ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会、経済を取り上げて、個人的な見解を交えて発信しています。

    できるだけ1日1記事アップできるように努力したいと思っております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    カテゴリ: 芸能

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     昔ほどテレビは真実を報道しなくなったのもあるが、自民党幹部がテレビ局の報道を全てチェックしているのも1つの要因だろう。ただ、ラジオやYouTubeにはチェックが甘いようだ。せめてNHKくらいは受信料を払っているので、政府に忖度せずに真実を報道すべきだと思うが。NHKは見ていないけど、強制的に取られるから、月300円くらいに減額してほしい。

    1 ネギうどん ★ :2022/06/25(土) 13:54:39.57
     PUT(Persons Using Television)という用語をご存知だろうか。これは「総個人視聴率」という意味で、ビデオリサーチが調査する世帯のうち、どのくらいの人がテレビ放送をリアルタイムで視聴していたのか、その割合を表す。6月第3週の週間PUTは、なんと史上最低を記録したという。一体、何が起きているのか。

     デイリー新潮は5月17日配信の「綾瀬はるか、上野樹里、柴咲コウ……豪華キャスティングの春ドラマが揃って大苦戦のワケ」で、4月の月間PUTが過去最低を記録したと報じたのだが、さらに下がったということなのか。民放プロデューサーは言う。

    「実は4月頃から、週ごとのPUTが発表されるたびにワースト記録を更新し続けているんです。6月第3週は、全日(6~24時)、プライム(19~23時)、ゴールデン(19~22時)のPUTがすべて史上最低を記録し、コアPUT(13~49歳の男女)でも、全日(ワースト2位)を除き、プライム、ゴールデンで最低となりました」

     個人視聴率の調査が始まったのは2020年。たった2年で史上最低と言われても……。

    「それ以前の世帯視聴率の頃は、HUT(Households Using Television)といって、総世帯視聴率でした。当時は今より確実にテレビが見られていた時代ですから、史上最低と言って間違いないと思います」

     やはり“テレビ離れ”が加速しているということだろうか。

    テレ朝念願の三冠王

    「昨年は東京五輪が開催され、近年では稀に見る高視聴率を記録しました。その反動もあると思います。さらにTVerでは、この春から全局同時配信が始まり、見たい番組の時間に家にいる必要がなくなった。それに加え、最近は録画でもCMを飛ばして1・5倍速で見るのがトレンドですからね」

     テレビ離れの条件は十分揃っているわけである。

    「とはいえ、各局はビジネスを成立させようと努力してきました。ただし、それを象徴する意味で、業界で今話題になっているのが、先日、週刊誌で報じられた小さな記事です」

     週刊現代(6月25日号)に掲載された、「テレ朝の『天皇』早河洋会長が部下に送った『微妙な檄文』」という記事のことだという。記事によると、6月上旬にテレビ朝日の早河洋会長(78)が幹部社員に“檄メール”を送ったというものだ。メールには、6月の広告収入が大失速したため増収策を講じ、夏には経営合宿も開催したいとあったという。

    「今さら何を言っているんだろう、と話題になっています。テレ朝は21年度の世帯視聴率で、開局以来初の視聴率三冠王を獲得しました。悲願だったとはいえ、あくまで世帯視聴率の話で、個人視聴率では9年連続で日テレが三冠王です。いくら世帯視聴率が取れても、コア視聴率が取れなければスポンサーがつかず商売にならないので、各局とも個人視聴率、中でもコア重視に乗り換えているというのに……」

    テレ朝は4位

     テレ朝も「科捜研の女」や「警視庁・捜査一課長」などシニア層に人気だった「木曜ミステリー」枠を今秋での終了を発表した。これもコア重視への移行と見ていいだろう。

    「テレ朝が世帯視聴率にこだわり、念願の三冠を達成した昨年度を、コア視聴率で見た場合どうなると思いますか? 実は、三冠は日テレ、2位はフジテレビ、3位はTBS、4位がテレ朝なんです」

     それにしても、王者・日テレとかつての王者・フジが、今も拮抗しているとは……。

    「日テレは、関東地区のスポット広告のシェアが30%に届こうとしているので、圧倒的ですけどね。フジの場合、“世帯視聴率を狙いに行かない”“コア重視”を打ち出し、高齢層を拒否するようなタイムテーブルとなっています。そこまでしないと商売にならないからです。そのようにしてフジはコア2位となりましたが、世帯視聴率は低くなり、大票田であるM3(50歳以上の女性)、F3(50歳以上の男性)を切り捨てたために、個人視聴率も低くなってしまった。そんな中、世帯視聴率を追ったテレ朝の広告収入が落ちていくのは当然のことです」

