ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会問題を取り上げて、個人的な見解とネット上の声を拾って発信しています。

    アンテナサイト様、相互RSSについては大歓迎です。メッセージ・フォームよりお問い合わせください。

    タグ:山上徹也

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.asahicom.jp)




    ブログ管理人より

     例の銃撃事件から7月8日で丸2年を迎えるが、まだ勾留されていて、初公判は来年の可能性もあるという。日本の司法って本当に機能しているのか疑問。別の意味(つまり真実を暴露されると都合が悪い連中がいる?)があって長く勾留させているのかもしれんが。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     「選挙という民主主義の根幹に対するテロ行為」と元検事官が言われていたが、選挙に対してではなく純粋に旧統一教会への恨みが発端だろ。話をすり替えていないか?それに初犯で懲役30年って長いだろ。5~10年程度が妥当なのでは?

     裁判員に選ばれたら無罪にするって言ってた人結構いたなあ。保釈して総理大臣になって日本を良くしてくれそうな期待をされている人も一部いたが。


    1 お断り ★ :2023/01/18(水) 00:32:48.29ID:BJlrqlL/9
    山上徹也被告「懲役30年あるいは無期懲役が相当」と元検察官 70才前後で出所の可能性

    『週刊文春』(2023年1月5日・12日号)によれば、山上被告が拘置所内で担当刑務官に対し「ボケ」「アホ」などと暴言を繰り返し、懲罰を受けたこともあるという。

    元検察官で弁護士の日笠真木哉さんが言う。

    選挙という民主主義の根幹に対するテロ行為であること。手製の銃を作るという、用意周到かつ強い殺意。

    詳細はソース 2023/1/17
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c8e45d1feb5866eea552b8fc1697a3c16db44270

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e85b68c9943e70f6d6ce4ed9f214325e5386e8b5
    「山上徹也さんにどうか寛大な処遇を」減刑求め、署名1万1000筆超を提出
    2023/1/13(金) 14:02配信 弁護士ドットコム

    安倍晋三元首相銃撃事件で奈良地検は1月13日、山上徹也容疑者を殺人罪などで起訴した。市民グループ「山上徹也氏の減刑を求める会」はこの日、山上容疑者の減刑を求める署名約1万1100筆を検察庁などに郵送で提出した。

    同日、記者会見を開き、署名をはじめた理由として「過酷な生育歴を鑑みての温情」「本人が非常に真面目、努力家であり、更生の余地のある人間である事」を主な理由としてあげた。

    署名活動については「殺人を肯定するのか」「家族が殺されても署名できるのか」といった批判コメントも寄せられたという。

    会のメンバーで、自らも宗教2世だという斉藤恵さんは「誰だって殺されていいと思わないし、殺人は肯定していない」とした上で、「彼の苦しさは他人事とは思えなかった。どうか山上さんに寛大な処遇をお願いしたい」と話した。

    署名活動は署名サイトChange.orgで7月中旬から実施しており、継続する方針だ。この日は1月10日までに集めた1万筆超を提出した。


    ブログ管理人より

     どのような刑に落ち着くのか現段階では知るよしもないが、出所して政治家となり、自民党政治を終わらせてくれそうな期待感がある。少なくてもそれまでには有権者も政治に対して関心を高めていてほしいものだが。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     銃撃で死なせたことは許されない犯罪ではあるが、旧統一教会の闇を暴くきっかけとなった人物であることには変わらない。願わくば、出所して政治家となり、自民党政治にピリオドを打てば歴史にも名を遺すことだろう。知名度は十分高いので出馬すれば当選の可能性が高いというよりも投票率が高くなりそうだ。


    1 えりにゃん ★ :2023/01/13(金) 09:11:20.84ID:npjGXlux9
     安倍晋三・元首相が奈良市で演説中に銃撃されて死亡した事件で、山上徹也容疑者(42)(殺人容疑などで送検)が奈良県警の調べに、「今しかないと思い、自分の中で決着をつけるつもりでやった」と供述したことが、捜査関係者への取材でわかった。県警は、長年狙っていた「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」トップとの接触が困難で、教団とつながりがあるとみた安倍氏の銃撃を決行したのは、銃の製造資金が乏しくなったためだとみている。

     捜査関係者によると、山上容疑者は調べに、母親が入信し多額の献金を続けた旧統一教会を恨んでいたと供述している。母親による献金総額は約1億円に上り、山上容疑者は遅くとも2019年頃には教団トップの韓鶴子総裁の殺害を計画した。19年10月には来日した韓総裁を火炎瓶で殺害しようとしたが近づけなかったと述べた。

     その後も韓総裁を狙い、21年春頃に銃の製造を始めた。当時は京都府内の工場で派遣社員として働いており、月給約20万円の多くを銃の製造に費やすようになった。

     ユーチューブで公開されていた製造方法を参考に、銃に使う電気コードや鉄製パイプのほか、火薬の原料となる硝酸カリウムなどを大量に購入した。自宅のほか、火薬を乾燥させるためにハイツやガレージを借りて費用がかさんだ。

     仕事がうまくいかなくなり、勤務先を辞めたのが昨年5月中旬。間もなく働き始めた大阪府内の会社も3週間ほどで辞め、昨年6月初旬以降は収入源を失った。貯金を取り崩し、カードローンから借金もしていた。

     さらに新型コロナウイルスの感染拡大も影響した。韓総裁の来日が見通せず、山上容疑者は「接触が難しくなった」と供述。銃製造の資金もわずかになり、「これ以上、生活を続けられない。家庭生活をめちゃくちゃにした旧統一教会の韓(総裁)に会いに行けないなら、つながりがある安倍(元首相)を襲おうと思った」と述べたという。

     山上容疑者は、安倍氏が21年9月に旧統一教会の関連団体に送ったビデオメッセージを動画で確認したことや、安倍氏の祖父・岸信介元首相と旧統一教会の創設者である文鮮明氏との交流を問題視する供述をしているという。

     銃撃を最終的に決断したのは、事件5日前の昨年7月3日とみられる。安倍氏の参院選の演説日程をスマートフォンで検索し、同7日に岡山市で演説会があることを知った。手製銃を隠し持って新幹線で向かったが、安倍氏に近づけずに断念。翌8日に奈良市の近鉄大和西大寺駅前の路上で銃撃して逮捕された。

    読売新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ebb71253aae4a8b35cec3e7c16b0c247f8f5a913?page=2

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     井上氏の発言は完全にブーメランやな。自分は旧統一教会で支援を受けていてよく言えたものだ。山上氏は旧統一教会で人生を狂わされた被害者なんだぞ!何が甘ったれるなだよ(怒)

    続きはこちら

    このページのトップヘ