ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会、経済を取り上げて、個人的な見解を交えて発信しています。

    できるだけ1日1記事アップできるように努力したいと思っております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    カテゴリ:犯罪 > 性犯罪

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    託児所で女児にわいせつ容疑 元アルバイトの男逮捕 警視庁
     アルバイト先だった東京都内の託児所で女児にわいせつな行為をしたとして、警視庁捜査1課は10日までに、強制わいせつ容疑で、専門学校生の吉田英典容疑者…
    (出典:時事通信)



    (出典 www3.nhk.or.jp)


    忙しい人のために要約すると

     アルバイトをしていた託児所で女児にわいせつな行為をしたとして、警視庁捜査1課は10日、東京都八王子市新町、専門学校生、吉田英典被告(28)=強制性交等罪で起訴=を強制わいせつ容疑で再逮捕したと発表した。他にも被害に遭った子どもが数人いるとみて調べている。
    (出典元:毎日新聞



    ブログ管理人より


     性犯罪者って必ずっていいほど繰り返しているので、体内にGPSを埋め込んで日々監視をしてほしい。政府はこういうところにもケチらずにカネを投入すべきだろう。監視する仕事で雇用も生まれるわけだし。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【性犯罪】6歳女児に公園でわいせつ行為の疑いで45歳男逮捕/滋賀


    わいせつ(猥褻)は、社会通念に照らして性的に逸脱した状態のことをさす。 犯罪類型としては、日本においては刑法第2編第22章の「わいせつ、強制性交等及び重婚の罪」(刑法174条~刑法184条)において規定されている。ただ、今日、公然わいせつ罪(刑法174条)等については性的感情に対する罪(社会的法益
    3キロバイト (376 語) - 2018年6月15日 (金) 23:12



    (出典 3.bp.blogspot.com)


    忙しい人のために要約すると

    ▲公園の女子トイレに侵入し、小学1年の女児(6)にわいせつな行為をしようとしたとして、滋賀県警草津署は5日、大津市、工員、炭本亮容疑者(45)を建造物侵入と強制わいせつ未遂の疑いで逮捕した。
    ▲逮捕容疑は9月6日午後7時35分ごろ、同県草津市内の公園の女子トイレに侵入し、手を洗っていた女児の背後から首をつかみ、わいせつな行為をしようとしたとしている。
    ▲女児が大声を上げて抵抗したため逃走し、女児にけがはなかった。
    (出典元:毎日新聞)


    ブログ管理人より


    女児を一人にさせるとどうしても危険が伴いますね。安心できる社会、いつになったら実現するのでしょうか?一度性犯罪したら体内にICチップを埋め込んでGPSで常時監視できるように法整備すべきだと思います。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【またかよ】マッサージ中に客の下半身を触る、中国人の男逮捕


    マッサージを装い女性の下半身触る 29歳の中国人の男を逮捕
    マッサージを装い女性の下半身触る 29歳の中国人の男を逮捕  livedoor
    (出典:livedoor)


    マッサージ(仏: massage)は、皮膚に求心的に施術することにより主に静脈系血液循環の改善やリンパ循環の改善を目的にした手技療法である。マッサージは、フランスで生まれた手技療法(仏: massage、マサージュ)を指すが、同様の効果を得られるものとしてタイ式や朝鮮式のマッサージ
    18キロバイト (2,462 語) - 2018年9月13日 (木) 19:20

    massage_obaasan



    ザックリとした内容ですが・・・


    マッサージの最中に客の30代女性の下半身を触ったとして、29歳の中国人の男が逮捕されました。
     埼玉県ふじみ野市の路志剛容疑者は6月27日の午後1時ごろ、東京・江東区にあるマッサージ店で客の30代の女性の下半身をマッサージと称して触り、けがをさせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、路容疑者は当時、このマッサージ店に従業員として勤務していて、女性から「施術内容がおかしい」と警視庁に相談があり、事件が発覚しました。
    (出典元:テレビ朝日系(ANN))


    ブログ管理人より


    こういうマッサージ店では
    いかがわしいことをされる可能性が高いので
    入店しづらいですよね。

    続きはこちら

    このページのトップヘ