ブログ管理人より


 赤飯かあ。子どもの頃、実家でおばあちゃんが作ってくれたのを食べただけだなあ。もち米を使っているだけあってモチモチして美味しかった記憶があるなあ。たまにスーパーでも見かけるけど何故か買おうとは思わないのが不思議。


1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/03(火) 11:35:52.44

2022.05.03 11:04 まいじつ

お笑いコンビ『極楽とんぼ』加藤浩次が、4月23日深夜放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)に出演。北海道の赤飯について語り、反響を呼んでいる。

リスナーから、北海道の赤飯はピンク色で甘納豆が入っているとの便りが届き、北海道小樽市出身の加藤も賛同。共演者から味について問われると、「甘い」と即答する。

続けて加藤は、「こっちに来て、小豆の赤飯食べて、『全然味しねえじゃん』と思って。なんじゃこれって思って」と上京して食べた赤飯に衝撃を受けたと告白。「東京に来て30何年になってきたから一応慣れてきたけど、ごま塩かける赤飯がおいしいと思ったことは一度もない」と断言し、いただきものの赤飯については「我慢して(食べて)るよ。ありがとうございますって言って」とイヤイヤ食べていると明かすのだった。

完全に別物の北海道の赤飯

「北海道以外の地域では小豆を入れて炊き、ごま塩をふりかけて食べるのが一般的。一方、北海道では、もち米とうるち米を混ぜて食紅で色を付けて炊き、炊き上がった赤飯に甘納豆をまぜるという調理法が主流です。甘い味ですが、おかずと一緒に食べることも多くあります」(社会誌ライター)

こうした加藤の告白に、ネット上でもさまざまな反響があり

《着色したもち米に甘納豆、美味しいよね! 本州の赤飯とは全く違う》
《北海道じゃないけど甘納豆入ってる 東北の人もわかると思う》
《和菓子みたいな味かしら、美味しそう》
《お赤飯が余ると焼売の皮で包んでもう一度蒸してくれた祖母 本当におやつみたいで好きだった》
《うちの地域も甘納豆だけど、ごましおもかけるよー あまいのとしょっぱいので美味しい》


など、関心を持つ声が多く上がっている。

全国にはまだ知られざるご当地料理があるに違いない…。

https://myjitsu.jp/archives/349382


続きはこちら