ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会問題を取り上げて、個人的な見解とネット上の声を拾って発信しています。

    アンテナサイト様、相互RSSについては大歓迎です。メッセージ・フォームよりお問い合わせください。

    タグ:麻生太郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    (出典 pbs.twimg.com)

     れいわ支持者ならほとんどみんなが知っている真実。『国の借金』自体が財務省のプロパガンダなので、ザイム真理教に洗脳された国民が多い。特に立憲民主党執行部の皆さんがそうだ。財務省に首根っこでもつかまれているのかしら?

     山本太郎氏が言うことは信じられない人でも、麻生太郎氏の言葉なら信じられる?同じことを言っているのに?少しはれいわの街宣、おしゃべり会を視聴して、政治、経済の問題を少しでも勉強していただきたい。

     時間がない人には『れいわに訊く』アプリをお勧めだ!なんと、検索ワードに合致する過去の街宣動画などを即座に視聴できるれいわのバイブル的存在だ。例えば、「外国人参政権」について質問されている動画を調べたいのであれば、検索ワード欄にそのワードを入力するだけだ。簡単だろ?

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     

    (出典 fnn.ismcdn.jp)




    立民・岡田幹事長、麻生氏を批判 台湾巡る発言「非常に軽率」
    …日の記者会見で、自民党の麻生太郎副総裁の台湾情勢を巡る発言を批判した。麻生氏が台湾海峡の抑止力強化に向け日米や台湾に「戦う覚悟」が求められているとした…
    (出典:共同通信)

    麻生氏「戦う覚悟」で抑止力強化 台湾訪問中に講演
     【台北共同】自民党の麻生太郎副総裁は8日、訪問先の台湾で講演した。軍事的圧力を強める中国を念頭に、台湾海峡の平和と安定には強い抑止力を機能させる必…
    (出典:共同通信)

    麻生氏「戦う覚悟」発言に抗議 中国「身の程知らず」と批判
     【北京共同】在日本中国大使館は9日、訪問先の台湾で日米や台湾に「戦う覚悟」が求められているとした自民党の麻生太郎副総裁の発言を巡り「身の程知らずで、でたらめを言って…
    (出典:共同通信)

    ブログ管理人より

     昨年8月8日に台湾で講演したときに『戦う覚悟』発言が出たんだよな。いま、岸田首相が訪米で軍拡をメインに会談されていると思うが、国民は気が気ではない。国民よ、戦争に行く?あるいは選挙に行く?

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




    ブログ管理人より

     ネタバレすることになるが、信頼回復にあらゆる手段を尽くすなら、『消費税廃止』一択だろう。山本太郎代表もきっと喜ぶことだろう。ただ、自民党では100%実現しないことは分かり切っているけどな。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    岸田総理、麻生副総裁と会食 夜に外で会食は今年2回目、いずれも麻生氏と
    …の会食を終え、ホテルから出てきました。およそ2時間半の会談とみられます」 岸田総理は、東京都内のホテルで麻生副総裁と会談しました。 関係者によりますと…
    (出典:TBS NEWS DIG Powered by JNN)

    岸田首相、麻生氏と会食
     岸田文雄首相(自民党総裁)は20日夜、同党の麻生太郎副総裁と東京都内の日本料理店で会食した。  派閥の裏金事件を受けた衆院政治倫理審査会や、今後の…
    (出典:時事通信)


    ブログ管理人より

     よくある会食報道。なぜ日本料理店でやる必要があるのか。総理大臣室でも、自民党副総裁室でもいいのにな。このニュースが出る度に、粗末な夕食しか食べられない一般庶民はイラッとするかも。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    麻生副総裁「派閥は政策集団としての役目さらに活発に」 派閥は継続
    …自民党の派閥パーティー資金不記載の事件を巡り、麻生派の会長を務める麻生副総裁は、「派閥は政策の研鑽(けんさん)の場として、政策集団としての役目をさら…
    (出典:FNNプライムオンライン(フジテレビ系))


    ブログ管理人より

     派閥解消の議論がメインになり、政治資金の透明化はどうしたの?このままだとまた同じ繰り返しになるのでは?自民党を解党した方が何事も速やかに解決すると思うが、有権者次第だな。せめて投票には行こうな。

    続きはこちら

    このページのトップヘ