ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会、経済を取り上げて、個人的な見解を交えて発信しています。

    できるだけ1日1記事アップできるように努力したいと思っております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    カテゴリ: 新型コロナウイルス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     コロナで大変な時期なのに、国葬ばかりに力を入れて国民無視の政権が続くことは異常だと思う。統一教会と関係のある議員がほとんどなのに無意味な改造内閣をしてしまう岸田首相、日本はどうなってしまうの?政治に関心を持とうよ。

     どこもギリギリのところで経営しているんだと思う。政府が支援しなければどんどん会社がつぶれてしまうだろう。それが政府の目的なのかもしれないが。


    1 蚤の市 ★ :2022/08/13(土) 19:20:10.10ID:L4hDtwOI9
    https://www.asahi.com/articles/ASQ8F5FXVQ8DULFA02H.html
    働く人が足りず…想像超える感染者数 飲食店もコンビニも「大打撃」
    2022年8月13日 19時00分

     新型コロナウイルスの「第7波」の影響が経済に広がっている。人手のやりくりが難しくなり、外食チェーンなどでは一時休業が目立つ。感染増を警戒したキャンセルもあり、3年ぶりに行動制限のない夏を迎え客足の回復を期待していた関係者はショックを隠せない。トヨタ自動車の工場のラインが一時止まるなど、生産活動にも波及している。

     感染者や濃厚接触者が急増し、外食チェーンなどでは人手不足が深刻だ。消毒作業もあって一時的に休業する店は多い。

     大手のカフェや牛丼、居酒屋チェーンでは、一部の店で休業している。カフェ「スターバックスコーヒー」はホームページで休業店舗を公開している。従業員の感染で8月は約30店が一時閉じた。大半の店は数日で営業再開している。広報担当者は「人手が足りず営業時間を短縮している店もある」としている。


     日本マクドナルドによると、一時的に営業停止したのは6月は6店舗だったが、7月は80店舗以上に増加。8月は12日までで40店舗以上が停止した。大半が数時間程度の停止で、消毒を徹底し営業を再開しているため、利用客への影響は限定的だという。

     休業店舗数を公表しない企業もあって全体像はわかりにくいが、お盆の時期に閉じている店は各地で相次ぐ。開いている店でも、アルバイトらの確保は難しくなっている。ある居酒屋チェーンの都内の店長は「社員が複数の店の応援に入ってなんとか営業を続けている」と明かす。

     外食業界はこれまでの感染拡大時は、政府や自治体の「給付金」などを受け取って乗り越えてきた。だが、一連の給付金の事業は6月に終了している。所管する経済産業省の幹部は「行動制限がなければ給付する理由の説明がつかない。現時点で事業の再開は考えていない」という。

     コンビニエンスストアでも休業せざるを得ないケースがある。長野県内のあるコンビニでは7月下旬、約60人いる従業員のうち5人が感染者や濃厚接触者となった。通常の配置より人数を減らしたり、経営者がシフトに入ったりしてやりくりした。経営者の男性は「このままの勢いで感染が広がると店舗を一時的に閉めなければならなくなる」と危機感を募らせる。

     コンビニ大手ローソンでは7月半ば以降、休業する店が複数あった。店内の感染対策に力を入れているが、担当者は「従業員が自宅で感染することもある」と語る。

     全国の郵便局でも人手が足らず、8月12日時点で176局が窓口業務などの休止に追い込まれている。


     交通機関にも支障が出ている。一部の鉄道やバス会社では乗務員が十分集まらず運休や減便をしている。

    ※有料会員記事なので全文の一部です。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     国民には自助、共助を押し付けて、公助はほとんどなしというお粗末な実態がそうさせたのだろう。日本はワクチンだけに頼り過ぎた。やるべきは徹底した検査そして隔離保護だったのだ。自民党に何故投票する?票を何故捨てようとする?そういう人らが元凶だ。

     政府はワクチン接種を推奨しているが、接種を重ねる度に免疫力は逆に落ちている感じがするのは自分だけか。別に反ワクチン派ではないが、不安が大きいので未接種のままだ。今だに感染はしていない。

     とにかく、マスク着用、人が多いところには極力行かないを徹底している。政府は何もやろうとしないから、このくらいやらないと防げないのだろう。マスクを外すのはせいぜいバイトをやっていて単独で仕分けをしていて周りに誰もいないときだけだ。


