ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会問題を取り上げて、個人的な見解とネット上の声を拾って発信しています。

    アンテナサイト様、相互RSSについては大歓迎です。メッセージ・フォームよりお問い合わせください。

    タグ:小西洋之

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    https://www.tokyo-np.co.jp/article/287303
    Dappi裁判 勝訴した小西洋之議員が問い続ける「負けてでも守るべきもの」は何なのか
    2023年11月1日 16時21分 東京新聞

     野党に攻撃的な投稿を繰り返していたX(旧ツイッター)の匿名アカウント「
    Dappi」。
    東京都内のIT関連企業「
    ワンズクエスト」の社長らに損害賠償として立憲民主党の参院議員2人に対して計220万円の支払いを命じた東京地裁の判決が確定した。

    裁判所の開示命令すら拒む、被告側の徹底した秘密主義の前に、Dappiの実体は明らかにならなかった。全面敗訴にもかかわらず幕引きを図ろうとする被告に、中傷を受けた議員は何を思うのか―。(デジタル編集部)


    ◆さらなる追及へ刑事告訴も検討

    原告の1人、立憲民主党の小西洋之参院議員は「社長の指示が認められ、投稿の削除命令も出て、取るべきところは取れた」と控訴しなかった理由を明かした。

    ただし、Dappiの実体解明には至らず、後味の悪い結果となった。

    「会社としては最悪の不名誉なのに、投稿した従業員を隠し通した。
    裁判所の命令も無視し、異様だ。黒幕を暴くには民事の限界がある」と悔しがる。

    さらなる疑惑追及のため、刑事告訴も検討しているという。

    ◆繰り返された中傷「精神的な苦痛」

    Dappiは、国会中継やインターネット番組の動画を短く切り取り、野党やマスコミに対する攻撃的な内容の投稿を繰り返した。

    訴訟では、同党の杉尾秀哉議員とともにDappiによる虚偽の投稿で名誉を傷つけられたとして、投稿の発信元だったワンズ社と社長らに損害賠償を求めていた。


    小西氏は「今回の投稿以外にもDappiから誹謗中傷を繰り返し受けていた。国会議員としても一個人としてもしんどい、精神的な苦痛を味わってきた」と振り返る。

    会社側は、従業員が自社のインターネット回線を通じて業務時間中に投稿していたことは認めたものの、「従業員1人が私的に投稿した」と反論。会社は無関係だと主張し続けた。

    ◆会社ぐるみ指摘されても

    しかし判決では、「
    社長の指示の下、会社の業務として行われた」と組織的な投稿だったと認定した。会社側には両議員に計220万円の賠償と投稿の削除を命じたが、訴訟では投稿者の詳細や、目的は分からないままだった。

    これまでの裁判を通じ、「ワンズ社は不自然な主張ばかりだった」と小西氏は振り返る。

    訴訟で会社側は「従業員の私的な投稿」とした上で、「投稿者を明かしたほうが社長らに有利になる」としていたが、証言台に立った社長は、会社に損害を与えた投稿者の氏名などは最後まで明かさなかった。

    さらに、投稿者を減給処分した証拠として給与明細を提出したが、黒塗りで氏名を隠していた。裁判所は黒塗りされていない明細を出すよう命じたが、拒んだ。

    判決では、裁判所の提出命令に応じていないことなどから、
    明細には「社長の名前が記載されている可能性は相応にある」と断じた。

    アカウントからの投稿についても判決は「社長が決定し、自ら行ったか、第三者に指示して行わせた」と社長自身の可能性にも言及した。

    ◆負けてでも守りたかったもの

    小西氏は「誰からの指示で、何の目的で、誰から支援を受けていたのか。連日の投稿を業務として何年もやっていた理由は謎のまま」と憤る。

    控訴するならワンズ社側だとして、「負けているのは向こう。判決では社長自ら投稿とまで書かれていたのに控訴しないということは、全て認めたんですね?と聞きたい」と主張する。

    裁判に負けてでも守るべきものは何だったのか。黒幕がいて、お金で雇われていたと考えるのが自然ではないでしょうか」


    ブログ管理人より

     裏でコソコソせずに国会の場で戦えよと言いたい。おそらく、黒幕は自民党の幹部級だと推察するが、明らかになるのはいつになるのか待ちたい。国民も消費税増税で目を覚ましつつあるので、デマも通じなくなるぞ!

     案外、Dappiの正体はワンズ社の社長かもしれないよな。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    https://news.yahoo.co.jp/articles/19e29a7b0ab33f682e6a49037b21e9b246f8a30d
    2023/6/10(土) 20:21配信 デイリースポーツ

     
    日本維新の会足立康史衆院議員が10日、自身の公式ツイッターを更新。立憲民主党小西洋之参院議員が自らの公式ツイッターでれいわ新選組山本太郎代表に対する懲罰動議について「懲罰動議の濫用の危険」などから「行うべきではない」と考えを表明したことについて「筋もへったくれもないんやなあ、と呆れるばかりです」などとつづった。

     足立議員は「私の場合は、民主や共産といった院内少数派からの動議でしたので、彼ら彼女らのパフォーマンス、懲罰委員会に付託されることなく、廃案になりました。衆院の場合40人で動議を提出できるので。」とし「しかし、その懲罰動議を乱発してきた民主系が、こうやって『懲罰制度の濫用の危険』を訴えるのを見てると、ほんと、筋もへったくれもないんやなあ、と呆れるばかりです。」と続けた。

