ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会問題を取り上げて、個人的な見解とネット上の声を拾って発信しています。

    アンテナサイト様、相互RSSについては大歓迎です。メッセージ・フォームよりお問い合わせください。

    タグ:デマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 img.buzzfeed.com)



    コロナワクチンのデマ対策、Facebookに司法長官が問いただす
    …対象国で最も多かった。新型コロナワクチンをめぐる誤情報は日本国内でも出回る。新型コロナワクチン接種推進担当相の河野太郎氏は6月24日、「デジタルヘイト…
    (出典:平和博)

    マスメディアはなぜワクチンへの不安を煽るのか 安直な「中立性」の陥穽
    …河野大臣の発信 河野太郎ワクチン担当大臣は、6月24日、その公式サイトで「ワクチンデマについて」と題し、SNSなどで流布しているデマを明確に否定した。
    (出典:原田隆之)

    河野太郎は「親中」「媚中」なの?──河野大臣が公式WebでQ&A公開 「コロナワクチン後遺症の責任」などに回答
     例えば、第1問目「河野太郎は『親中』『媚中』なのですか?」には以下のように回答している。 2021年の総裁選挙をきっかけにネット上に流された悪意あるデマにすぎま…
    (出典:ITmedia NEWS)

    ワクチンをめぐるデマの危険性 なぜ人はデマにはまるのか
    …に強調している。そして、河野太郎規制改革担当大臣も、国民に向けてその旨を発信している。デマではないという詭弁 一方、「ワクチンの長期的副反応はわかって…
    (出典:原田隆之)

    ブログ管理人より

     コロナワクチンにイデオロギーとか関係しないだろ。ただ横文字を使ってみたいだけのノリで使うのはやめてほしいものだ。都合の悪いことにはデマ扱いか、ブロックするか、所管外で逃げるかの河野太郎氏に毎回呆れるばかりだ。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    「志村けんさんにコロナうつした」とネット上でデマ 大阪・北新地のクラブのママが損害賠償求めた裁判 投稿者2人の書き込みを名誉毀損と認定し支払い命じる判決
    …あわせて約3300万円の損害賠償を求め去年5月、大阪地裁に提訴しました。  22日、提訴した26人のうち「志村けんにコロナ移したのまりこママだよ~」「…
    (出典:ABCニュース)

    「志村さんにコロナうつした」とデマ、2人に計24万円の支払い命令…北新地のママ勝訴
    …20年3月、インターネット掲示板に「志村けんにコロナうつしたのまりこママだよ~」などと投稿。藤崎さんは当時、コロナに感染しておらず、志村さんと会ったこ…
    (出典:読売新聞オンライン)

    志村けんさんに「コロナうつした」 投稿者に賠償命じる 大阪地裁
     新型コロナウイルスに感染して亡くなったお笑いタレントの志村けんさんに「コロナをうつした」とインターネット上に書き込まれ、名誉を傷つけられたとして、…
    (出典:朝日新聞デジタル)

    志村けんさんに「コロナうつした」デマ投稿、2人に賠償命令 大阪・北新地のママ勝訴
    …令和2年に亡くなったタレント、志村けんさんに新型コロナウイルスを感染させたとする事実無根の投稿をインターネット上に流され、名誉を傷つけられたとして、…
    (出典:産経新聞)


    ブログ管理人より

     ネットの匿名掲示板って5ch(旧2ch)のことかな?匿名をいいことに好き放題投稿できるからなあ。しかし、賠償金額がたったの12万円でびっくり。これじゃいじめやハラスメントが減らないわけだ。精神苦痛は軽んじられている?!加害者に甘い司法に疑問符。

     今や、ネットでの書き込みで自殺する社会。司法がこんな状態でいいのだろうか。これは司法に限らず、今の政治にもいえることだが。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





    https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/267917
    参政党がれいわ・山本太郎代表に謝罪 「ワクチン打て発言」は誤認
    2023年6月28日 16:29 東スポ

    参政党が28日、国会内で会見し、神谷宗幣副代表がれいわ新選組山本太郎代表に関して、誤認した発言があったとして、謝罪した。

     今月25日に
    新潟で行われた参政党の街頭演説で、同党のアドバイザーを務める吉野敏明氏がワクチンの話題に触れた際、「国会で太郎がつく山本という人がいるでしょ。あの人だって、打て、打てって言っていた」と発言していた。

     
    神谷氏は「れいわの方々から、そんなこと(ワクチンの積極接種)を言っていないとの抗議の連絡が多数来た。私の認識でも言っておられたことはなかったし、調べても実態もなかった。これは勘違い、誤認であると。本日、本人(吉野氏)は参加できていないので、本人に代わって、謝罪、訂正させていただきたい」とおわびした。れいわ側には事前に謝罪する旨を通告したという。


    ブログ管理人より

     事実に基づかずに妄想で語る議員っているよな。参政党の吉野敏明氏もその一人だ。そもそも、太郎さんはワクチン打てなど一度も言っていない。「ワクチンを打つのは個人の自由」とは言っていたが、参政党は猛省すべき。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    米山 隆一(よねやま りゅういち) 米山隆一 (政治家) - 日本の医師、政治家。民選第20代新潟県知事、立憲民主党所属の衆議院議員 米山隆一 (サッカー選手) - 元ヴェルディ川崎・サガン鳥栖のサッカー選手 このページは人名(人物)の曖昧さ回避のためのページです。同名の人物に関する複数の記事の水…
    499バイト (112 語) - 2022年11月19日 (土) 17:13


    https://bunkaonline.jp/archives/294
    米山隆一衆議院議員インタビュー:「国債は国の借金ではない」という「甘い夢」を斬る
    2023/02/10 実話BUNKAオンライン

     (略)


    ――その「一部の事実」というのは?

