ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会、経済を取り上げて、個人的な見解を交えて発信しています。

    できるだけ1日1記事アップできるように努力したいと思っております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    タグ:厚労省

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     まさか厚労省がデータ改ざんしてワクチン効果を水増ししていようとは!国民は怒らないと。ワクチン接種しているのに未接種扱いしてまで騙す気満々ですね。ほんと信用できない。次回以降のワクチン接種は見送るべき。

     接種して死んだ人もおそらく未接種扱いされているんだろうなあ、きっと。厚労省、許せん!「接種不明」でいいものを、どうして「未接種」にする必要がある?これもきっとプロパガンダの部類なのだろう。


    1 Ikh ★ :2022/05/28(土) 14:37:01.52

    厚生労働省は10万人あたりの新規陽性者数を「新型コロナワクチンを打ったか打っていないか」で分けて公表していますが、その中でワクチンを打っている人の一部が“未接種者扱い”になっていたことがわかりました。

    【写真を見る】新型コロナワクチン打っても“未接種扱い”にしていた…厚労省「理由は不明だが意図的なものではない」
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/gallery/55384?image=2&station=cbc

    専門家の指摘を受けた厚労省は、突如データを修正。その結果、ワクチンを打っていない人の新規陽性者数が大幅に激減しました。この「結果」が示すこととは・・・?

    「あるデータ」の扱いがおかしいと…
    名古屋大学の小島勢二名誉教授は、新型コロナワクチンに関する「あるデータ」の扱いがおかしいと、厚労省に指摘しました。

    (名古屋大学・小島勢二名誉教授)
    「海外の報告を見ると、オミクロン株にはワクチンの予防効果がかなり減ってしまったという話が1月の時点であった。ところが厚労省が出しているデータを見ると、(予防効果が)すごくいいんですね。海外は(予防効果が)20%になったというのに、日本では最初の治験のデータと同じで、まだ90%あった。これはおかしいな、日本人は特別かなと」


    ワクチンを接種した方が感染しにくい?
    厚生労働省は、10万人あたりの新規陽性者数を「ワクチンを打ったか、打たないか」で分けて公表しています。
    打っていない人を赤、2回打った人を青でグラフにすると、打っていない人の方が新規陽性者数が多いという結果に。
    このグラフからは、「ワクチンを打った方が感染しにくい」と読み取れますが・・・、

    2022年1月以降主流になったオミクロン株では、「ワクチンの感染予防効果が低い」という報告が世界中で増えていました。
    ところが、厚労省の数値では、4月に入ってもワクチンを接種した方が感染しにくいことになっています。


    Yahoo!Japanニュース/CBCテレビ 5/27(金) 23:28配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/302956e09ab38e2d48292a38a03cbbacf24b7340


    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    コロナ飲み薬100万人分購入 塩野義と基本合意 後藤厚労相
     塩野義製薬の新型コロナウイルス飲み薬について、後藤茂之厚生労働相は25日の閣議後記者会見で、薬事承認されれば100万人分を購入することで同社と基本…
    (出典:時事通信)


    塩野義製薬株式会社(しおのぎせいやく、英語: SHIONOGI & CO., LTD.)は、大阪府大阪市中央区道修町に本社を置く、日本国内の大手製薬企業であり、処方箋医薬品と医薬品を主とする製薬企業である。公式の社名略称としてシオノギ製薬、あるいはシオノギも用いられている。
    58キロバイト (8,507 語) - 2022年2月15日 (火) 01:27


    ブログ管理人より

     個人的には、塩野義よりも興和のイベルメクチンを先に購入してほしかった。既に効果についてはいろんな国で評価も高い。馬用のを使って病院送りのニュースもあったが、あれは用途を間違えたことが原因でしたから。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    大村智 (カテゴリ ノーベル生理学・医学賞受賞者)
    ベルミティリスを発見し、その放線菌の発酵産物から単離されたアベルメクチンとその化合物イベルメクチンの発見・開発に貢献した。抗寄生虫薬イベルメクチンは、熱帯地方の寄生虫感染症の予防薬として無償提供され、現在も多くの人を熱帯病から救っている。2015年には、ノーベル
    47キロバイト (5,513 語) - 2022年3月6日 (日) 16:14


    ブログ管理人より

     こんなにも選定が遅れたのは当然製薬会社の「利権」だろう。ツイートを日頃から監視していればイベルメクチンの効果を思い知ることだろう。後遺症すら回復したという報告もあったくらい。政府が無能過ぎた結果である。

     注意するのは「人」用であって「馬」用ではダメだ。アメリカでもニュースがあったが、当時売上がすごかったようだ。しかし、馬用のだったので、体調不調で病院に殺到したことが大きく取り上げられていましたね。

    続きはこちら

    このページのトップヘ