     
    立憲民主党は過去に足立氏に対する懲罰動議を提出した経緯がある。

     足立氏のツイートには「なんだか足立さんがいうと重みがあります」「さすが懲罰王の言葉重いですね」「乱発された方が一番よくお分かりです」などの声が寄せられている。


    ブログ管理人より

     完全なブーメランだ!不祥事ばかり起こす維新に他党を批判する権利なんてある?どれだけ、地方で国政で不祥事起こしてる?小西氏が危惧しているのは懲罰動議の濫用でトンデモ法案を阻止する行為で懲罰にされる危険性だろうに。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/409973
    立憲民主党 小西洋之議員の対応次第でさらなる処分も検討
    2023年4月1日(土) 04:14 TBS NEWS DIG

    衆議院の憲法審査会のメンバーをサルに例えた
    小西洋之参院議員について、立憲民主党が一部の役職を解く処分を下しました。小西氏の対応次第で、さらなる処分も検討しています。

    小西議員は発言について謝罪する一方、発言を報じた一部のメディアについて「偏向報道を続けている」「放送法などあらゆる手段を講じて改善を求めたい」とツイッターに投稿したほか、おとといの会見では一部メディアへの法的措置も示唆しました。

    立憲民主党 小西洋之 参院議員 先月30日
    「放送波によって率直に言いますけど、私は
    名誉毀損受けたという認識です、私は。非常に偏った報道を残念ながらしていただいてるので」

    こうした対応に党内からも批判の声があがっています。

    立憲民主党 泉 健太 代表 先月31日
    「自分がこう言えば必ず周りはこうなるという感覚・認識では、それはコミュニケーションにはならないのではないか」

    小西議員は泉代表から厳重注意され、参議院の憲法審査会の野党筆頭幹事を解任されましたが、党の幹部によりますと、小西議員の今後の対応次第では、さらなる処分も検討されるということです。


    ブログ管理人より

     泉健太氏はどっちの味方なんだ?サル発言はまずかったが、小西氏も謝罪したんだし、さらなる処分は必要ないだろ。ヘタすれば党の分断が起きてしまうぞ。党をまとめ切れないなら代表を早期に辞任すべき。統一地方選にも影響出るぞ!

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    て、ツイッターでファクトチェックと称して検証を行なっている。 ^ a b “議員情報 小西 洋之(こにし ひろゆき)”. 参議院 (2023年3月28日). 2023年3月29日閲覧。 ^ a b c “小西洋之さん(千葉選挙区トップ当選 民主党参院議員) 経済や観光の政策支援”. 徳島新聞 (2010年7月26日)…
    83キロバイト (12,340 語) - 2023年3月31日 (金) 11:03


    https://news.yahoo.co.jp/articles/8cdbb26a6ebfaba9e94c63699fe3a1b5548c032c
    立民、「サル」発言の小西氏を参院憲法審の野党筆頭幹事から更迭
    2023/3/31(金) 11:08配信 読売新聞オンライン

     立憲民主党の
    泉代表は31日午前の記者会見で、同党の小西洋之参院議員を参院憲法審査会の野党筆頭幹事から更迭すると発表した。

     
    小西氏は憲法審査会の毎週開催は「サルがやること」などと発言しており、泉氏は「党の見解とは異なる。厳しく注意した」と述べた。


    ブログ管理人より

     さすがに泉代表が下した更迭は早過ぎやしないか?自民党の思うツボやろ。自民党も高市氏を更迭しないんだし。小西氏も泉代表を逆恨みして今度は「ボス猿」発言をしないか冷や冷やするぜ。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    て、ツイッターでファクトチェックと称して検証を行なっている。 ^ a b “議員情報 小西 洋之(こにし ひろゆき)”. 参議院 (2023年3月28日). 2023年3月29日閲覧。 ^ a b c “小西洋之さん(千葉選挙区トップ当選 民主党参院議員) 経済や観光の政策支援”. 徳島新聞 (2010年7月26日)…
    83キロバイト (12,340 語) - 2023年3月31日 (金) 11:03


    https://www.yomiuri.co.jp/politics/20230331-OYT1T50071/
    元総務官僚の小西議員、NHKとフジテレビについて「喧嘩を売るとはいい度胸だ」
    2023/03/31 07:00 読売新聞オンライン

      立憲民主党の
    小西洋之参院議員は29日、憲法審査会を巡る自身の発言を報じたNHKとフジテレビについて、「(総務省)元放送政策課課長補佐に喧嘩を売るとはいい度胸だ」とツイッターに投稿した。「NHKとフジテレビに対し、放送法などあらゆる手段を講じて、報道姿勢の改善を求めたい」とも書き込んだ。

     
    小西氏は元総務官僚。参院予算委員会では、総務省の行政文書を元に、政府が放送法の解釈を変更してテレビ局に圧力をかけようとしたなどと批判していた。

     
    自民党幹部は「言っていることとやっていることが真逆だ。報道の自由を巡って批判していた人の言葉とは思えない」と述べた。


    ブログ管理人より

     正義感が強過ぎた代償なのか、さすがにサル発言はまずかったな。泉代表から更迭される羽目になろうとは。自民党がやっているような報道機関への圧力を自らまでやろうとするのは反省すべきだな。せめてツイッターではなく直接関係者に電話などで訴えるべきでは?

     そもそも、正義感が強ければ先の国会での2023年度本予算の採決時にれいわといっしょに牛歩すべきだったと思うぞ。最後まで体を張ってでも抗ってほしかった。違うか?

    続きはこちら

    このページのトップヘ