ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会、経済を取り上げて、個人的な見解を交えて発信しています。

    できるだけ1日1記事アップできるように努力したいと思っております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    タグ:離婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     芸能人は結婚も多いが、離婚も多い。お金もあるからすぐ飽きてしまうのか、一般庶民とは考え方が異なるのでしょうね。


    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/01(水) 12:29:31.86

    6/1(水) 12:12 文春オンライン

    “役者一族”柄本家の次男・柄本時生が“交際0日婚”の女優・入来茉里と離婚していた

    6月には野田秀樹作の舞台に出演予定の柄本
     俳優・柄本時生(32)が、女優の入来茉里と離婚していたことがわかった。

     5月30日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した柄本は、父・柄本明や兄・柄本佑、その妻の女優・安藤サクラなど、家族とのエピソードを披露した。だがなぜか自身の妻・入来の話題は一切口にせぬまま、番組は終わったのだった。

     柄本明と角替和枝の次男として芸能一家に生まれた柄本は、演劇の街・下北沢に育つ。14歳で俳優デビューを果たし、NHK朝ドラ『おひさま』(2011年)では、後に兄嫁となる安藤と夫婦役を演じた。今年の『真犯人フラグ』(日本テレビ系)では迷惑系YouTuber役で、強烈なインパクトを残している。

     彼が同い年の女優・入来と結婚したのは2020年2月のことだった。

    「2人の出会いは2008年。入来の初主演ドラマ『私は一本の木に恋をした』(福岡放送)に柄本が出演したのが切っ掛けだった。以来、2人は長らく友人関係にあったが、12年の時を経て柄本が突如、『結婚しない?』と“交際0日”でプロポーズ。入来もそれに応えて、自身の30歳の誕生日に入籍しました」(スポーツ紙芸能デスク)

     コロナ禍で挙式披露宴は無期限延期となったが、入来は「長い友人関係の中で彼がどれほど優しく、誠実なのかはわかっていた」とブログでのろけ、テレビでも新婚生活を披露していた。だが、2人を知る関係者が語る。

    「時生さんと入来さんは、すでに離婚しています。お互いのことをよく知った上での結婚でしたが、結局、2年と持たなかった」
    「家族が有名人ばかりで肩身が狭い」

     一体、なぜスピード離婚となったのか。

    「入来さんは『家族が有名人ばかりで肩身が狭い』とこぼすこともあった。有名俳優ばかりの中で、そこまで売れていない彼女としては、引け目もあったのかもしれない」(同前)

     5月下旬、自宅から出掛ける柄本に訊いた。

    ――離婚したのは事実ですか?

    「えっと、それはちょっと、事務所に聞いて頂けますか」

    ――直接、柄本さんからお話を伺いたいのですが。

    「僕のほうからはあまり言えないので……。当人同士の話でもあるので」

     と、否定しなかった柄本。一方、入来の所属事務所に聞くと、「離婚は事実です」と認めたのだった。

     このほか、2人を知る芸能関係者が語る柄本と入来の性格、2人がテレビで語っていた不満、舞台の稽古に励む柄本の近況などを、6月1日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」及び6月2日(木)発売の「週刊文春」で詳報している。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e9eb2588331eef0defd58dad9fc50a8de872d7f8


    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    モデルの森絵里香が離婚発表 「今までの日々には感謝の気持ちでいっぱい」 15年に会社役員と結婚
     モデルの森絵里香(39)が23日、自身のブログを更新。離婚を発表した。  「私事ですが、この度離婚しましたことをご報告させていただきます。今までの…
    (出典:スポニチアネックス)


    絵里香(もり えりか、1982年5月2日 - )は、日本の女性ファッションモデル。静岡県出身。イデア所属。 『プチセブン』(小学館)にてデビュー時から第一線で活躍。同誌休刊後の2002年2月号(2001年12月26日発売)より『with』(講談社)専属、2011年11月号(同10月7日発売)よ
    4キロバイト (390 語) - 2022年4月23日 (土) 10:43


    ブログ管理人より

     同じモデルでも森絵梨佳って女性もいて混乱してしまった。YouTubeで検索してもほとんどが「森絵梨佳」の方がヒットされる不思議。漢字違いの同姓同名のモデルさんがいるってことの方が驚きだわ。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    小林麻耶離婚も元夫・國光吟氏ブログ壁紙はツーショットのまま、「2人で歩いていた」証言も
     フリーアナウンサーの小林麻耶(42)が整体師の國光吟(あきら)氏と離婚していたことが10日、分かった。國光氏がこの日、ブログで明かした。小林も自身…
    (出典:スポーツ報知)


