ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会、経済を取り上げて、個人的な見解を交えて発信しています。

    ツイッターフォロー大歓迎です。QRコードで読者登録していただければ記事投稿と同時にLINEに通知されるので便利ですよ。

    タグ:山上徹也

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     過去に安藤裕氏と対談することがあって積極財政の考え方だったので好感があったのだが、この件については他の人もコメントされているようにいろいろ考えさせられる。映画も見ずに批判するのはどうかなと思うよ?そういや、明日は国葬か。とんでもないテロが起きたりしなけりゃいいけど。


    1 muffin ★ :2022/09/25(日) 16:21:32.86 ID:CAP_USER9.net
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/09/25/kiji/20220925s00041000415000c.html
    2022年9月25日 15:56

    歌手の世良公則(66)が251日、自身のツイッターを更新。安倍晋三元首相を殺害したとして送検された山上徹也容疑者をモデルにした映画「REVOLUTION+1」の公開を痛烈に批判した。


    世良はニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相の「私はテロリストの名前を言うことはない。命を奪われた人達の名前を呼ぼうNZは男に何も与えない名前もだ」という言葉を引用し、「元テロリストが安倍元総理殺害 山上容疑者を映画化 国葬儀前先行上映との報道 この異常な状態を許す それが今の日本」と批判。「国・メディアは全力でこれに警鐘を鳴らすべき」と訴えた。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     9月10日は山上徹也さんの誕生日らしい。その日に映画化のニュースだ。銃撃した犯行は許されるべきではないが、この事件をきっかけに自民党と統一教会の闇を暴いたことだけは紛れもない事実だ。彼はヒーローなのか?!


    1 フォーエバー ★ :2022/09/10(土) 11:49:22.31ID:CAP_USER9
    9/9(金) 19:43配信 SmartFLASH

     事件から2カ月でスピード公開される

     山上徹也容疑者による安倍晋三元首相への銃撃事件から約2カ月。9月27日に予定されている国葬に合わせ、1本の映画が驚異的なペースで製作されているという。映画ライターが語る。

    「山上容疑者の半生を描いた映画です。生い立ちから銃撃に至るまでを追ったもので、なんと国葬がおこなわれる予定の9月27日に公開をぶつけようとしているようです。統一教会から撮影を妨害されることを恐れ、撮影現場などはいっさい秘密です」

     監督は足立正生氏だ。1974年に重信房子氏が率いる日本赤軍に合流して国際手配された経歴を持ち、これまでにもドキュメンタリー『赤軍 PFLP・世界戦争宣言』(1971年)を監督した経験を持つ“過激派”だ。

    「自身も“テロリスト”として国際手配されたこともある足立さんですから、山上容疑者を非難するどころか、彼の人生や主張に徹底的に寄り添ったものになるでしょう。本人は『山上を礼賛するのではなく、作品が山上そのものになるんだ』と意気込んでいるようです」(同前)

     足立氏は、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(2008年)など有名作品で知られる故・若松孝二氏の盟友だった。今回の撮影スタッフも、若松プロダクションの出身者で占められるのかと思いきや――。

    「若松プロダクションの関係者は、関東大震災での部落差別などを描く森達也監督の映画『福田村事件(仮)』の現場にちょうど集結しているところ。そのため足立さんや関係者は、スタッフや子役をSNSなどで独自に募集していました。

     ライブハウス『ロフト』を運営している平野悠さんがエグゼクティブプロデューサーを務め、上映もロフトでおこなわれるようです」(同前)

     制作期間はわずか2週間ほど。山上容疑者を演じる“主演俳優”の名前は、いまだに公開されていない。足立氏は「国家に対するリベンジだ」と語っているという。

     映画が完成して公開されれば、大変な話題作になることは間違いないが――。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/096fb8f737ea99ad9b2d0be1077348be81ce69c5

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     山上容疑者の目論見ってそんな説明を彼がこれまでしたか?古市憲寿氏の妄想ではないのか?事実関係もないのにデマを流すのだけは勘弁してほしい。根拠があるなら分かるが、全くないだろ。こういうコメンテーターを番組に呼ぶなよ。


    1 Anonymous ★ :2022/08/08(月) 11:11:46.68ID:CAP_USER9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ddc9bc437dffab683f516559af00cffe17def7ee

     社会学者の古市憲寿氏(37)が8日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。政治家と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関係について言及した。

     番組では自民党の福田達夫総務会長が「何が問題か、僕はよく分からない」と発言したことや、現役閣僚として末松信介文部科学相、岸信夫防衛相、萩生田光一経済産業相、二之湯智国家公安委員長らが次々と旧統一教会と関わりを指摘されていると伝えた。

     古市氏は「政治家って本当に票集めのためだったら何でもする人たちだと思う。だから当然、宗教とも付き合うし、ほかのいろんな組織とも付き合うと思うんです」と指摘。

    そのうえで「ただやっぱり思うのは、この1カ月間、一部凄い報道がヒートアップして旧統一教会批判が起こってますけど、もちろん旧統一教会の批判すべきところは批判すべきだし、犯罪行為に対しても犯罪行為だと糾弾することは必要だと思うんですけど、あまりにヒートアップし過ぎちゃうと、山上容疑者の目論見通りになっちゃうんじゃないかなという懸念があるんですね」とコメント。

