ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会、経済を取り上げて、個人的な見解を交えて発信しています。

    できるだけ1日1記事アップできるように努力したいと思っております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    カテゴリ:海外の話題 > 中国・台湾

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     習近平がトンデモな指示をしたようだ。戦争の準備だと?!世界はどうなってしまうんだよ。プーチンを説得して停戦させるんじゃないのかよ!


    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/03/09(水) 10:59:26.41

    2022/03/08 18:33

     【北京=大木聖馬】新華社通信によると、中国軍トップの 習近平シージンピン 中央軍事委員会主席(国家主席)は7日、全国人民代表大会(全人代=国会)の軍と武装警察の分科会に出席し、
    「海外関連の軍事活動に関する法治作業の加速」を指示した。具体的な内容は不明だが、中国軍を海外に派遣して活動させる根拠法の整備を進める意向とみられる。


     習氏は2012年に中央軍事委主席に就任して以降、軍内の汚職摘発を徹底的に進めてきた。7日の分科会でもこうした取り組みを「法に基づく軍の統治の実践で重大な進展があった」と評価した上で、

    「国防と軍隊建設の法治化の水準を高める必要がある」と述べ、今後も軍の引き締めを図っていく方針を示した。
    緊迫する国際情勢を念頭に、「全軍が戦争準備をしっかり進め、各種の突発状況に適時かつ有効に対処し、国家の安全と安定を維持する必要がある」とも指示した。


    https://www.yomiuri.co.jp/world/20220308-OYT1T50178/


    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    世界保健機関(WHO)は2021年5月7日に欧米以外では初であるシノファーム社のワクチンの緊急使用を承認しており、これにより発展途上国へのワクチン供給を目指す国際的な枠組み「COVAX」にシノファーム社製が加えられた。ワクチンを承認したWHOは「シノファーム」(シノバックではない)のワクチンの有効性を79%と推定した。
    13キロバイト (1,304 語) - 2021年5月26日 (水) 00:22


    忙しい人のために要約すると

     中国医薬集団(シノファーム)のたんぱく質ベースの新型コロナウイルスワクチンを、同社の不活化ワクチンを2回接種した後に追加で接種した場合、不活化ワクチンを3回接種するよりオミクロン株に対する抗体反応が強いとの研究結果が4日、発表された。
    (出典元:ロイター



    ブログ管理人より

     ワクチンを複数回接種しないと抗体反応が強くならない。感染抑止になればいいのだが、まだまだコロナとの闘いは終わりそうにない。「パンデミックの終わり」がトレンドに上がっていたが、油断禁物だ。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    忙しい人のために要約すると

     中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は9日、北京の人民大会堂で開いた辛亥革命110周年記念大会で演説し「祖国の完全な統一は必ず実現しなければならない歴史的任務であり、必ず実現できる」と訴えた。
    (出典元:日本経済新聞



    ブログ管理人より


     武力で制圧するとしか思えない。香港の件があるので、それを思うと政権交代させる必要があると思う。日本も衆院選が近いのでさっさと自民党政治を終わらせよう。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    忙しい人のために要約すると

     ゼロコロナを目指す中国で、新型コロナに感染した女性の飼いネコ3匹の陽性が確認され、殺処分されました。中国のSNS上では賛否の声があがっています。
    (出典元:TBS



    ブログ管理人より

     人間の身勝手さ?かもしれないですね。軽症ならどこかに隔離保護しておくとかできなかったのだろうか。それこそ政治の出番だと思う。ペットに優しい社会であってほしい。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    忙しい人のために要約すると

     中国メディアの新京報などによると、黒龍江省ハルビン市内で18日、4歳の女児への性的暴行の罪で50代の男に対する死刑が執行された。
    (出典元:Record China



    ブログ管理人より

     死刑は賛否両論あるかもしれないが、性的暴行に対する厳罰については日本も中国を見習ってほしいものがある。日本の場合には自民党議員の過去の不始末について厳罰をと思うが今の体制のままでは無理だろう。

    続きはこちら

    このページのトップヘ