ロボット手術で患者死亡、外科医が遠隔操作を誤り大動脈損傷
 大阪府吹田市の市立吹田市民病院は19日、手術支援ロボットを使った肺がんの内視鏡手術で、大動脈を傷つけて60歳代の男性患者を死亡させる医療事故があっ…
(出典:読売新聞オンライン)


System - 開発元 インテュイティブサージカル合同会社 - ダヴィンチ サージカル システム - 開発元の日本法人 株式会社アダチ - 日本国内のかつての総代理店 導入病院 泌尿器科(内視鏡手術支援ロボット 大阪 ダヴィンチ導入)|診療科のご案内|松原徳洲会病院(大阪府松原市) 鳥取大学医学部附属病院
6キロバイト (762 語) - 2022年4月7日 (木) 08:22


ブログ管理人より

 システム自体は問題なくても、それを扱う人間が誤れば重大な事故となす。阿武町の誤給付の件と意味合い的には同じだと思う。こういったヒューマンエラーはなかなかなくならない。ブラックジャックがいればなあ。にしても、発表が1年以上もかかるって事実関係を隠そうとしていたとか?

続きはこちら