ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会、経済を取り上げて、個人的な見解を交えて発信しています。

    できるだけ1日1記事アップできるように努力したいと思っております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    タグ:訃報

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     葛城ユキさんといえば、ボヘミアンですよね。腹膜ガンで亡くなったそうだ。過去にとんねるずの番組で大けがをされましたよね。それが原因かは分かりませんが、心よりご冥福をお祈りいたします。


    1 シャチ ★ :2022/06/27(月) 18:15:14.54
    6/27(月) 18:04配信 日テレNEWS
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0fdd04ffd39d636789a5c0b53b292f4a02aae461
    葛城ユキさん(提供:読売新聞社)

    (出典 image.gallery.play.jp)
     
    『ボヘミアン』などの楽曲で知られる歌手の葛城ユキさんが27日、腹膜がんのため都内の病院で亡くなったことがわかりました。73歳でした。

    パワフルな歌声で知られる葛城さんは、1983年に発表した『ボヘミアン』が大ヒットしました。

    しかし2021年4月、葛城さんは、ステージ4の原発性腹膜がんを患っていることを告白。10か月に及ぶ闘病生活を経て、先月17日に『夢スター春・秋』でステージ復帰をしたばかりでした。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    グランディス声優の滝沢久美子さん急逝 「ナディア」公式、〝ジャン〟日高のり子が追む
    …ふしぎの海のナディア」のグランディス・グランバァ役などで知られる声優の滝沢久美子さんが11日に心臓麻痺のため、69歳で亡くなった。  20日、所属の8…
    (出典:東スポWeb)


    滝沢 久美子(たきざわ くみこ、1952年8月21日 - 2022年6月11日)は、日本の女性声優。81プロデュース所属。東京都出身。既婚。 芝居好きの両親のもと、3人兄妹の末っ子として育つ。滝沢自身も芝居が好きで、新国劇や松竹新喜劇が東京に来たときは、欠かさず見に行っていた。女優の宮城まり子が出演
    32キロバイト (3,204 語) - 2022年6月20日 (月) 12:16


    ブログ管理人より

     東スポWebによると、NHKの伝説的アニメ「ふしぎの海のナディア」のグランディス・グランバァ役などで知られる声優の滝沢久美子さんが11日に心臓麻痺のため、69歳で亡くなったそうだ。心よりご冥福をお祈りいたします。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    村生ミオが死去、代表作に「SとM」「胸さわぎの放課後」「微熱 MY LOVE」など
    …村生ミオが4月16日に死去した。69歳だった。 村生は1952年、徳島県生まれ。1972年、別冊少年ジャンプ(集英社)にて「かっぱラブラブ大作戦」で…
    (出典:コミックナタリー)


    村生 ミオ(漫画家)”. マンガペディア. 2022年3月21日閲覧。 ^ a b c d e f g h i “村生ミオ”. コミックナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/comic/artist/4279 2022年3月21日閲覧。  ^ a b 漫画家村生ミオ
    8キロバイト (922 語) - 2022年4月21日 (木) 02:14


    ブログ管理人より

     漫画家の村生ミオさんが4月16日にお亡くなりになったそうだ。心よりご冥福をお祈りいたします。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    松島 みのり(まつしま みのり、1940年12月1日 - 2022年4月8日)は、日本の声優、女優、ナレーター。千葉県船橋市出身。青二プロダクション所属。別名、松島三川。 東京都立大学附属高等学校卒業。NHK演技研究所出身。以前は劇団三十人会、劇団新劇場に所属していた。
    26キロバイト (2,382 語) - 2022年4月12日 (火) 15:15


    ブログ管理人より

     死しても作品の中で生き続ける。声優の仕事って本当に素晴らしい。心よりご冥福をお祈りいたします。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    西村 京太郎(にしむら きょうたろう、1930年9月6日 - 2022年3月3日)は、日本の推理小説家。本名は矢島 喜八郎(やじま きはちろう)。『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞、十津川警部を主人公とした『寝台特急殺人事件』、『終着駅殺人事件』などのトラベルミステリーで知られる。
    26キロバイト (3,132 語) - 2022年3月6日 (日) 10:26


    ブログ管理人より

     心より御冥福お祈りします。70歳で10歳年下の女性と結婚されて、湯河原で穏やかに暮らせていたんですね。そんな生活送ってみたい。でも、日々のバイトでゆとりがない自分がいる。政治が変わればなあ。普通に幸せに暮らせるんだがなあ。

    続きはこちら

    このページのトップヘ