    小林 麻耶(こばやし まや、1979年7月12日 - )は、日本の元アナウンサー(TBS→フリー)、キャスター、占い師。新潟県小千谷市出身。身長157cm。血液型A型。セント・フォース、生島企画室を経て、2020年11月13日よりフリー。 妹は元フリーアナウンサーの小林麻央。
    49キロバイト (6,863 語) - 2022年3月10日 (木) 08:38


    ブログ管理人より

     夫がヤバイ宗教に入っていて離婚だの、芸能コメンテーターによる嘘の情報だの、事実関係がよく分かりませんが、裁判沙汰になるような離婚ではないということだけは分かった。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 static.blogos.com)


    忙しい人のために要約すると

    ▲お笑いコンビ『FUJIWARA』の藤本敏史(49)とタレントの木下優樹菜(32)夫妻が31日、離婚したことがわかった。藤本の所属する事務所から双方のコメントが発表された。
    ▲藤本は「私、藤本敏史はこの度12月31日をもちまして木下優樹菜さんと離婚した旨、ここに報告させていただきます」と、離婚を報告し、「お互いの芸能生活の中で、夫婦としてのすれ違いや生活のずれが重なり、話し合いを重ねた結果このような結論に至りました」としている。
    ▲また、木下も「私、木下優樹菜は、この度、藤本敏史さんと離婚することになりました」と離婚を報告。続けて、「親権は私が持つことになりましたが、私たちの間に生まれてくれた2人の娘にとって、世界にたった1人の父親であり、母親であるので、今までと変わらず、お互いに協力し合い仲良く子育てをして参ります」と、親権は木下が持つことを発表している。
    (出典元:News Lounge)


    ブログ管理人より


    結婚したときから長く続かないだろうと思っていましたが、そのとおりになりました。芸能界にいれば人生すぐやり直せられるでしょうから、次頑張ってほしいですね。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    歌手・岩崎良美(58)が産婦人科名医と離婚していた | 文春オンライン - 文春オンライン
    歌手の岩崎良美が昨年、3歳年上の産婦人科医A氏と離婚していたことが「週刊文春」の取材でわかった。岩崎とA氏は5カ月の交際を経て、2011年10月に結婚。A氏は都内 ...
    (出典:文春オンライン)


    岩崎 良美(いわさき よしみ、1961年6月15日 - )は、日本の歌手、女優。東京都江東区出身。80年代アイドル。血液型O型。堀越高等学校卒業。歌手の岩崎宏美は実姉。 1980年2月21日に「赤と黒」で歌手デビュー。代表曲は「涼風」「I THINK SO」「タッチ」「愛がひとりぼっち」「青春」など
    47キロバイト (6,599 語) - 2019年5月28日 (火) 04:44



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    ブログ管理人より

    岩崎良美さんといえば、アニメのタッチを思い出しますね。離婚は残念ですが、また新たな人生を歩んでもらいたいです。


    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/19(水) 16:02:14.63 ID:TJDjzr1T9.net

    ◆ 歌手・岩崎良美(58)が産婦人科名医と離婚していた

     歌手の岩崎良美が昨年、3歳年上の産婦人科医A氏と離婚していたことが「週刊文春」の取材でわかった。

     岩崎とA氏は5カ月の交際を経て、2011年10月に結婚。A氏は都内の大学病院に勤める産婦人科医で、日本医師会の重職にも就く名医として知られている。

    「A氏とは“動物好き”という共通点があった。リフォームした新居を構え、それぞれが飼っていた猫も一緒に生活を始めました」(芸能デスク)

     しかし去年、結婚7年目にして破局を迎えていた。

    「ご主人が岩崎の“自由奔放さ”に呆れて三下り半を突き付けた。立場ある名医の妻役をうまくこなせなかったようです。飼っていた3匹の猫も『結婚生活を思い出すのがイヤだから』と知り合いに譲ったみたいです」(岩崎の知人)

     岩崎は小誌の取材に対し、「(離婚したのは)去年です。まあお互いに性格不一致ということで」と答えた。

    週刊文春 2019年6月27日号
    https://bunshun.jp/articles/-/12417


    続きはこちら

    このページのトップヘ