ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会、経済を取り上げて、個人的な見解を交えて発信しています。

    できるだけ1日1記事アップできるように努力したいと思っております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    タグ:内閣支持率

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     テレビや新聞は正しい報道をしないので、国民は各自でアンテナを張り、日頃から真実を知る習慣を身に付けることこそが未来に「負の遺産」を残さない最善の方法だ。日本の現状を知りたいならYouTubeにて「れいわ」を検索しよう。目からうろこのはずだ。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     日経CNBCの調査結果で岸田内閣支持率が3%だという。概ね投資家からは岸田政権は嫌われているのが伺える。他のメディアでは50%くらいなので、国民もこの数値には混乱することだろう。真実は自分でアンテナを張って確認するしかない。デマに騙されるな!

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    中小企業庁長官、衆議院議員を務めた岸田文武は父。戦前戦後に衆議院議員を務めた岸田正記は祖父。参議院議員・経済産業大臣を務めた宮澤洋一は従兄弟。 東京都渋谷区に生まれる。父・岸田文武は広島県出身の通産官僚だった。岸田家は広島の一族であるため、一家は毎年夏に広島に文雄を連れて帰省し、文雄は広島原爆の被爆者たちから当時の話を聞いた。岸田
    97キロバイト (12,171 語) - 2021年10月6日 (水) 03:50


    忙しい人のために要約すると

     岸田文雄首相は6日、国内の報道各社が実施した内閣支持率の世論調査について、「低い数字も含めてしっかり受け止める」とした上で、「選挙に向けてしっかり取り組んでいきたい」と語った。首相官邸で記者団の取材に応じた。
     報道各社が4─5日に実施した世論調査のうち、朝日新聞は内閣支持率が45%、読売新聞が56%、共同通信が55.7%、日本経済新聞が59%などだった。
     岸田氏は「各社によってだいぶ幅があると受け止めている」とも述べた。
    (出典元:ロイター



    ブログ管理人より

     支持率を上げようと思うなら岸田首相は声高らかに「消費税廃止」を宣言することだろう。間違いなく世間の反応はすごいことになるだろう。需要が喚起されるので企業も設備投資を始め、結果的に税収も増えることだろう。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    感染拡大が続き、国内で1万人以上もの死者が出ている状況に対して高橋洋一内閣官房参与が「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」とツイッターで発言した。この発言に対しては非難が相次ぎ、「高橋洋一内閣官房参与の更迭を求めます」というハッシュタグが日本のトレンド入りした。
    43キロバイト (3,613 語) - 2021年5月10日 (月) 08:29


    忙しい人のために要約すると

     菅義偉内閣の支持率が、昨年9月の政権発足後、最低となる40.0%となったとの世論調査結果をJNNが報じた。変異株の流行もあり全国的に感染が再拡大する傾向にある新型コロナウイルス対応への評価が低かった。
    (出典元:ブルームバーグ



    ブログ管理人より

     内閣支持率が発足後最低の世論調査結果が出たようですが、まだまだ高いですね。内閣参与がコロナ感染状況が「さざ波」程度だとツイートしたようですが、こんなのを内閣参与に選ぶこと自体が大問題だろう。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    忙しい人のために要約すると

     読売新聞社が5~7日に実施した全国世論調査で、菅内閣の支持率は48%となり、前回(2月5~7日調査)の39%から9ポイント上昇した。不支持は42%(前回44%)だった。支持が不支持を上回るのは、昨年12月26~27日の調査以来。前回調査の時点と比べ、新型コロナの新規感染者数が減少し、感染状況が落ち着いていることを反映したとみられる。
    (出典元:読売新聞



    ブログ管理人より


     支持率が上がる要素はないのに48%まで上がるとかマスコミによる忖度でしかない。さすがに、国民もこの数値については概ね疑って見ているようだ。既に国民は政治についてジワジワと関心を持ち始めているので、こういう忖度報道は命取りになるだろう。

    続きはこちら

    このページのトップヘ