     「1カ月前に報道が出始めた段階では、山上容疑者自身がある種、陰謀論に染まっていて、安倍さんが旧統一教会の関係性が凄い深いっていうことを思って犯行に及んだって思ってたんですけど、そうじゃなくて、容疑者の供述によれば、むしろ安倍さんと旧統一教会の距離があることが分かっていて、むしろ誰を狙えば旧統一教会の問題を日本中が注目してくれるだろうってことを凄い考えた上で強行に及んだ」と自らの受け止めを話した。

     そして「だからある種まんまとわれわれがそれに乗せられているっていうか、乗せられすぎちゃうと同じようなことを考えてる第二の容疑者、例えば個人的に不満を持っている宗教組織や会社があった場合に、こういうことをすれば世間の注目を集められるんだって思っちゃって、第二、第三の事件が起きるって凄いリスキーだと思う。ヒートアップし過ぎないで糾弾するってことが凄い大事かなって思う」と自身の考えを述べた。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     山上容疑者は無差別に犯行に及んだわけではなく、むしろターゲットは安倍元首相で、周りの人には絶対迷惑をかけないというこだわりがあったようだ。極悪犯とは雲泥の差だ。ただ銃撃でなく、政治の場で公開処刑できなかったことだけが悔やまれる。

     もし、無事刑期を終えたら今度は日本の政治を変えてほしい。彼ならきっとできそう。カルト政治の撲滅、自民党の解党、統一教会の国外追放までできればドキュメンタリー映画として実現するかもしれない。もっと世論の声を大きくしよう。世論次第で政治は動くから。検察庁法改正の案件で既に実証済みだし。


    1 Stargazer ★ :2022/08/08(月) 11:59:10.10ID:nOClFAkL9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/13e14e5563f3e372989cf7f07cea3b9351f14376
    2022/8/8 11:48配信

    安倍元総理が銃撃された事件で、警備の問題が指摘される中、山上徹也容疑者(41)が、「安倍元総理の隣の人に弾が当たらない距離に近づいた」などと供述していることが新たにわかりました。

    事件発生当時、現場にいた10数人の警察官のうち、4人が安倍元総理の近くで警護を行っていましたが、一部の聴衆の警戒などで山上容疑者の接近に、気づいていなかったことがわかっています。

    その後の捜査関係者への取材で、山上容疑者が取り調べに対し、銃撃の際に、「安倍元総理の隣の人に当たらないくらいの距離まで近づいた」などと話していることが新たにわかりました。

    また、当日の朝には現場で警察の警備担当者と演説関係者の打ち合わせが行われましたが、車の止め位置や安倍元総理の動きについて確認したものの、後方警戒の必要性などは検討されなかったということです。

    山本憲宥奈良市議「SP、奈良県警、我々のような選挙スタッフも含めて、やはり後方の守りというのはしっかりすべきだったなというふうに、自分自身の責任も含めて改めて感じています」


    銃撃の際、現場にいた自民党県連関係者は、警察からは、横断歩道上を使わないことや、交通対策の警備員を出すことなどの要望があった一方、警備については、「警察でやりますので」と説明をされたのみだったとしています。

    警察庁の検証チームは、早ければ今月中にも報告書をとりまとめる方針です。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     罪は当然償うべきではあるが、銃撃事件がもたらした結果として政界と統一教会の関係を暴くことになった功績は歴史の1ページとして後世にもきっと残ることだろう。全国から差し入れの動きが出ていることからも納得がいく話だ。たった1人でやってのけた英雄とさえ思える。


    1 Stargazer ★ :2022/08/01(月) 22:29:14.00ID:OT50JgY99
    安倍元総理が銃撃された事件から3週間が過ぎ、山上容疑者の伯父がテレビ大阪の取材に応じました。山上容疑者は「伯父と妹に申し訳ない」と話していることが新たに分かりました。

    殺人の疑いで送検された山上徹也容疑者。29日金曜日、担当弁護士から伯父に連絡が入り、山上容疑者は「伯父や妹に申し訳ない」と話しているということです。

    また事件後から伯父の家に身を寄せている山上容疑者の母親の様子について聞くと、母親の部屋の床には、旧統一教会のバイブルと見られる分厚い書籍が何冊か並べられていて、いまも教会の教えを学んでいる様子だといいます。

    山上容疑者は7月25日、精神鑑定のため大阪拘置所に移送されましたが、伯父によると、山上容疑者のために全国から現金など差し入れをする動きがあり、かなりの金額になっているということです。

    事件後、旧統一教会と政治家との繋がりが次々と明らかになっている点を聞くと、伯父はまだ表に出ていないお金の流れを明らかにしてほしいと話しました。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/04cfb371d8acfb82d30461628fed5c6839cd8f4e

    続きはこちら

    このページのトップヘ