ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会、経済を取り上げて、個人的な見解を交えて発信しています。

    できるだけ1日1記事アップできるように努力したいと思っております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    タグ:国民民主党

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    国民民主に1600万円返還命令 政党交付金、人件費を二重計上 総務省
     総務省は25日、国民民主党が受け取った2020年分の政党交付金に1600万円の未使用残金があるとして、返還命令を出したと発表した。  同党によると…
    (出典:時事通信)


    政党交付金(せいとうこうふきん)とは、政党の活動を助成する目的で国庫から交付される資金。日本においては政党助成法に基づいて一定の要件を満たした政党交付される。なお、政党政党要件を満たさなくなっても政治団体として存続する場合には、政党であった期間に応じて交付金交付される。政党助成(せいとうじょせいきん)とも呼ばれる。
    33キロバイト (5,343 語) - 2022年3月24日 (木) 00:20


    ブログ管理人より

     政党交付金の在り方が問われるところだが、れいわのような少数政党にとっては政治活動の貴重な資金なので、使途を明らかにしてそれに見合う交付金を支給してほしい。自民党のように企業献金で潤っている政党には調整して少額にすべき。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     予想したとおりの展開ですね。国民民主党は自民党の補完勢力になってしまった。原発は推進させたいらしい。地震や戦争に備えて原発は廃炉一択だろ!むしろ自然エネルギーの技術開発などに投資すべきだろ。ケチったらダメだ!

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「政権与党にすり寄ったとしか見られない」国民・前原代表代行が予算案賛成を批判
    …国民民主党の前原代表代行は来年度予算案に賛成したことについて、「政権与党にすり寄ったとしか見られない」などと玉木代表の方針を厳しく批判しました。 国…
    (出典:TBS系(JNN))


    ブログ管理人より

     国民民主党で来年度予算案に賛成した党議員は自民党に行けばいいだけのこと。野党共闘の足並みを乱す国民民主党にはがっかりさせられた。予算案の額が少なすぎだろ。それでは国民は救えないぞ!

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    国民民主が50兆円経済対策 結党1年、新ポスターも
    …国民民主党の玉木雄一郎代表は15日、国会内で記者会見し、次期衆院選に向けた重点政策と新ポスターを発表した。 重点政策は事実上、次期衆院選で訴える公約…
    (出典:産経新聞)


    忙しい人のために要約すると

     国民民主党の玉木雄一郎代表(52)は15日、国会内で会見を開き、次期衆院選に向けた公約と新ポスター「動け、日本」を発表した。
     玉木氏は公約「政策5本柱」として一律10万円の現金給付、消費税減税を盛り込んだ「積極財政」に転換、「給料が上がる経済」の実現、「人づくり」こそ国づくり、国民と国土を「危機から守る」、「正直な政治をつらぬく」を訴える。
    (出典元:東スポ



    ブログ管理人より


     経済政策については積極財政を目指しているので共感するものはある一方、先の市民連合との共通政策の合意で野党の中で唯一国民民主党だけが参加しなかったのが残念でならない。自民党寄りな動きも見られるので監視が必要だ。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    野党共闘、国民民主が不参加のワケ 「一方的に中止・反対を唱えても...」共通政策に難色
    …の透明化の6分野。次期衆院選で4党が掲げる政策の柱になるとみられるが、国民民主党は参加しなかった。玉木雄一郎代表は9月9日の記者会見で、特に安全保障の…
    (出典:J-CASTニュース)


    忙しい人のために要約すると

     野党4党(立憲民主、共産、社民、れいわ)は2021年9月8日、野党共闘を求めている市民団体「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)との政策合意に調印した。
     合意は、(1)憲法(2)コロナ対策(3)格差是正(4)エネルギー(5)ジェンダー平等(6)行政の透明化の6分野。次期衆院選で4党が掲げる政策の柱になるとみられるが、国民民主党は参加しなかった。玉木雄一郎代表は9月9日の記者会見で、特に安全保障の分野で「必ずしも相いれないところがあった」などと説明。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への移設問題に関する記述に問題があるとの見方を示した。
    (出典元:J-CASTニュース



    ブログ管理人より

     国民民主は完全に与党の補完勢力になってしまいましたね。今度の選挙で自公維新に加えて国民民主も審判を下す対象になるだろう。足並みをそろえることもできないのかとがっかりしました。一時は期待していたのに。

    続きはこちら

    このページのトップヘ