     それでも、全体の視聴率であるPUTが過去最低を記録した。小さくなるパイを奪い合いっているようにも見えてくる。

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/da726dd6c2d66940dc9e53c26457d4a531633e1e

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     これは酷い話だ。明石市市長に直接取材をせずに妄想だけで報道とかテレビ番組として終わっている。テレビは洗脳の箱だ。局に抗議して徹底的に正すしかない。


    1 muffin ★ :2022/06/24(金) 21:13:52.08
    https://npn.co.jp/article/image/200022333
    2022年06月24日

    兵庫県明石市の泉房穂市長が、23日の『ひるおび』(TBS系)の放送内容にツイッターで抗議している。

    番組では、日本の少子化が進む中、独自の対策で出生率を上げている自治体として明石市を紹介。18歳以下の医療費無料、第2子以降の保育料無料、1歳誕生月までおむつ無料、中学校の給食無料、4つの公共施設の入場無料化などを紹介していた。

    その中で、解説として出演していた日本総合研究所上席主任研究員の藤波匠氏が、「明石市の場合は、職員の給与などを抑えながら少子化対策にお金を使ってる」と指摘。MCの恵俊彰が「(だから少子化対策に税金を使うことに市民からの)理解が得られてる!」と納得する場面があった。

    しかし23日深夜、泉市長はツイッターで『ひるおび』の放送について触れ、「残念な内容だ。明石市への取材は一切なく、事実誤認だらけ」と指摘。「明石市は職員給与は低くしていないし女性の流出もない」とし、「次回は是非、取材のうえ、事実の報道を!」と呼びかけた。

    また、泉市長は翌朝のツイートで「『ひるおび』に連絡するかどうか迷っている」と連絡を検討していると明かした上で、「明石市の職員給与は低くない」と主張。兵庫県内の一般行政職の基本給与額を比較する指数が載った資料を公開した上で、「県内40市町の中、高い方から8番目で、平均も上回っている」と明かした。
    中略

    この一連のツイートにネットからは、「これはひどい」「ちゃんと番組で訂正すべき」「『ひるおび』は噂話を報道したの?」「抗議したほうがいい」という、市長への同情が集まっていた。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     たしか、寺脇さんは相棒の番組の進め方に不満を持って水谷さんと揉めて降板になったと記憶していたが、今回復活されるニュースがあってびっくりした。


    1 湛然 ★ :2022/06/23(木) 05:18:51.63
    5代目相棒は寺脇康文! 右京&亀山の名コンビが14年ぶり復活 テレ朝「相棒」新シーズン10月からスタート
    2022/06/23 05:00 サンスポ
    https://www.sanspo.com/article/20220623-O2E7YEFTTBN5RGZDG56QTGAGV4/
    5代目相棒として復帰する薫役の寺脇(右)と右京役の水谷。シーズン7以来、14年ぶりにタッグを組む

    名コンビが復活! テレビ朝日系人気シリーズ最新作「相棒 season21」(水曜後9・0)が10月からスタートすることになり、初代相棒・亀山薫を務めた俳優、寺脇康文(60)が主演俳優、水谷豊(69)と再タッグを組むことが22日、分かった。シーズン7で卒業して約14年。5代目相棒として帰ってくる寺脇は「流行りの言葉にすると、『シン亀山薫』でございます!」と喜んでいる。


    杉下右京が初めて相棒と認めた熱血漢が、〝シン化〟して国民的ドラマに戻ってくる。

    2000年にスペシャルドラマとして誕生した「相棒」は、警視庁特命係の天才警部・右京(水谷)が相棒とともに難事件を解決する人気シリーズ。水谷との息の合ったコンビでお茶の間に親しまれ、歴代最多出演回数を打ち立てた4代目相棒・冠城亘役の反町隆史(48)が前シーズンで卒業。注目を集めていた新相棒に選ばれたのが寺脇だ。

    プレシーズンから08年12月のシーズン7第9話まで足かけ9年、124話にわたって右京の初代相棒を熱演し、水谷とともにドラマの礎を築いた〝功労者〟。「相棒」をさらに深化させるべく復帰が決まった。

    歴代相棒のなかでも、とくに人気が高かった薫。右京とは固い絆で結ばれていたが、高校時代の友人の死をきっかけに警視庁を退職し、南アジアの小国・サルウィン(架空の国)に移住。劇中ではその後、回想シーンや登場人物の会話に何度か名前が出てくることはあったが、右京と連絡を取るなどの描写はなかっただけに、2人がどんな再会を果たすか注目される。かつての相棒が復活するのは初めての試みで、物語にも厚みが増しそうだ。