    米山 一例を挙げれば「
    国債は無限に発行できる(借りられる)」という話ですね。たしかに「ある条件の下では国債は無限に発行できる」のは事実です。ただ、「ある条件の下では」がすり替わって「常に国債は無限に発行できる」という話になり、それが「国債は返さなくていい」になり、「国債は国の借金じゃない」になってしまう。

    普通に考えればどこからどう見ても「国債は国(国法人)の借金」です。でも一部の人が「国債は国の借金じゃない!」と発信するのは、そう言うと、その「一部の真実」に感心して驚いたり、賛同したりする人が出ることで、承認欲求が満たされて、それが“快感”になってしまうからなんだと思います。また、ちょっと言いづらいですが、「お前はこんなことも知らないのか!」と言って人を馬鹿にするのも、結構多くの人にとっては、薄ら暗い快感なんだと思います。

    ――それがインフルエンサー的な過激さにつながってしまうということですね。


    反緊縮派が展開する“陰謀論”

    米山 私がSNSで繰り返しているところですが、積極財政論/反緊縮/MMT理論の人たちがいう「国債は国民の資産だ」という理屈は、別になんの驚きもない、当たり前のことなんです。

    例えば、私が銀行からお金を借りれば、私の借金は銀行の資産になります。国債に限らずあらゆる借金は、借り手にとっては借金ですが、貸し手にとっては資産です。だから国債が国民の資産だというのも当たり前なんです。でもそれが、あたかも大発見のように言われたりすると、それを考えたことのない人にとっては、驚きの新事実になってしまう。

    先程の「ある条件の下では国債は無限に発行できる(借りられる)」も同じで、実は国債に限らずあらゆる借金は、
    ある条件の下では無限に借りられます。話を私の家庭に置き換えてみましょう。

    例えば私が年収500万円、妻の室井佑月さんが年収1500万円だったとします。2022年に私が室井さんに500万円借りて、お互い年間1000万円で生活したとします。そうすると、2022年にそうやって生活できたんですから、2023年も、2024年も同じように生活できますよね。私の室井さんへの借金が、500万、1000万、1500万と増えるだけで、室井さんさえ貸し続けてくれるなら、私は室井さんから無限にお金を借りられる。別に国債でなくても、あらゆる借金は相手が貸してくれさえすれば、無限に借り続けられるんです。

    ――そうですね。米山さんと室井さんが合計で年間2000万円使って生活しているということも変わらない。

    米山 そうなんです。そして、私が10年間それを続けて借金が5000万円になっていても、私と室井さんがそこに合意していれば、
    ウチの家庭的にはなんの問題もない

    でも、ひとたび室井さんから、「もうお金は貸せないよ。それにそろそろお金返してくれる? 米ちゃんのせいで私もあんまりテレビにも出られなくなったし」みたいに返還を求められた時、なんとか返せる額だったらまだいいですが、自分の収入を遥かに超える額になっていたら……。まあ、そこで大喧嘩が勃発して、婚姻関係すら破綻しかねないことになるんです(笑)。

     (略)


    ブログ管理人より

     ツイッターを見ていたら、米山隆一氏が「国の借金」のデマを拡散していた。勉強していないのが明らかだし、読む価値なしだった。れいわ支持者ならきっと溜め息をつくことだろう。こういう愚か者がいるから、真実が広がるのにブレーキがかかるんだろうな。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    小野寺 五典(おのでら いつのり、1960年〈昭和35年〉5月5日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、衆議院情報監視審査会長、自由民主党広報本部長代理。旧姓は熊谷。 外務大臣政務官(第3次小泉内閣)、外務副大臣(第1次安倍改造内閣・福田康夫内閣)、防衛大臣(第12代・第17…
    19キロバイト (1,789 語) - 2023年2月17日 (金) 16:02


    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/433173
    北ミサイル「初めて攻撃の意図を持って撃ったとも言える」自民・小野寺元防衛大臣
    2023年4月13日(木) 18:22 TBS NEWS DIG

    北朝鮮がけさ、ICBM=大陸間弾道ミサイルの可能性があるものを発射した問題で、自民党の小野寺安全保障調査会長は「初めて攻撃の意図を持って撃ってきたとも言える」と危機感を示しました。

    自民党 小野寺五典 安全保障調査会長
    「明らかに軌道計算をすると、日本に落ちるという。そのことでJアラートを出したとすれば、初めて攻撃の意図を持って撃ってきたという、そういうことも言えないとは言えません」

    けさの北朝鮮によるミサイル発射について、自民党の小野寺安全保障調査会長はこのように述べ、危機感を示しました。

    小野寺氏は「日本の領土に落とす軌道で撃たれたとしたら、完全にステージが上がった話だ」と述べ、今回のミサイルについて詳しく分析すべきだと強調しました。

    一方、Jアラートが事実上訂正されたことについて、小野寺氏は「落下する場所の予測が、戦後初めて、我が国の領域内ではないかということで、
    Jアラートの発出は当然だった」と述べました。


    ブログ管理人より

     これは小野寺氏自身の感想?根拠のない発言で一層北朝鮮との緊張感を高めてしまうんじゃないのか?妄想をするゆとりがあるんなら、中国を経由せずに直接北朝鮮に抗議し、外交で解決すべきなんじゃないのか?そのうち、本当に戦争が起きてしまいそうで不安だ。

    続きはこちら

    このページのトップヘ