ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会問題を取り上げて、個人的な見解とネット上の声を拾って発信しています。

    アンテナサイト様、相互RSSについては大歓迎です。メッセージ・フォームよりお問い合わせください。

    カテゴリ:経済 > NHK受信料

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 president.ismcdn.jp)



    ブログ管理人より

     いやいや、自宅のテレビと違ってネット視聴であれば視聴履歴が分かるわけで、視聴回数や視聴時間で課金させればいいんじゃね?月額で1100円搾取するのはあまりにも強引過ぎるだろ。徴税と間違えてない?こんなことばかりやっているから、実質賃金が下がり続けるんだよ。国民負担が上がることは閣議決定ですぐ決めるよな。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.asahicom.jp)

    NHK受信料(エヌエイチケイ じゅしんりょう)とは、日本放送協会(NHK)と受信契約している人が同協会に支払う料金である。 日本で放送が始まった頃は社団法人日本放送協会(当時)によるラジオ放送であり、聴取が存在した。 当時、ラジオ放送は「聴取無線電話」と称していた。まずラジオが聴ける設備を設置し…
    125キロバイト (19,005 語) - 2024年4月2日 (火) 03:00



    ブログ管理人より

     NHK受信料って一種の税金だよな。自分は引っ越しのタイミングでテレビを処分したから払わずに済んでいるが。国会中継だけ視聴したければYouTubeでも国会議員の誰かが配信しているので、テレビを捨てても問題なさげ。山本太郎代表の質疑を途中で平気で中断するくらいだしな。テレビを持つ意味はないと思うぜ。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 av.watch.impress.co.jp)

    NHK受信料(エヌエイチケイ じゅしんりょう)とは、日本放送協会(NHK)と受信契約している人が同協会に支払う料金である。 日本で放送が始まった頃は社団法人日本放送協会(当時)によるラジオ放送であり、聴取が存在した。 当時、ラジオ放送は「聴取無線電話」と称していた。まずラジオが聴ける設備を設置し…
    126キロバイト (19,081 語) - 2024年3月21日 (木) 05:13


    「NHK離れ」が止まらないのに…組織存続のために「スマホ持っているだけで受信料」を狙うNHKの厚顔無恥
    …放送法の改正でNHK番組のネット配信が「必須業務」に格上げされた。テレビを持っていなくても、スマホなどから番組を視聴する場合、受信料の支払いが義務と…
    (出典:プレジデントオンライン)



    ブログ管理人より

     公営放送なら国民からわざわざ搾り取ろうとせず、国が出せば済む話だろ。予算組めない理由あるの?それに、日本の今の経済状況を見ても月額100円に下げるとかしないとな。国会中継で山本太郎代表のときだけわざと中断するのはおかしいのでは?

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    NHK受信料(エヌエイチケイ じゅしんりょう)とは、日本放送協会(NHK)と受信契約している人が同協会に支払う料金。 日本で放送が始まった頃は社団法人日本放送協会(当時)によるラジオ放送であり、聴取が存在した。 当時、ラジオ放送は「聴取無線電話」と称していた。まずラジオが聴ける設備を設置した場合、…
    119キロバイト (18,470 語) - 2023年2月23日 (木) 19:03


    https://news.yahoo.co.jp/articles/5c8a1a8a51f659061c4d483609b5ed3cd4199645
    「日本人の半分はNHKを見ていない」という衝撃データは何を物語っているか 『NHK受信料の研究』著者が指摘する問題点
    2023/2/27(月) 6:05配信 デイリー新潮

     NHK受信料について疑問を呈してきた政党の信頼度が、このところ劇的に低下しているのを一番喜んでいるのはNHKかもしれない。

     放送する政見放送で「受信料は払わなくてよい」「ぶっ壊す」などと言われるのは、彼らにとっては苦痛だっただろう。

     しかしながら、なぜテレビを持っているだけで支払う義務が生じるのか、といった疑問あるいは違和感を抱く人がいなくなったわけではない。

     有馬哲夫・早稲田大学社会科学総合学術院教授は、新著『NHK受信料の研究』の序章で、ネット時代の現在、受信料を払うことにどういう意味があるのかという根本的な問題を問いかけている。そして、それは結果として国家レベルで見た場合に、文化の発信力を弱めることにつながっている、と主張している。

    (略)


    ブログ管理人より

     NHK職員の平均年収って1054万円だって。受信料払う意味ある?国営放送なら国が負担すればいいだけでしょ?それで財政破綻などするわけないんだし、国民の負担も減るんだし、さっさとやれ!NHK受信料とは別にオンデマンドで稼ごうしているし、何やってるか分からん。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    和田 政宗(わだ まさむね、1974年〈昭和49年〉10月14日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(2期)。元NHKアナウンサー。自由民主党広報副本部長。 みんなの党青年局長、次世代の党(のちの日本のこころを大切にする党)政策調査会長・幹事長・党首代行などを歴任。第4次安倍第2次…
    71キロバイト (9,877 語) - 2023年1月7日 (土) 23:55


    ブログ管理人より

     何のためにNHK受信料を払っているか、見直す時期に来ていると思う。公平な報道がされていれば分かるが、政府に忖度した報道とかダメだろ。民営化した方がましだ。それか、すべて国負担にすべし。

    続きはこちら

    このページのトップヘ