ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会、経済を取り上げて、個人的な見解を交えて発信しています。

    できるだけ1日1記事アップできるように努力したいと思っております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    タグ:契約解除

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ボイメン小林豊 万引で解雇、グループのラジオ休止 リーダー水野勝も退所へ
     男性ユニット「BOYS AND MEN」のメンバー、小林豊(33)が万引をした事実が発覚したとして、所属事務所のフォーチュンエンターテイメントが8…
    (出典:スポニチアネックス)


    小林 (こばやし ゆたか、1989年3月19日 - )は、日本の俳優・歌手・タレント。男性グループBOYS AND MEN、およびその派生ユニットYanKee5の元メンバー。 滋賀県栗東市出身。フォーチュンエンターテイメントに所属していた。辻製菓専門学校卒業。元パティシエの経歴を持つ。2009年にデビューし、2010年にBOYS
    43キロバイト (4,632 語) - 2022年4月8日 (金) 17:49


    ブログ管理人より

     昨年10月3日に福岡市内の薬局で万引したそうだ。盗もうとしたのは計9000円相当の化粧品など。これで所属事務所から契約解除されるんだから大きな代償だよね。コロナ禍で仕事がなく生活苦だったんだろうかね。顔はイケメンでも中身は腐れ切っているってことですかね。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    大阪府咲洲庁舎(おおさかふさきしまちょうしゃ)は、大阪市住之江区南港北(咲洲)にある高さ256.0m、地上55階・地下3階建ての超高層ビル。愛称は「さきしまコスモタワー」。 旧名称は、大阪ワールドトレードセンタービルディング。略称は「WTC」。そのため「WTCタワー」とも呼ばれた。平成22年度予算
    33キロバイト (4,888 語) - 2020年5月9日 (土) 06:52



    (出典 osaka-salon2.up.seesaa.net)


    大阪府咲洲庁舎 - YouTube

    (出典 Youtube)


    忙しい人のために要約すると

     大阪湾の人工島・咲洲に立つ大阪府咲洲庁舎(大阪市住之江区)で昨年1月に開業した「さきしまコスモタワーホテル」に対し、府が賃料滞納などを理由に施設の賃貸借契約を解除したことが24日、分かった。府はフロアの明け渡しや滞納金の支払いなどを求め、近く訴訟を起こす方針だ。
    (出典元:産経ニュース)



    ブログ管理人より


     負の遺産にしてしまうより、感染軽症者の隔離施設に利用するなどうまく活用できればいいんでしょうけどね。しかし、3億円滞納とは驚きました。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    コンビニ「時短」2019年の日本揺るがすが... 起点のセブンは大みそかで「契約解除」 コンビニ「時短」2019年の日本揺るがすが... 起点のセブンは大みそかで「契約解除」
    …コンビニ加盟店、「家族経営」が一般的 セブン-イレブンの加盟店オーナー、松本実敏さんは今年2月に自主的に時短営業を始めた。2018年5月に妻をガンで亡…
    (出典:経済総合(J-CASTニュース))


    営業の在り方について方向性を決める。ローソンは加盟店に対し24時間営業を求めない契約を認めており、2019年10月1日時点で98店舗が時短営業に移行していることも明らかにした。2019年10月21日セブン-イレブン・ジャパンはフランチャイズ加盟店の時短営業を本格的に実施すると発表。時短営業
    147キロバイト (22,964 語) - 2019年12月22日 (日) 07:48



    (出典 ssl-cache.stream.ne.jp)


    忙しい人のために要約すると

    ▲セブンイレブン・ジャパンは31日午前0時に、大阪府東大阪市の加盟店オーナーと結んだフランチャイズ契約を解除した。
    ▲この店のオーナーは、今年2月に本部の同意を得ずに営業時間の短縮に踏み切り、コンビニ業界が24時間営業を見直す動きが広がるきっかけとなった。
    ▲契約を解除されると、セブンの商品の仕入れができなくなるという。オーナーは31日と元日は休業し、2日から独自に営業を始める意向を示している。
    ▲30日夜、取材に対し「(本部の対応は)不服なので、訴訟で争いたい」と話した。
    (出典元:読売新聞)


    ブログ管理人より

    2019年はまさにコンビニの時短営業で揺れた年だった気がします。24時間営業の終焉を感じさせますね。政治でこういう問題を改善しないと日本はさらに悪化します。

    続きはこちら

    このページのトップヘ