ブログ管理人より

 ワクチン接種者でも重症化している人もいるようで、何が正しいか情報が多くて混乱を招いている。高齢者の重症化を最優先?しているのは票田を減らしたくないという思惑から来てるとか?穿った分析をしてしまった。


1 影のたけし軍団 ★ :2022/02/18(金) 08:04:00.58

東京都の新型コロナウイルス感染症は、2月頭をピークに減少に転じた。ただし、感染者数は減少しているにもかかわらず、
検査での陽性率は40%前後と極めて高い水準で推移している。この数字に関して、厚労省感染対策関係者は警戒を緩めてはいけないとして、次の理由をあげる。


「新型コロナの脅威がなくなったとは言い難い。今までであれば、患者数がピークアウトするのに先行して、陽性率も下がっていた。検査数報告タイミングで陽性率は速報値より少し下がるので、多少の減少に至っている可能性はあるものの、異常な陽性率の高さが意味するのは市中感染が続いているということだ」

これまでであれば、陽性率が先行、または並行して下がっていたのに、今回は違う。それは、オミクロン株の桁違いの感染力の強さによるものだが、ここまでコロナ感染が爆発してしまったのは、岸田政権の致命的ミスによるものだという。

コロナ情報の発信を続ける尾島紘平東京都議会議員が語る。

「〈オミクロン株は重症化しない〉という誤ったメッセージを政権や厚労省は流布し続けたことが国民の油断を誘ってしまいました。極めて大きな問題だと思います。

重症化率が3分の1でも、感染者が3倍いれば重症者の数は変わりません。感染者の多さでは、事態はむしろひどくなっていきます。
そもそも重症化率が低くなった理由は主にワクチン接種によるものなので、ワクチンの未接種者は普通に重症化しています」
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/92596?imp=0


続きはこちら