ついっちゃが

国内あるいは世界の政治、社会、経済を取り上げて、個人的な見解を交えて発信しています。

    できるだけ1日1記事アップできるように努力したいと思っております。ツイッターフォロー大歓迎です。

    タグ:WHO

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     国内でコロナ禍が収まりつつあるというのに、今度はサル痘か。マスク着用の日々はまだまだ続きそうだ。特効薬もなければ、有効なワクチンも分からない中、不安だけが募る。


    1 水メーザー天体(北海道) [ニダ] :2022/06/15(水) 12:03:33.42
    サル痘、WHOが23日に「緊急事態」宣言を検討 名称の変更も
    https://mainichi.jp/articles/20220615/k00/00m/030/020000c

    世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は14日の定例記者会見で、動物由来のウイルス感染症「サル痘」について、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)に該当するかどうかを検討する緊急委員会を23日に開催すると発表した。緊急事態が宣言されれば、2020年1月30日に新型コロナウイルス感染症に出されて以来となる。

    テドロス氏は会見で「ウイルスが異常な動きを示し、感染が確認された国が増えている。対応の引き上げを検討する時期が来た」と述べた。

    緊急事態宣言の是非は、専門家でつくる緊急委員会の議論を踏まえ、テドロス氏が最終判断する。宣言した場合、WHOは加盟国に感染拡大阻止のための措置を勧告し、各国はそれに応じた対策を取る必要がある。

    サル痘は従来、アフリカ中西部の国々で流行を繰り返してきた。最も被害の大きいコンゴ民主共和国(旧ザイール)では今年に入り、1300人以上に感染の疑いがあり、64人が死亡している。

    一方、アフリカ以外ではこれまで感染例はほとんどなかったが、今年5月以降、欧米を中心に拡大し、死者は出ていないものの、8日までに28カ国で1285人の感染が確認されている。

    サル痘は1958年に研究用のサルで初めて発見されたことから名付けられた。だが実際にはリスやネズミなどからもウイルスは見つかっており、テドロス氏は名称の変更も検討すると明らかにした。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ブログ管理人より

     単純に事務局長のなり手がいないだけなのでは?にしても、よく見たら名前が長いですね。他の候補者が出ようとしても中国に潰されるだけなのかもしれない。


    1 ギコ(庭) [TW] :2022/01/25(火) 22:54:25.98


    【1月25日 AFP】世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長は25日、5月に行われる次期事務局長選挙に向け唯一の候補者に指名され、2期目の続投がほぼ確実となった。

    WHO執行理事会は同日、無記名で投票を実施。次期事務局長選の唯一の候補として、テドロス氏を指名することを承認した。

    これを受けてテドロス氏は、「改めての支持に深く感謝する」と述べた。

    https://www.afpbb.com/articles/-/3386943


    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    緊急事態、今年終わる可能性 新型コロナ WHOトップ
    …した。  24日に開幕したWHO執行理事会で表明した。  WHOは新型コロナについて警戒を繰り返し呼び掛けており、緊急事態の終了のめどについてトップが…
    (出典:時事通信)


    忙しい人のために要約すると

     世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は24日、2020年1月末に宣言した新型コロナウイルスによる「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」について、「今年に終えられる可能性がある」と表明した。
    (出典元:時事通信



    ブログ管理人より


     WHOのこの自信はどこからくるものなのだろうか。今後オミクロン株以上の変異株が出てこないともいえないのに。今はとにかく基本に戻り検査を徹底してコロナ対策も経済対策も両輪でうまくやってゆくしかない。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    WHO、パンデミックの終息「程遠い」 仏独などで感染者最多
    …【AFP=時事】世界保健機関(WHO)は18日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)について、終息とは程遠いと警鐘を鳴らした。フランス、ドイツ、ブラジル…
    (出典:AFP=時事)


    パンデミック(英: pandemic)とは、人獣共通感染症(伝染病)が世界的な大流行をみせること。語源は、ギリシア語のpandēmos (pan-「全て」+ dēmos「人々」)である。パンデミック、なかでも生命に関わるような症状を伴う感染症のパンデミックは、人類の皆にとっての脅威であるとされる。最
    42キロバイト (4,901 語) - 2022年1月9日 (日) 10:45


    忙しい人のために要約すると

     WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長はスイス・ジュネーブの本部で行われた記者会見で「このパンデミックは終わりとは程遠い」との見方を示した。
    (出典元:AFP=時事



    ブログ管理人より

     収まりかけて次の変異株が登場してその繰り返しがしばらく続いている感じ。日本はまん防なんかやっている場合ではない。基本に戻り、徹底した検査をしてほしい。ケチなことをせず緊急時には大胆に財政出動すべき。

    続きはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「コロナは中国から始まったと思う」WHO調査団メンバー
     【ジャカルタ=一言剛之】中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスに関する現地調査を行った世界保健機関(WHO)国際調査団のメンバー、オーストラリア人研…
    (出典:読売新聞オンライン)



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    忙しい人のために要約すると

     中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスに関する現地調査を行った世界保健機関(WHO)国際調査団のメンバー、オーストラリア人研究者のドミニク・ドワイヤー氏は10日夜、豪放送局ナインニュースのインタビューに対し、「新型コロナは中国から始まったと思う」とする見解を述べた。
    (出典元:読売新聞



    ブログ管理人より

     今さらって感じですが、まだ確実な証拠がないようですね。ウイルス発症の原因が何だったのか、その1点に尽きますね。中国は相変わらずデータを公開しないつもりなのだろうか。

    続きはこちら

    このページのトップヘ