忙しい人のために要約すると

 全国の郵便局長が2019年と20年、自民党参院議員の後援会の会員らに配布したカレンダーが、日本郵便の経費で購入されていたことが、西日本新聞が入手した内部資料などで分かった。参院議員は小規模局の局長でつくる任意団体「全国郵便局長会」(全特)が支援しており、「全特の各地方組織の幹部が支援者への配布を指示した」との複数の証言もある。同社の経費が後援会の政治活動に使われた形で、専門家は政治資金規正法が禁じる「企業献金」に当たる可能性があると指摘している。
(出典元:西日本新聞



ブログ管理人より


 これで日本郵政が自民党とズブズブの関係だということが分かりますね。衆院選前にいろいろと出てきそう。岸田首相は自身のボロを出する前に前倒ししたのだろうが、逆に自身の首を絞めることになりそう。

続きはこちら