ちらし寿司ちらしずし)は、酢飯に多種類の具材を合わせて作る寿司の一種である。 語源は文字通り寿司飯の中、あるいは上に様々な具を「散らす」という意味で、単に「ちらし」と呼ばれる事もある。 江戸前寿司においては、白い酢飯の上に、にぎり寿司に用いる寿司種を並べたものを指すが、関東周辺以外の地域では一般に
13キロバイト (1,524 語) - 2022年2月15日 (火) 21:00


ブログ管理人より

 そういや、昨日スーパーでちらし寿司が総菜コーナーにいっぱい並んでいました。買おうか悩みましたが、また今度にしました。子どもの頃にはひな壇がどの家庭にも飾られていた記憶がありますね。今でも百貨店とかで売られているのかな?

続きはこちら