石橋被告、落ち着かず 判決「おかしい」不満も 東名夫婦死亡
 午後1時半ごろ、黒っぽいスーツに青色のネクタイ姿、短く刈り込んだ髪に眼鏡を掛けた石橋被告は、刑務官に連れられて法廷に入った。裁判長に促され、証言台の前に。「懲役…
(出典:時事通信)


ブログ管理人より

 全く反省する気持ちがないようだ。こんなクズは極刑でいいと思うが、裁判は甘い判決のまま。遺族は報われない。どうして日本の司法は加害者に優しいんだろ。

続きはこちら