    1 ボラえもん ★ :2022/08/01(月) 09:15:35.83ID:WUiWgRbJ9
     新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、各地では連日、過去最多の新規感染者数を更新している。
    世界保健機関(WHO)によると、直近の週間感染者数は日本が世界で最多。


    欧米各国と比べてマスク着用者が多く、海外からの入国で水際対策も続く中、なぜ世界一の感染者数になったのだろうか。

     名古屋市内で発熱外来を設けるクリニック。
    毎日午前八時半になると、検査目的で受診を希望する人たちからの電話が鳴り続ける。


    一日十人の枠は、三十分もたたないうちにいっぱいに。
    担当の医師は「発熱したら受診するべきだが、医療機関が見つかりにくい状況になっている」と語る。

     WHOによると、十八~二十四日の日本の新規感染者数は、前週比73%増の九十六万九千人余で世界最多。

    続く米国は八十六万人余で、三番目のドイツは五十六万五千人超だった。

     日本の新規感染者数の多さについて、専門家が着目するのはワクチン接種効果の低下だ。

     一、二回目に続いて昨年末ごろから三回目の接種が行われたが、名古屋大病院(名古屋市昭和区)の山本尚範医師は
    「高齢者らの三回目の接種から半年ほどがたち、免疫力は落ちてきている」と警告。

    日本より落ち着いている欧米の現状については「すでに多くの感染者、死者を出した犠牲の上ではあるが、ワクチンの免疫と感染による自然免疫を備えている」と分析する。

     さらに愛知県の担当者が指摘するのは、より感染力が強いオミクロン株の派生型「BA・5」への置き換わりだ。
    ワクチンによる免疫力が低下している時期に重なったため、日本の感染者急増につながっていると説明する。

     岐阜大医学部付属地域医療医学センターの村上啓雄(のぶお)特任教授は「猛暑」も要因の一つとして注目。
    「熱中症対策で室内で冷房を効かせ、密閉度が高い場所で過ごすことが増えた」ことが一因とみる。


     一方、藤田医科大(愛知県豊明市)の土井洋平教授(感染症学)は世界最多について「問題視する話ではない」と冷静だ。

    「日本が世界最多になった一因には、諸外国に比べて検査が徹底されていることがある」と訴え、海外各国との検査数の差が大きく影響しているとの考えだ。

     では、感染拡大を抑えるための有効な対策とは。山本医師は「人との距離を保ち、常に換気することが大切。

    暑くてエアコンをつけても、窓を開け、扇風機で空気の流れをつくってほしい」と求める。

    村上特任教授も「ワクチンを三回あるいは四回目まで接種し、食事や公共の場ではマスクと換気を今まで以上に意識してほしい」と呼び掛けた。

    https://www.chunichi.co.jp/article/517478


    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     ギリシア文字を使い切る前に新株名称のルールをギリシア神話に由来のある名称に変更したようだ。オミクロン株にサル痘にインフルエンザ、政府があまりにも放置にし過ぎで不安な日々を送っている人が増えてそう。全て自民に票を入れた人、最初から投票をあきらめている5割の有権者の責任だ。


    1 七波羅探題 ★ :2022/07/30(土) 06:47:50.25ID:inFhTvnh9
    FNN 2022年7月29日 金曜 午後6:33
    https://www.fnn.jp/articles/-/396055

    あまりにも異質な「ケンタウロス」
    新型コロナの第7波で流行中の「BA.5」よりも感染力が強いとされる変異ウイルス「ケンタウロス」が広がってきている。


    「ケンタウロス」というのは第6波の主流だったオミクロン株「BA.2」がさらに変異した「BA.2.75」のこと。

    これまでとはあまりにも異なる特徴を持つということから、ギリシャ神話の半人半獣に例えて「ケンタウロス」と呼ばれている。


    感染力はアメリカでの研究によると、今猛威を振るっている「BA.5」の3.24倍も強いとされている。

    その「ケンタウロス」が国内で次々と確認されている。

    「ケンタウロス」が初めて確認されたのは7月8日兵庫県で1人。その後19日に大阪府で2人、東京都でも21日と28日に合わせて4人、愛知県でも27日に1人の感染が確認されている。

    国内の流行も「ケンタウロス」に置き換わる?
    今後この「ケンタウロス」への置き換わりはどうなってくるのか?