    寺脇は、14年ぶりに自身の〝分身〟を演じられることに、「感謝の気持ちでいっぱい」と感慨深げ。水谷も「亀山くんが帰ってくる」と再タッグを心待ちにする。

    7月に70歳になる水谷と還暦を迎えた寺脇によるベテランコンビが再び活躍する新シーズンは、今夏にクランクイン。近年は映画「シン・ウルトラマン」「シン・仮面ライダー」など初代のリブート作品が話題となっているだけに、寺脇は「仮面ライダー1号が帰ってきたように、相棒1号も帰って参ります! 今、流行りの言葉にすると、『シン亀山薫』でございます!」と、成長した姿を見せることを約束している。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    ブログ管理人より


     たしかに、アメリカの軍事産業はウクライナ支援で儲けているのは確か。れいわの街宣でも軍事産業の株価が上がっているグラフをほぼ毎回モニタに出して説明しているのでよく分かる。


    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/05/26(木) 23:20:30.18
    2022年05月26日 10時38分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4214759/

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)

     テレビ朝日の玉川徹氏が26日、「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)に出演。ロシアのウクライナ侵攻をめぐる米国の支援について言及した。

     番組ではバイデン米大統領がウクライナへの人道支援のため約400億㌦(約5兆1000億円)の追加予算措置を取る法案に署名したことを紹介。玉川氏は「5兆円はものすごく大きくみえるが、米国の軍事予算は88兆円なので6%くらい。米国にとって痛い金額ではない。その金額でロシアの弱体化が進めばペイするというリアリズムかなと思う」と持論を述べた。

     ウクライナ侵攻の結果として米国の武器が世界中に売れていくという点についても指摘。「人の命で米国の経済が潤っている事実は忘れてはいけない。歴史を振り返れば戦争が経済と密接な結びつきを持っていることは事実です。ウクライナ戦争がどう歴史に刻まれるかは分からないが、そういう側面がある」と玉川氏はきれいごとだけではないと訴えた。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     まいじつの記事。5月20日から全国での公開をスタートした劇場版『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』。残念ながら記録は思わしくないようだ。


    1 Anonymous ★ :2022/05/27(金) 22:32:09.97

    5月20日から全国での公開をスタートした劇場版『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』。かなり宣伝に力を入れていた同作だが、残念ながら記録は思わしくないようだ。

    「復讐者スカー」編は、2017年に公開された映画『鋼の錬金術師』の続編。

    主人公のエドワード・エルリックを引き続き『Hey!Say!JUMP』の山田涼介が演じ、ウィンリィ・ロックベルを本田翼、ロイ・マスタングをディーン・フジオカが務めるなど、前作と変わらない俳優陣が名を連ねている。また、新キャストとして国家錬金術師の抹殺を誓う男・スカー役で新田真剣佑が参戦した。

    全国349劇場で公開され、宣伝も大々的に行われてきた同作。しかし、5月23日に発表された『国内映画ランキング』(興行通信社調べ)の順位は、初登場9位という結果だった。

    「同じく初登場の映画『五等分の花嫁』は、『復讐者スカー』の順位を大きく上回る第2位。しかも『五等分の花嫁』は『復讐者スカー』の3分の1ほどの規模でしか上映されていない映画です。原作ファン、邦画ファン、ジャニーズファンを取り込もうとした作品が、一部のアニメ・声優ファンをターゲットにしている『五等分の花嫁』に惨敗するとは…」(映画ライター)

    魅力のない特典も爆死の一端?

    前作の時点で〝コスプレ映画〟と批判が相次いでいた実写映画「鋼の錬金術師」。しかし、前作は来場者特典として「鋼の錬金術師」0巻を配布していたため、かろうじて来場者数が稼げたというのが内情だ。今回は描き下ろしイラストカードが特典になっているが、ファンからするとそこまで魅力的には思えなかった模様。ネット上には、

    《ハガレン映画は、ハガレンのコスプレをした俳優と本田翼の125分です》
    《そもそもなんで続編を作ろうと思ったのか謎。1作目もアレだったのに…》
    《実写ハガレン2は、クソ要素を大分減らすように努力はしてる。してるけど、それでも客観的に見たらクソ実写寄りの作品だし、なんとも言えない仕上がり》
    《画面の安さというかコスプレ感から邦画の限界を感じた》
    《るろ剣とかキングダムが実写で成功してて、ハガレン、進撃の巨人がコスプレ大会なのって、舞台がアジアかどうかが関係してるの?》


    といった厳しい意見が続出している。

    ちなみに6月24日には後編の『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』が公開される。〝コスプレ映画〟の評価が変わることはないだろうが、真のハガレンファンであれば、映画館で有終の美を見守った方が良いかもしれない。

    https://news.nifty.com/amp/entame/showbizd/12156-1656986/



    (出典 Youtube)




    (出典 Youtube)


    続きはこちら

    このページのトップヘ