【手数料問題】公共料金支払いがローソンに不利益な理由


「コンビニでも公共料金が支払える」がローソンにとっておいしくない理由 「コンビニでも公共料金が支払える」がローソンにとっておいしくない理由
…『近くのコンビニで公共料金を支払えるのは便利』という声もある。サービスを維持するためにも、コストに見合った手数料にしてもらえれば」(ローソン)…
(出典:経済総合(ITmedia ビジネスオンライン))


公共料金(こうきょうりょうきん)とは、公共機関が行う公益事業のサービス利用に応じて消費者が支払う対価である。 日本とアメリカ合衆国ではインフラストラクチャーの老朽度・利便性に応じて大枠が算定される。この考え方は1898年にスミス対エイムズ事件で合衆国最高裁判所が示した判例を基礎とする。利便性を使用
5キロバイト (492 語) - 2018年6月14日 (木) 09:06



(出典 setsuyaku-kakeibo.net)


忙しい人のために要約すると

▲コンビニはいまや買い物をするだけの場所ではなく、さまざまなサービスを利用するための窓口にもなっている。
▲中でも、公共料金やECサイトでの買い物をコンビニで支払える「収納代行サービス」は利用者も多く、ローソンでは年間取扱高が2兆円強に上るという。
▲さぞ手数料でもうかっているのかと思いきや、同社からは意外な答えが返ってきた。
▲サービスを維持するためにも、コストに見合った手数料にしてもらえれば」(ローソン)
(出典元:ITmedia ビジネスオンライン)


ブログ管理人より

コンビニもインフラの役割を果たしてきている現状があるため、国もしっかりと支援する必要があろうかと思います。

続きはこちら