心付近)
     最大瞬間風速 25 m/s
    (出典元:ウェザーニュース)



    ブログ管理人より

     暑さといい、台風といい、地球規模で温暖化が進んでいると思わざるを得ないですね。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    忙しい人のために要約すると

     気象庁によりますと、長崎市付近ではレーダーによる解析で、12日午前6時までの1時間におよそ110ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。災害の危険が迫っていることから、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表して安全を確保するよう呼びかけています。
    (出典元:NHK NEWS WEB)



    ブログ管理人より


     水害被害も年々増加の傾向にありますね。地球規模で環境が変わりつつあるように思えてなりません。夏の暑さも異常でしたからね。熱中症による搬送のニュースもよく目にしました。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.news24.jp)


    忙しい人のために要約すると

     台風10号は5日以降、日本に近づき、6日の日曜日から来週月曜日の7日にかけては、非常に強い勢力で沖縄本島地方や奄美地方、そして九州に接近すると予想されています。気象庁は、台風が接近する地域では甚大な被害が出るおそれもあるとして、今後の情報に注意するとともに、早めの対策を呼びかけています。
    (出典元:NHK NEWS WEB)



    ブログ管理人より


     今度の台風10号は非常に強いということで、九州上陸まで数日程度なので家が倒壊しないことを祈っています。

    続きはこちら

    このページのトップヘ