    厚労省の専門家会合で京都大学の西浦博教授は、今後「ケンタウロス」に置き換わりが進む可能性を指摘している。

    西浦教授によると、東京都の1日の感染者が3万人の場合は、その内184人が既に「ケンタウロス」の感染者だと推定されるとしている。そして5万人になれば306人になると推定している。


    つまり都内では、既に「ケンタウロス」の流行が始まっている可能性がある。

    「ケンタウロス」に置き換わった場合の影響
    「ケンタウロス」の重症化率については、まだよくわかっていないが、このまま置き換わりが進むとどのような影響が出るのか?


    西浦教授によると、第7波がピークを越えた後に再び感染者数が増加したり、流行が長引いてさらに医療がひっ迫することが想定されるという。

    番組では日本感染症学会の専門医で東京歯科大学市川総合病院で感染症予防の責任者でもある寺嶋毅医師に話を聞いた。

    加藤綾子キャスター:
    寺嶋先生、感染力が強いBA.5から、さらに感染力が強い「ケンタウロス」の感染が既に広がっている可能性、さらに今後置き換わっていく可能性が指摘されましたが、この見立てをどうご覧になりますか?

    東京歯科大学市川総合病院・寺嶋毅医師:
    先ほど重症化率が高まっているという報告は現時点ではないということですので、私たち一人一人にとっては、いたずらに恐れる必要はなく、「BA.5」に対しても「ケンタウロス」に対しても、マスクや換気など今まで通りの感染対策を続けることが大事です


    東京歯科大学市川総合病院・寺嶋毅医師:
    一方で行政としてはゲノム解析を多く行うことで、どの地域でどの位増えているのか、できるだけ正確に近い割合を出していくと。それによって広がりやすさ、早さを分析すること、またせっかくワクチンを打ってできた抗体に対して免疫逃避の可能性がどの程度あるのかや、薬の効き目がどうかという情報収集に努めていくのが大事なのかなと思います

    政府は感染者急増を受けて「早期にワクチン3回目の接種を受けること」「帰省などで高齢者と接触する場合は事前検査」「高齢者・基礎疾患のある人、その同居家族は感染リスクの高い場所への外出、移動を控える」ことなどを推奨している。


    (イット! 7月29日放送より)

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     小池百合子はコロナ対策をせずに都民をそのまま放置にするつもりなの?都として限界があるなら政府に求めることもできないの?それでも都知事なの?そんな都知事を何故都民は持ち上げるの?不思議でならない。


    1 どどん ★ :2022/07/28(木) 16:48:05.90ID:E7Uy4eDK9
    新型コロナウイルスについて、東京都はきょう新たに4万406人の感染を発表しました。

    先週木曜日には3万1878人の感染が確認されていました。1日の感染者数としては今月22日の3万4995人を上回り、過去最多を更新しています。

    新型コロナの病床使用率は50.3%にのぼっていて、最大で確保できる見込みの7046床に対し、3541人が入院しているということです。

    また、オミクロン株の特性を踏まえた重症者用の病床使用率は、21.4%となっています。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3131be604f729765aabb77b63af9235a68b616d6

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bbf6c5a1347727b4ac9001925e3013f8b0bc2f74
    日刊ゲンダイDIGITAL 7/25(月) 14:03配信
    尾身会長がNHKで“職務放棄”の仰天発言!コロナ対策は自助で、犠牲は国民の「許容度」の問題

     第7波の感染拡大が止まらない。24日の新型コロナウイルスの新規感染者数は17万人を超え、日曜日として過去最多を更新した。感染拡大は、8月中旬まで続く可能性が高い。不安を強めている国民も多いはずだ。ところが、新型コロナ政府分科会の尾身茂会長から、専門家とは思えない驚きの発言が飛び出した。

     耳を疑った視聴者もいたのではないか──。24日のNHK日曜討論で尾身氏は「従来までは国、自治体が国民にお願いし、国民が従うというフェーズだった。今は、いろんなことを学んできたので一般市民が主体的に自分で判断していろいろと工夫するフェーズに入った」と強調した。

    「一般市民が自分で判断」とは聞こえがいいが、要するに「自助で何とかしろ」ということだ。コロナ禍の2年半、コロナ対策は的外れなものが多く、後手対応も目立った。政府に従った国民は多大な犠牲を強いられた。その張本人である政府分科会の責任者が、今度は「一般市民が主体的に」とは、視聴者が呆気に取られても不思議はない。

    (略)

    ※全文はソースで



    ブログ管理人より

     尾身会長が自助とか言い出したよ。やるべきは公助だろ。とにかく積極財政で初心に戻ってまずは検査を徹底しろよ。呆れてものが言えない。

    続きはこちら

    このページのトップヘ