ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会、経済を取り上げて、個人的な見解を交えて発信しています。

    できるだけ1日1記事アップできるように努力したいと思っております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    カテゴリ: 事故・事件

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     事業許可の取り消しは当然だろう。客の命を優先せず利益のことしか頭になかったのだから。にしても、犠牲が大きかった。防げる事故だっただけに悔やまれる。


    1 少考さん ★ :2022/06/16(木) 11:15:51.37
    知床観光船事故、運航会社の事業許可を取り消し…北海道運輸局
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20220616-OYT1T50110/

    2022/06/16 10:21

    北海道・知床半島沖で観光船「KAZU I(カズワン)」(乗客乗員26人)が沈没した事故で、国土交通省北海道運輸局は16日午前、運航会社「知床遊覧船」(北海道斜里町)の事業許可を取り消した。海上運送法に基づく行政処分で、同社は旅客船を運航できなくなった。

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    秋葉原無差別殺傷14年
    東京・秋葉原で17人が殺傷された事件から14年となった8日、現場の交差点では犠牲者の友人らが献花に訪れ、冥福を祈った=東京都千代田区
    (出典:時事通信)


    ブログ管理人より

     秋葉原で17人が殺傷された事件から丸14年となった6月8日。現場の交差点では犠牲者の友人らが献花に訪れ冥福を祈る人。今だから言えるが、元派遣の加害者も今の政治の犠牲者だったのかもしれない。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    石橋被告、落ち着かず 判決「おかしい」不満も 東名夫婦死亡
     午後1時半ごろ、黒っぽいスーツに青色のネクタイ姿、短く刈り込んだ髪に眼鏡を掛けた石橋被告は、刑務官に連れられて法廷に入った。裁判長に促され、証言台の前に。「懲役…
    (出典:時事通信)


    ブログ管理人より

     全く反省する気持ちがないようだ。こんなクズは極刑でいいと思うが、裁判は甘い判決のまま。遺族は報われない。どうして日本の司法は加害者に優しいんだろ。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【瞬間】ロマンスカーと軽自動車が衝突「すごい音」
    …川県藤沢市の小田急江ノ島線の踏切で、特急ロマンスカーと軽自動車が衝突しました。  近くの住民:「ロマンスカーが藤沢から来てるところに、遮断機が下りてい…
    (出典:テレビ朝日系(ANN))


    小田急ロマンスカー(おだきゅうロマンスカー、ODAKYU ROMANCECAR)は、小田急電鉄が運行する特急列車および特急車両の総称である。列車により箱根登山線や東京地下鉄(東京メトロ)千代田線、東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線と直通運転する。また、「ロマンスカー」は小田急電鉄の登録商標である(ロマンスカーの記事も参照)。
    179キロバイト (24,478 語) - 2022年5月13日 (金) 02:10


    ブログ管理人より

     ロマンスカーと軽自動車が踏切で衝突する事故があった模様。この事故で、軽自動車を運転していた79歳の男性が軽傷とのこと。高齢者の運転は危険が伴うなとこういうニュースを見る度に思う。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    知床遊覧船沈没事故(しれとこゆうらんせんちんぼつじこ)は、2022年(令和4年)4月23日に遊覧船「KAZU I(カズ ワン)」が北海道斜里郡斜里町の知床半島西海岸沖のオホーツク海域で消息を絶ち、船内浸水後に沈没した海難事故である。 5月29日現在、「知床観光船沈没事故」「北海道知床遊覧船事故」などとも呼称されている。
    118キロバイト (17,870 語) - 2022年5月28日 (土) 16:28


    ブログ管理人より

     おそらく、当時の乗客が必死にカズワンから脱出を試みたが、冷たい海水で心臓麻痺になるなどして海底かあるいは流されてしまったのだろうなあ。本当に気の毒過ぎる。クソ社長の間違った判断のせいで罪のない乗客が犠牲になるとは。

    続きはこちら

    このページのトップヘ