ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会問題を取り上げて、個人的な見解とネット上の声を拾って発信しています。

    アンテナサイト様、相互RSSについては大歓迎です。メッセージ・フォームよりお問い合わせください。

    タグ:ワクチン接種

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 p.potaufeu.asahi.com)



    河野太郎氏「コロナワクチン後遺症の責任とらないのか?」質問に”私の責任”部分を回答
    …る自身の答えを掲載した。  その中で「コロナワクチンの後遺症の責任はとらないのですか?」という新型コロナワクチンに関する質問を取り上げ、河野氏は「ワク…
    (出典:日刊スポーツ)

    コロナワクチン心筋炎注意 厚労省、子どもで2例報告
    …で13歳の男子で、発熱や息苦しさといった症状が出た。2022年の新型コロナワクチン接種後にも心筋炎と診断されていた。もう1人は昨年10月時点で6歳の女…
    (出典:共同通信)

    コロナワクチン接種後に心筋炎2例報告
     新型コロナウイルスワクチン接種後に心筋炎になったとの報告が2例あったとして、厚生労働省は15日、心筋炎を疑う症状が出た場合は速やかに医療機関を受診…
    (出典:共同通信)

    「国に人体実験させられた」新型コロナワクチン遺族ら13人が損害賠償求め提訴
    …「人体実験をさせられた」――。新型コロナワクチン接種後の死亡者遺族8人と健康被害者5人の計13人が国に損害賠償を求め、「新型コロナワクチン接種後被害の救済を求める…
    (出典:弁護士JPニュース)

    コロナワクチン接種で死亡と提訴 遺族、国とモデルナ相手に
     89歳の母親が死亡したのは、前日の新型コロナウイルスのワクチン接種が原因だとして、長女の服部昌子さん(63)が22日、国や製造元のモデルナなどに計…
    (出典:共同通信)


    ブログ管理人より

     海外スレイの記事。驚くべき数の妊婦が、mRNAワクチン接種後に流産やその他の生殖器疾患を患ったことがカナダ政府の公式データから明らかになったそうだ。日本でも他人事ではない。

     日本でもワクチン後遺症については隠蔽を続け、集団訴訟に発展しているが、氷山の一角だろう。ワクチン利権を優先して命を軽視した結果が今だ。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 static.chunichi.co.jp)




    コロナワクチン啓発に「YouTuber起用動画9本・3200万円支出」政府認める はじめしゃちょーは「広告案件」を否定
    …官房の広瀬健司政府広報室長が「新型コロナウイルスワクチンの特徴や接種の重要性など、正しい情報を知っていただくために、YouTuber等を起用した動画9…
    (出典:中日スポーツ)



    ブログ管理人より

     参政党の神谷議員の質疑でワクチン接種の重要性などYouTuberを使った広報が9件で約3200万円に上るとのこと。はじめしゃちょーのお金を貰ってない発言は嘘だった?

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230920/k10014201241000.html
    “コロナワクチン接種で生活に支障” 国や製薬会社などを提訴
    2023年9月20日 17時06分 NHK NEWS WEB

    新型コロナウイルスワクチンを接種したことでどうき息切れが続き生活に支障が出ていると主張して神奈川県に住む40代の女性などが国と自治体、製薬会社に6000万円余りの損害賠償を求める訴えを起こしました。

    20日、
    東京地方裁判所に訴えを起こしたのは、神奈川県に住む40代の女性とその夫です。訴状によりますと、女性は2021年9月、新型コロナのワクチンを接種した直後にどうきや息切れの症状が出て救急搬送されました。

    今も30分以上立ち続けて料理ができないなど、
    ワクチン接種の後遺症によって生活に支障が出ていると主張して国と製造元のファイザー、それに集団接種を行った自治体にあわせて6000万円余りの賠償を求めています。

    女性はことし5月、ワクチンの接種がどうきなどの原因になった可能性が否定できないとして、
    予防接種法に基づく国の健康被害救済制度の認定を受け、医療費などの支給を受けています。

    記者会見で女性は「
    救済制度の認定を受けるまで2年近くかかったが、認められた以外の症状も出ている。これまでの苦悩の日々を慰謝料として請求すべきだと思った」と話していました。

    厚生労働省は「現時点で訴状を受け取っておらず、詳細を把握していないが、いずれにしても係争中の案件についてはコメントを差し控えたい」としています。

    ファイザーは「訴状が届いていないためコメントを差し控える」としています。


    ブログ管理人より

     同情はするが、日頃から政治を監視していれば政府の言うことを鵜呑みにはできないはず。政府にワクチンを打てと言われて素直に従う方が問題ありだと思うぞ。マイナンバーやインボイス、汚染水の海洋投棄の件でも間違っていると気付かなきゃ!

     薬害訴訟だが、国と製薬会社との契約で製薬会社には責任を負う必要がないと取り交わされていたと記憶しているので、おそらく国が全て責任を負うことになるだろうな。

     「コロナ後遺症」ってワクチン未接種で後遺症になったときの呼び名だったはずが、メディアがいつの間にかワクチン接種後も同じものに分類してしまっているのがあまりにも悪意があるよな。そこは「ワクチン後遺症」と明確に区分けすべきだろ。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




    ブログ管理人より

     過去に小泉進次郎氏が人口半減について発言していたが、今回の大阪市議会議員による暴露でより確かなものになった。日頃から政治を監視していればデマやプロパガンダには簡単に騙されることはないが、日本の場合は半数近くが政治に無関心だからね。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




    https://news.yahoo.co.jp/articles/e3175a53589e1a95b7e8b489bd9460173acb28ad
    堀ちえみ コロナ6回目のワクチン接種「リスク回避の方が大事かな」2週間後には帯状疱疹ワクチンも
    2023/8/5(土) 18:06配信 デイリースポーツ

     タレント・
    堀ちえみ(56)が4日、「悩みに悩んだ結果」新型コロナウイルスの6回目のワクチン接種をしたことをブログで明かした。

     「悩みに悩んで」と題した投稿で、「いろいろな状況を考えて、リスク回避の方が大事かなと考え、打つことにしました。罹患してしまいライブが中止になると、多大なるご迷惑を、皆様にお掛けすることになります。そのことや、自分のリウマチのことを考えると、やはり予防接種をしておくことにしました」と8月4日の接種日や、
    5回目が昨年11月21日だったことを記した接種券(用紙)の写真をアップ

     2週間後には帯状疱疹のワクチンを接種することも明かし、「
    コロナワクチン7回目が3ヶ月後。インフルエンザワクチンも」と年内はワクチン接種が続くことを記した。

     堀は19年2月に舌がんの手術を受け、同年4月には食道がんが判明し、内視鏡手術を受けた。リウマチの持病もある。


    ブログ管理人より

     ガンの症状持ちのときにワクチン接種するとターボ癌で進行が早まるニュースもあっただけに、もっと慎重になるべきかなと思った。ただ、ワクチン接種は打つ、打たないは各自の自由なので、副作用や後遺症で後悔することがなければと願う。

    続きはこちら

    このページのトップヘ