ブログ管理人より

 大阪地裁の同性婚訴訟で認められなかったようだ。日本ってまだまだ多様性を認めるような空気になっていないのがよく分かる。政治を変えないとこのままずっと続きそう。


1 首都圏の虎 ★ :2022/06/20(月) 14:15:30.86
 法律上同じ性別の結婚が認められないのは憲法に反するとして、3組の同性カップルが国を相手取り損害賠償を求めていた裁判で、6月20日に大阪地裁は憲法には違反しないとする判断を示しました。

 香川県や京都府などに住む同性カップル3組は、「民法や戸籍法などで同性婚が認められないのは、『婚姻の自由』や『法の下の平等』を定めた憲法に違反する」として、国に対し1人当たり100万円の損害賠償を求めて2019年に訴えを起こしました。

 これまでの裁判で国側は、「婚姻は『両性』の合意によって成立すると憲法で定められ、同性婚は想定されていない」などとして、訴えを退けるよう求めていました。

 6月20日の判決で大阪地裁は、法律上同性婚が認められていないのは憲法違反ではないとして、原告らの訴えを退けました。

 同様の裁判をめぐっては、去年3月に札幌地裁で、異性間の婚姻と同性婚の違いは、自らの意思で選択・変更できない性的指向の違いでしかなく、相続などで同性カップルが不利益を被るのは「合理的な根拠を欠く差別的な取り扱い」だとして、「法の下の平等」を定めた憲法14条1項に違反するとしつつも、同性婚をめぐる司法判断がこれまでなかったことから、国会が憲法違反の状態であると認識するのは難しいとして、損害賠償の求めは退けられました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cba5748c1b3538a49173418d8886239ab2f97bf0

続きはこちら