ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会、経済を取り上げて、個人的な見解を交えて発信しています。

    できるだけ1日1記事アップできるように努力したいと思っております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    タグ:イタリア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【新型コロナ】イタリアの工業生産実質停止、死者が過去最悪の増加
    …が深刻なイタリアでは、死者が1日としては過去最悪の793人増えて計4825人に達した。これを受け、同国は向こう15日間、ほぼすべての工業生産を休止する…
    (出典:経済総合(Bloomberg))



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    忙しい人のために要約すると

    ▲新型コロナウイルスの感染拡大が深刻なイタリアでは、死者が1日としては過去最悪の793人増えて計4825人に達した。これを受け、同国は向こう15日間、ほぼすべての工業生産を休止する。
    ▲コンテ首相は22日遅くの会見で、スーパーマーケットや薬局のほか、銀行や郵便局は営業を続けると説明した。また、北部のロンバルディア州でジョギングが禁止となるなど、当局は新型コロナ封じ込め対策を強化した。
    (出典元:Bloomberg)



    ブログ管理人より

    自民党は「悪夢の民主党政権」などと罵った過去がありましたが、その比にならないくらいのブーメランがいま返っていますね。政治の在り方がこの新型ウイルスを通して問われてきていますね。大企業ばかり忖度した結果がこのザマです。自粛要請出す前に十分な手当てを出すべきだったのです。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【GPファイナル】羽生結弦、SP2位発進「悔しいと言っていても仕方ない」


    羽生 結弦(はにゅう ゆづる 1994年(平成6年)12月7日 - )は、宮城県仙台市泉区出身のフィギュアスケート選手(男子シングル)、栄典:紫綬褒章 受賞者(2014年・2018年)、 国民栄誉賞 最年少受賞者(2018年)。 全日本空輸 ANA所属。早稲田大学 (人間科学部通信教育課程)在学中。
    269キロバイト (27,440 語) - 2019年12月5日 (木) 04:36



    (出典 1.bp.blogspot.com)


    忙しい人のために要約すると

    ▲フィギュアスケート・GPファイナル第1日(2019年12月5日 イタリア・トリノ)
    ▲男子ショートプログラム(SP)が行われ、3年ぶり5度目の優勝を狙う羽生結弦(ANA)は97・43点で2位発進となった。
    ▲GPファイナル、世界選手権を連覇中のネーサン・チェン(米国)が自己ベストで今季世界最高の110・38点で首位に立った。
    (出典元:スポニチアネックス)


    ブログ管理人より

    自己ベストではなかったにせよ、97点も出せるってすごいことですよね。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【脳卒中の疑い】松本零士さんがイタリアで入院だと?!


    松本零士さん イタリアで入院 脳卒中の疑い 松本零士さん イタリアで入院 脳卒中の疑い
    …で知られる漫画家の松本零士さんがイベントのため訪れていたイタリアのトリノで体調不良を訴え、病院へ搬送されたことが分かりました。脳卒中の疑いがあるという…
    (出典:社会(テレビ朝日系(ANN)))


    零士メーター)とも通称される。 デビューから1968年までは本名のひらがな表記である松本 あきらのペンネームを使用。松本零士名義は1965年から松本あきら名義と並行して使い始め、1968年に松本零士にペンネームを一本化した。ペンネームの由来は、“
    70キロバイト (10,293 語) - 2019年11月16日 (土) 04:45



    (出典 iwiz-yvpub.c.yimg.jp)


    忙しい人のために要約すると

    ▲伊メディアによると、SF漫画の第一人者として知られる漫画家の松本零士さん(81)が15日、イタリア北部トリノを訪問中に倒れ、病院に運ばれた。
    ▲脳卒中とみられ、重体の模様だ。
    ▲松本さんは14日以降、自身の作品の記念イベントに参加するため、トリノを訪れていたという。
    (出典元:読売新聞)


    ブログ管理人より


    ヨーロッパではとりわけ日本のアニメが大人気だそうですが、松本さんの健康状態が心配です。重体らしいですが、元気な姿で帰国してもらいたいです。

    続きはこちら

    このページのトップヘ